結婚式スタイルの変化とは?多様化するブライダル業界の新常識を解説

1786451_s.jpg

時代が変化するとともに、ウェディングの在り方も大きく変化していることをご存知ですか?


結婚に関する常識は、近年どんどん変わっています。とくに、結婚式では、カップルの個性に合わせて選べる「挙式スタイルの多様化」が顕著な傾向です。

新たに生まれるニーズに合わせ、ウェディング業界で実際に働くプランナーや式場スタッフも進化していく必要があるでしょう。


今回は、結婚式に見られる「多様化」の特徴について分かりやすく解説します。




現代の結婚式は「多様化」「個性」がキーワード

少し前まで、結婚式のスタイルと言えば「神前式」「仏前式」「人前式」など、おおまかな様式を指すことが一般的でした。


しかし現在では、こうした従来の様式にとどまらない個性的なウェディング・スタイルが無数に生まれています。これは、世の中全体の「自分らしさ」を大切にする流れと深く関係しているでしょう。挙式するカップルも、決まった形式より「自分たちらしいかどうか」を重視するようになってきているのです。


式場が用意した定番のプランを選ぶだけではなく、「もっと自由にデザインし、カスタマイズしたい」と考えるカップルが増えています。親や親族を安心させるための「定番」よりも、自分たちの「個性」を生かした結婚式が、主要なニーズに変わりつつあります。


この流れにともない、結婚式場やウェディング業界で働く人々は、結婚式スタイルの多様化を把握しておく必要が生まれてきました。




新しく変化しつつある挙式スタイル

多様化する結婚式とは、具体的にどんなものなのでしょうか? 近年とくに多く見られる例を、いくつかご紹介しましょう。



フォトジェニックなウェディング

InstagramやTwitterなどのSNSで見栄えがする、フォトジェニックな結婚式に人気が集まっています。


「お金をかけてゴージャスに」という方向性だけでなく、小規模・少予算でもユニークで写真映えするウェディング、新郎新婦の好みを深く掘り下げた個性的なウェディングなどが注目されています。



「1.5次会」型ウェディング

ここ数年、注目度が急上昇しているウェディング用語が「1.5次会」です。


「1.5次会」とは、披露宴と二次会の間くらいのイメージの会食のこと。披露宴よりはカジュアルに、二次会よりはフォーマルに、食事や会話を楽しむ場を提供するスタイルで、親しい友人を中心に招待する結婚式の形として人気が高まっています。



小規模なウェディング

時代の変化により、小規模・少予算のウェディングは、今では当たり前のスタイルの1つになりつつあります。


派手な演出を求めず、親しい人だけでこじんまりと結婚を祝う「ジミ婚」。

挙式を行わず役所への届け出のみで完結させる「ナシ婚」。

両家の家族のみで行う「家族ウェディング」。

写真撮影のみ行う「フォトウェディング」。


このように、小規模ウェディングに望む形もカップルごとに異なり、それぞれにぴったりマッチするスタイルを模索するニーズが生まれています。




ユニークな結婚式|実際にあった事例

では、実際に行われているユニークな事例を、具体的に見てみましょう。



◆ペット同伴ウェディング

ペットも大切な家族と考え、新郎新婦とともに式に参加するケースが登場しています。ペット同伴ウェディングを行う際は、参列者のアレルギーなどへ配慮が不可欠です。招待状に明記するなど、ゲストへは事前に伝える心配りが成功の鍵となるでしょう。



◆ナイトウェディング

主に屋外で行われる、夜のガーデンウェディングの形です。電飾を用いて会場をロマンティックに装飾し、記憶に残る美しい式を演出します。



◆人気キャラクターやゲーム作品とのコラボ

国民的人気のキャラクターをはじめ、アニメ・漫画・ゲーム作品とのコラボ・ウェディングも続々登場しています。作品のファンコミュニティを通して出会ったカップルを中心に、昨今非常にニーズが高まりつつあるスタイルです。


他にも、カップルごとにさまざまな形の結婚式が実現されています。ブライダル業界で働くのであれば、今後は、従来の常識やマナーに加え、こうした新たなニーズへの対応策も探っていくことが大切になってきます。




多様化するウェディング業界で働きたい!活躍するポイントは?

では、「ブライダル業界で働きたい」と考えている人、また、すでに働いている人は、どのような点を意識することが求められるのでしょうか?


ウェディング業界で働く上で、身につけていきたいスキルをご紹介します。



1.柔軟な発想力、提案力

ウェディングの専門家として、従来のマナーや常識に精通しつつ、さらに「カップルの理想を形にする」ための柔軟な発想力や提案力を持つ人が、今後活躍していくでしょう。型通りの無難さにとらわれず、なおかつ、ゲストや親族への気配りも忘れない。そのバランス感覚が大切になります。



2.日々学び、吸収し続ける姿勢

働きながら積極的にトレンドをリサーチし、日々生まれる新しいスタイル事例を学び、吸収し続けようとする向上心も大切です。常に学び続けることで、活躍の場が広がり、自分の価値を高めることが可能となります。



3.的確な対応力

時代のニーズは複雑です。とくに「withコロナ」となった2020年以降、結婚式のトレンドも「ウイルス対策」を含めたものに変化しています。


【参考記事】

ウェディング、トレンドを押さえた挙式のポイントは?ドレス選びからコロナの影響まで



ウェディング多様化の流れは、今後ますます広がることでしょう。日頃から感性のアンテナを磨き、新郎新婦の新生活を最高のスタートにする、そのお手伝いをしていきましょう。


1786451_s.jpg

時代が変化するとともに、ウェディングの在り方も大きく変化していることをご存知ですか?


結婚に関する常識は、近年どんどん変わっています。とくに、結婚式では、カップルの個性に合わせて選べる「挙式スタイルの多様化」が顕著な傾向です。

新たに生まれるニーズに合わせ、ウェディング業界で実際に働くプランナーや式場スタッフも進化していく必要があるでしょう。


今回は、結婚式に見られる「多様化」の特徴について分かりやすく解説します。




現代の結婚式は「多様化」「個性」がキーワード

少し前まで、結婚式のスタイルと言えば「神前式」「仏前式」「人前式」など、おおまかな様式を指すことが一般的でした。


しかし現在では、こうした従来の様式にとどまらない個性的なウェディング・スタイルが無数に生まれています。これは、世の中全体の「自分らしさ」を大切にする流れと深く関係しているでしょう。挙式するカップルも、決まった形式より「自分たちらしいかどうか」を重視するようになってきているのです。


式場が用意した定番のプランを選ぶだけではなく、「もっと自由にデザインし、カスタマイズしたい」と考えるカップルが増えています。親や親族を安心させるための「定番」よりも、自分たちの「個性」を生かした結婚式が、主要なニーズに変わりつつあります。


この流れにともない、結婚式場やウェディング業界で働く人々は、結婚式スタイルの多様化を把握しておく必要が生まれてきました。




新しく変化しつつある挙式スタイル

多様化する結婚式とは、具体的にどんなものなのでしょうか? 近年とくに多く見られる例を、いくつかご紹介しましょう。



フォトジェニックなウェディング

InstagramやTwitterなどのSNSで見栄えがする、フォトジェニックな結婚式に人気が集まっています。


「お金をかけてゴージャスに」という方向性だけでなく、小規模・少予算でもユニークで写真映えするウェディング、新郎新婦の好みを深く掘り下げた個性的なウェディングなどが注目されています。



「1.5次会」型ウェディング

ここ数年、注目度が急上昇しているウェディング用語が「1.5次会」です。


「1.5次会」とは、披露宴と二次会の間くらいのイメージの会食のこと。披露宴よりはカジュアルに、二次会よりはフォーマルに、食事や会話を楽しむ場を提供するスタイルで、親しい友人を中心に招待する結婚式の形として人気が高まっています。



小規模なウェディング

時代の変化により、小規模・少予算のウェディングは、今では当たり前のスタイルの1つになりつつあります。


派手な演出を求めず、親しい人だけでこじんまりと結婚を祝う「ジミ婚」。

挙式を行わず役所への届け出のみで完結させる「ナシ婚」。

両家の家族のみで行う「家族ウェディング」。

写真撮影のみ行う「フォトウェディング」。


このように、小規模ウェディングに望む形もカップルごとに異なり、それぞれにぴったりマッチするスタイルを模索するニーズが生まれています。




ユニークな結婚式|実際にあった事例

では、実際に行われているユニークな事例を、具体的に見てみましょう。



◆ペット同伴ウェディング

ペットも大切な家族と考え、新郎新婦とともに式に参加するケースが登場しています。ペット同伴ウェディングを行う際は、参列者のアレルギーなどへ配慮が不可欠です。招待状に明記するなど、ゲストへは事前に伝える心配りが成功の鍵となるでしょう。



◆ナイトウェディング

主に屋外で行われる、夜のガーデンウェディングの形です。電飾を用いて会場をロマンティックに装飾し、記憶に残る美しい式を演出します。



◆人気キャラクターやゲーム作品とのコラボ

国民的人気のキャラクターをはじめ、アニメ・漫画・ゲーム作品とのコラボ・ウェディングも続々登場しています。作品のファンコミュニティを通して出会ったカップルを中心に、昨今非常にニーズが高まりつつあるスタイルです。


他にも、カップルごとにさまざまな形の結婚式が実現されています。ブライダル業界で働くのであれば、今後は、従来の常識やマナーに加え、こうした新たなニーズへの対応策も探っていくことが大切になってきます。




多様化するウェディング業界で働きたい!活躍するポイントは?

では、「ブライダル業界で働きたい」と考えている人、また、すでに働いている人は、どのような点を意識することが求められるのでしょうか?


ウェディング業界で働く上で、身につけていきたいスキルをご紹介します。



1.柔軟な発想力、提案力

ウェディングの専門家として、従来のマナーや常識に精通しつつ、さらに「カップルの理想を形にする」ための柔軟な発想力や提案力を持つ人が、今後活躍していくでしょう。型通りの無難さにとらわれず、なおかつ、ゲストや親族への気配りも忘れない。そのバランス感覚が大切になります。



2.日々学び、吸収し続ける姿勢

働きながら積極的にトレンドをリサーチし、日々生まれる新しいスタイル事例を学び、吸収し続けようとする向上心も大切です。常に学び続けることで、活躍の場が広がり、自分の価値を高めることが可能となります。



3.的確な対応力

時代のニーズは複雑です。とくに「withコロナ」となった2020年以降、結婚式のトレンドも「ウイルス対策」を含めたものに変化しています。


【参考記事】

ウェディング、トレンドを押さえた挙式のポイントは?ドレス選びからコロナの影響まで



ウェディング多様化の流れは、今後ますます広がることでしょう。日頃から感性のアンテナを磨き、新郎新婦の新生活を最高のスタートにする、そのお手伝いをしていきましょう。


カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学