ブライダル業界用語・専門用語集(五十音順)

27008415_s.jpg

ブライダル業界には、日常的に使用されている専門用語がたくさんあります。ブライダル業界でのお仕事を目指す方や、現在業界で働いている方のために、ブライダル業界の専門用語を五十音順で解説します。 (※新しいワードを続々追加中です)

あ行

アテンド

(あてんど)

「アテンド(attend)」は英語で「付き添う、世話をする」といった意味の言葉。ブライダル業界では介添人、もしくは介添人の役割を指して「アテンド」(または「アテンダー」)と呼びます。アテンドの役割は、結婚式当日の新郎新婦をサポートすること。新婦のエスコートや起立・着席の合図などを担当し、式のスムーズな進行を助けます。

ウェディングプランナー

(うぇでぃんぐぷらんなー)

結婚式の総合的な企画・プロデュースを担当する人のこと。「ブライダルコーディネーター」「ウェディングコンサルタント」等とも呼ばれます。新郎新婦の「こんな式にしたい」という理想を実現させるため、企画立案や事前準備を臨機応変に行います。結婚式に対する意識の多様化に伴い、需要が高まり続けている人気職です。

お色直し

(おいろなおし)

結婚式(披露宴)の最中に、新郎新婦が衣装を着替えること。欧米にはこの習慣はなく、日本独自に発展した文化と言われています。お色直しが行われる際は2〜3回の着替えが一般的で、ウェディングドレスからカラードレスに着替えたり、洋装から和装に着替えたりと、新郎新婦の好みによって様々なパターンが可能です。

か行

介添人

(かいぞえにん)

挙式・披露宴の際、新郎新婦のそばで様々な補助を行う人のこと。常に新郎新婦の近くにいて、起立・着席やおじぎのタイミングを伝える、移動の際にエスコートする、花嫁がドレスを踏まないように補助するなど、きめ細やかなサポートを通して、式のスムーズな進行と新郎新婦の精神的負担の軽減に努めます。

さ行

神前式

(しんぜんしき)

神社や式場の神殿など、日本古来の神様の前で誓いを立てる結婚式のこと。新郎新婦は白無垢や色打掛、紋付き羽織袴といった和装に身を包み、厳かな雰囲気の中、祝詞(のりと)の奏上や三々九度の献杯、玉串拝礼など、伝統的な儀式が行われます。

人前式

(じんぜんしき)

家族や親族、親しい友人知人など、大切な人々の前で誓いを立てる結婚式のこと。人前式ではゲスト全員が結婚の立会人となり、中でもとくに親しい友人や親族が立会人代表としてスピーチや結婚誓約書へのサインを行います。人前式は会場や衣装、式次第、演出などの自由度が高く、新郎新婦の意向に沿ってオリジナリティのある内容を企画しやすいスタイルです。

た行

な行

は行

披露宴

(ひろうえん)

おめでたいことを発表するための宴会、特に、新たに結婚する(した)カップルが周囲の親戚・友人・知人などを招いて行うお披露目のための宴会を指します。一般的に「結婚式」とも呼ばれますが、一方で、結婚に伴う式典や儀式を「挙式」、その後の宴会を「披露宴」とし、その2つを合わせて「結婚式」と呼ぶ場合もあります。

ファーストバイト

(ふぁーすとばいと)

結婚披露宴で行われる演出の1つで、新郎新婦がケーキカット後のケーキを一口ずつ食べさせ合うこと。英語の「バイト(bite)」は「噛む」という意味です。ファーストバイトはケーキカットとともに欧米から伝わった慣習で、由来は諸説ありますが、日本では一般的に「一生飢えることなく、美味しい食べ物を食べさせ合おう」という誓いの儀式として行われます。

ブーケトス

(ぶーけとす)

結婚披露宴で行われる演出の1つで、式や披露宴の参列者に向かって新婦がブーケを投げること。新婦は後ろ向きにブーケを投げるため、誰が受け取るかを予測できません。未婚の女性が受け取った場合、その人に近く結婚のチャンスが訪れるというジンクスがあります。

仏前式

(ぶつぜんしき)

仏教の教えに基づき、仏様や先祖に誓いを立てる結婚式のこと。主に新郎新婦の家系と縁の深い寺院や、自宅の仏前にて行われます。神前式と同じく、新郎新婦の衣装は白無垢や色打掛、紋付き羽織袴といった和装が一般的であり、三々九度の献杯も行われます。ただし参列者に数珠が必要な点や、三々九度以外に仏教に基づいた儀式を行う点は、神前式と異なります。

ま行

や行

ら行

わ行

27008415_s.jpg

ブライダル業界には、日常的に使用されている専門用語がたくさんあります。ブライダル業界でのお仕事を目指す方や、現在業界で働いている方のために、ブライダル業界の専門用語を五十音順で解説します。 (※新しいワードを続々追加中です)

あ行

アテンド

(あてんど)

「アテンド(attend)」は英語で「付き添う、世話をする」といった意味の言葉。ブライダル業界では介添人、もしくは介添人の役割を指して「アテンド」(または「アテンダー」)と呼びます。アテンドの役割は、結婚式当日の新郎新婦をサポートすること。新婦のエスコートや起立・着席の合図などを担当し、式のスムーズな進行を助けます。

ウェディングプランナー

(うぇでぃんぐぷらんなー)

結婚式の総合的な企画・プロデュースを担当する人のこと。「ブライダルコーディネーター」「ウェディングコンサルタント」等とも呼ばれます。新郎新婦の「こんな式にしたい」という理想を実現させるため、企画立案や事前準備を臨機応変に行います。結婚式に対する意識の多様化に伴い、需要が高まり続けている人気職です。

お色直し

(おいろなおし)

結婚式(披露宴)の最中に、新郎新婦が衣装を着替えること。欧米にはこの習慣はなく、日本独自に発展した文化と言われています。お色直しが行われる際は2〜3回の着替えが一般的で、ウェディングドレスからカラードレスに着替えたり、洋装から和装に着替えたりと、新郎新婦の好みによって様々なパターンが可能です。

か行

介添人

(かいぞえにん)

挙式・披露宴の際、新郎新婦のそばで様々な補助を行う人のこと。常に新郎新婦の近くにいて、起立・着席やおじぎのタイミングを伝える、移動の際にエスコートする、花嫁がドレスを踏まないように補助するなど、きめ細やかなサポートを通して、式のスムーズな進行と新郎新婦の精神的負担の軽減に努めます。

さ行

神前式

(しんぜんしき)

神社や式場の神殿など、日本古来の神様の前で誓いを立てる結婚式のこと。新郎新婦は白無垢や色打掛、紋付き羽織袴といった和装に身を包み、厳かな雰囲気の中、祝詞(のりと)の奏上や三々九度の献杯、玉串拝礼など、伝統的な儀式が行われます。

人前式

(じんぜんしき)

家族や親族、親しい友人知人など、大切な人々の前で誓いを立てる結婚式のこと。人前式ではゲスト全員が結婚の立会人となり、中でもとくに親しい友人や親族が立会人代表としてスピーチや結婚誓約書へのサインを行います。人前式は会場や衣装、式次第、演出などの自由度が高く、新郎新婦の意向に沿ってオリジナリティのある内容を企画しやすいスタイルです。

た行

な行

は行

披露宴

(ひろうえん)

おめでたいことを発表するための宴会、特に、新たに結婚する(した)カップルが周囲の親戚・友人・知人などを招いて行うお披露目のための宴会を指します。一般的に「結婚式」とも呼ばれますが、一方で、結婚に伴う式典や儀式を「挙式」、その後の宴会を「披露宴」とし、その2つを合わせて「結婚式」と呼ぶ場合もあります。

ファーストバイト

(ふぁーすとばいと)

結婚披露宴で行われる演出の1つで、新郎新婦がケーキカット後のケーキを一口ずつ食べさせ合うこと。英語の「バイト(bite)」は「噛む」という意味です。ファーストバイトはケーキカットとともに欧米から伝わった慣習で、由来は諸説ありますが、日本では一般的に「一生飢えることなく、美味しい食べ物を食べさせ合おう」という誓いの儀式として行われます。

ブーケトス

(ぶーけとす)

結婚披露宴で行われる演出の1つで、式や披露宴の参列者に向かって新婦がブーケを投げること。新婦は後ろ向きにブーケを投げるため、誰が受け取るかを予測できません。未婚の女性が受け取った場合、その人に近く結婚のチャンスが訪れるというジンクスがあります。

仏前式

(ぶつぜんしき)

仏教の教えに基づき、仏様や先祖に誓いを立てる結婚式のこと。主に新郎新婦の家系と縁の深い寺院や、自宅の仏前にて行われます。神前式と同じく、新郎新婦の衣装は白無垢や色打掛、紋付き羽織袴といった和装が一般的であり、三々九度の献杯も行われます。ただし参列者に数珠が必要な点や、三々九度以外に仏教に基づいた儀式を行う点は、神前式と異なります。

ま行

や行

ら行

わ行

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
学校説明会|体験入学