ホテル科 卒業生・在校生の声

卒業生の声
voiceimg01

三海 郁弥

FUMIYA SANKAI

帝国ホテル 東京

宿泊部 ベルマン

2015年 ホテル科卒業

静岡県立浜松商業高等学校出身

三海 郁弥 帝国ホテル 東京
宿泊部 ベルマン
FUMIYA SANKAI 2015年ホテル科卒業
静岡県立浜松商業高等学校出身
世界の最前線にいる緊張感

よく、「前評判は凄かったけど、実際には大したことなかった」という感想を、いろいろなところで聞く機会があると思うのですが、帝国ホテルは違います。前評判でも凄かったけれど、入ってみたら想像よりもさらに凄いホテルでした(笑)。私はベルマンに配属されました。チェックインでは一般の人が絶対に出会うことのない超VIPの方々をお部屋までご案内しながらお話をするので、緊張もしますがとても楽しいです。世の中のキーマンが利用するホテルなので、利用後に大きなニュースを耳にします。その度に、「あの会議でこれが決まったのかあ」などと、自分が世界のゲストを接遇する最前線にいる気持ちになります。ベルマンは全員で50人近くになる大所帯です。部署の中にもYMCAの先輩は多いし、同級生の同期もいるので心強いです。入社して半年がんばって、先日ようやく研修バッジがとれました。とても嬉しかったのですが、これからは一人前のホテルマンとして身の引き締まる思いです。

voiceimg02

坂本 萌衣

MEI SAKAMOTO

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

料飲部 ダイニングスクエア 「ジ・アトリウム」

2015年ホテル科卒業

埼玉県立鴻巣高等学校出身

坂本 萌衣 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
料飲部 ダイニングスクエア 「ジ・アトリウム」
MEI SAKAMOTO 2015年ホテル科卒業
埼玉県立鴻巣高等学校出身
リニューアルオープンは貴重な経験!

YMCAに通った2年間は、本当に楽しい学生生活でした。特に英語の授業は印象的。私は高校まで英語が苦手で、あまり積極的に勉強しないまま18歳まで来てしまいました。でも、それがYMCAに行ってから変わりました。英語の先生がとても面白く、そして分かりやすかったので英語アレルギーがなくなりました。これは私にとって物凄い変化だったと思います。今、私はダイニングスクエア「ジ・アトリウム」というレストランで仕事をしています。ここは2015年9月にリニューアルオープンしたばかり。1ヶ月前から全スタッフ総動員で一気にオープニングに向けて準備を進めた時間はとても貴重な経験でした。レストランとはいえ、お客様が夜遅くに食事をされることもあるので夜勤もあります。でも私は夜勤が好きです。午前中に仕事を終えて、まだ1日がたっぷりある気がするので(笑)YMCAの先輩が「今度、OG会やろうね!」と誘ってくれたりすることがあって、このつながりを嬉しく思います。

voiceimg03

阿部川 将平

SHOHEI ABEKAWA

ホテルニューグランド

料飲部 バー シーガーディアンⅡ

2015年ホテル科卒業

神奈川県立商工高等学校出身

阿部川 将平 ホテルニューグランド
料飲部 バー シーガーディアンⅡ
SHOHEI ABEKAWA 2015年ホテル科卒業
神奈川県立商工高等学校出身
夢が叶ったその先にあるモノ

実はYMCAに入る前からホテルニューグランドでホテルマンをやりたいという想いがあって、実習中にバーテンダーの先輩に憧れてバーテンダーになりたくて...。今はその2つの夢が叶ったので本当に最高の日々です。先輩にも恵まれています。現在の上司もYMCA出身で、偉大すぎる方に追いつけるように毎日が勉強です。YMCAは、憧れだったものを目標に変えられる学校でした。実習期間が6ヶ月間あること、本物のホテルで授業を行う学校であることを理由にYMCAを選びました。ずっと本物の環境で学びたかったので。厳しい時はちゃんと厳しく、オンとオフを明確に示してくれる、それが私に合っていたんだと思います。ホテルマンになるための本気の準備をやらせてくれるし、そのためのアドバイスをく れる学校です。社会に出てからも勉強の日々。今はバーテンダーの資格を取るのに必死です! 困難なことをやった先にやりたいことがやれる。これも学校で学んだことですね。

在校生の声
voiceimg04

五十嵐 遥香

HARUKA IGARASHI

内定先:帝国ホテル 東京

埼玉県立越谷南高等学校出身

五十嵐 遥香 内定先:帝国ホテル 東京
HARUKA IGARASHI 埼玉県立越谷南高等学校出身
新しい自分になれたキーワードは「顔晴る!」

小さい頃は人と目を合わせられないし、とても内気な子供でした。
それがYMCAの2年間で劇的に変わりました。ここはホテルマンになるための学校ですが、それ以上に人として成長できる場所です。内気なくせに小学生からホテルウーマンを夢見ていて、高校に入るとすぐにホテルの専門学校を探しました。高校2年生の時にYMCAの学校説明会に行き、先輩たちを見たときに「私はこういうふうに変わりたいんだ!」と、そのキラキラした姿に憧れたのを覚えています。一番自分が成長したのはホテル実習です。ホテルの仕事は、常に視野を広くして困っている方がいればすぐにお声がけして対応しなければなりません。それを続けているうちに、内気な自分が変わっていきました。今では町中で困っている人を見つけてもすぐに声をかけることが出来ます。親からは「帝国ホテルなんて無理じゃない?」と言われていたのですが、ずっと昔からの夢だったので挑戦しました。教務から「顔晴る(がんばる)」という言葉を教わりました。ホテルウーマンの「がんばる」は頑張るではなく、顔を晴れやかに「顔晴る」。これを胸に就職活動したのが良かったと思います。

voiceimg05

山下 圭太

KEITA YAMASHITA

内定先:ミリアルリゾートホテルズ

神奈川県立川崎北高等学校出身

山下 圭太 内定先:ミリアルリゾートホテルズ
KEITA YAMASHITA 神奈川県立川崎北高等学校出身
印象に残るホテルマンになりたい

私がYMCAを選んだ理由は「本物のホテルで学べる」ということでした。高校時代にいくつかのホテル学校を見学しましたが、どの学校も施設自体はYMCAよりも数段素晴らしかったです。ただ、YMCAには学校に設備が無いからこそ、本物のホテルの中で授業をやってくれる。自分たちで清掃してベッドメイクをした部屋に宿泊するという体験はとても貴重でした。入学してすぐに行われる新入生オリエンテーション合宿では準社会人として大切なことを学びました。2年次にはサポート役として参加させていただき、後輩にホテルマンとしてどうあるべきかなど、想いを伝えるにはどうすればよいかを考える良い経験が出来ました。実習ではシティホテルのみならず、リゾートホテルにも参加しました。その時にファミリーのお客様を対応している時が一番自分らしさを出せると感じたので、ミリアルリゾートホテルズを就職先に選びました。独自の世界観がある場所ですが、その中でも自分という1人のホテルマンが、お客様の印象に残るような存在になりたいと思っています。

学校説明会|体験入学