ホテル専攻科 卒業生・在校生の声

卒業生の声
voiceimg01

辻井 伸彦

NOBUHIKO TSUJII

石川県粟津温泉

「辻のや花乃庄」後継者


千葉経済大学出身

辻井 伸彦 石川県粟津温泉「辻のや花乃庄」後継者
NOBUHIKO TSUJII 千葉経済大学出身
後継者としての専門知識が学べる

私は以前、大学で経営を学んでいたのですが、家業である旅館を継ごうと考えたとき、自分にはまだまだ専門的な知識が必要だと思い、入学を決めました。 授業では旅館やホテルのマーケティングプラン、投資回収といったファイナンシャルプランをプロジェクトとして行うのですが、実際の経営に則して行うのでとても実践的です。また、夏期に行う企業実習では草津温泉にある「ホテル一井」にてお世話になり、経営者の方や女将さんのすぐ近くで旅館業務全般を学ぶことができました。働く側の視点、従業員として雇われる経験は、私にとって非常に大きな意味があったと思います。この1年間で同じ宿泊産業を目指す仲間、さらには既に後継者として経営に携わっている先輩方とのネットワークができたことは大きな財産となりました。将来はここで学んだ近代的な旅館経営を取り入れて、北陸全体の旅館業発展を目指し、家業をしっかり継承していけたらと思っています。

在校生の声
voiceimg01

大向 洋介

YOSUKE OMUKAI

石川県輪島市ねぶた温泉

「海游 能登の庄」後継者


石川県立門前高等学校出身

大向 洋介 石川県輪島市ねぶた温泉「海游 能登の庄」後継者
YOSUKE OMUKAI 石川県立門前高等学校出身
経営者としての必要な知識と人脈の宝庫

旅館経営の要は料理だと思い、実家を継ぐため、料亭で調理人の修行を積んでいました。しかし10年修行をして、自分には旅館経営の知識が不足していることを感じていました。そこで30歳で学校に入るというのは若干の抵抗があったのですが、意を決してYMCAに入学しました。結論から言うと、このホテル専攻科に入って本当に良かったと思っています。旅館のオペレーションはもちろん、マーケティングプランやファイナンシャルプランなど経営者として必要な知識を身につけることが出来ました。例えば、要員効率について学んだ時には実家のオペレーションを研究材料にして仲居さんの動きや1作業あたりに何人投入することが適性なのかなど、リアルに調べたりしました。ここで学んだことは、実家に戻ってからすぐに実践出来ることばかりです。学校には同じ境遇の仲間や先輩がいます。1つ上の先輩に偶然ですが同じ石川県の旅館を継がれる方もいて、そういう人脈が出来たことが最大の財産です。夢は旅館の多店舗化です。ゼミではホテル・旅館の多店舗化についても研究しています。

学校説明会|体験入学