ホテル旅館経営学科 卒業生・在校生の声

卒業生の声
voiceimg01

辻井 伸彦

NOBUHIKO TSUJII

石川県粟津温泉

「辻のや花乃庄」後継者


千葉経済大学出身

辻井 伸彦 石川県粟津温泉「辻のや花乃庄」後継者
NOBUHIKO TSUJII 千葉経済大学出身
後継者としての専門知識が学べる

私は以前、大学で経営を学んでいたのですが、家業である旅館を継ごうと考えたとき、自分にはまだまだ専門的な知識が必要だと思い、入学を決めました。 授業では旅館やホテルのマーケティングプラン、投資回収といったファイナンシャルプランをプロジェクトとして行うのですが、実際の経営に則して行うのでとても実践的です。また、夏期に行う企業実習では草津温泉にある「ホテル一井」にてお世話になり、経営者の方や女将さんのすぐ近くで旅館業務全般を学ぶことができました。働く側の視点、従業員として雇われる経験は、私にとって非常に大きな意味があったと思います。この1年間で同じ宿泊産業を目指す仲間、さらには既に後継者として経営に携わっている先輩方とのネットワークができたことは大きな財産となりました。将来はここで学んだ近代的な旅館経営を取り入れて、北陸全体の旅館業発展を目指し、家業をしっかり継承していけたらと思っています。

在校生の声
voiceimg01

近兼 真梨子

MARIKO CHIKAKANE

内定先:帝国ホテル東京

清泉女子大学出身

近兼 真梨子 内定先:帝国ホテル東京
MARIKO CHIKAKANE 清泉女子大学出身
バトンを受け継ぎ、新しい風を吹き込む

私の実家は香川県で温泉旅館2軒とホテルを1軒経営しています。 二人姉妹の長女の私は後継ぎとしての期待を感じていましたが、踏み切る決断が出来ず一旦は大学へ。 しかし就職活動時期になり、やはり自分が興味を持つのはサービス業だと実感し、実家を継ぐことを決意しました。 いきなリ実家で働くのではなく、まずはホテルや旅館業界の知識を学び、外の世界で経験を積んだ方がよいと考え、祖父の知人の勧めでYMCAに入学しました。
ホテル旅館経営学科は少人数制で、講師と全員がコミユニケーションを取りながら学べるため、授業の密度がとても濃いのが特長です。 経営者として必要な「発想力」と、現実を支える「数字を読む力」を同時に培っていくことが出来ます。 思い出深いのは「起業プロデューサー養成ゼミ」。毎回自分の知識の無さを痛感しましたが、経営に関する高度な内容を20代前半の時点で学ぶことが出来たのは今後の大きな財産になると思います。ほかにも、投資回収シミュレーションなど、経営に役立つ実践的な内容を1年間で効率的に学べます。 今では経営者として父が話す内容を理解することが出来るようになリ、20代の私が、旅館業数+年の父と同じ目線で会話が出来るようになったことに驚きました。 学校での1年がいかに充実していたかの表れだと思います。
卒業後は一度実家以外の企業で働き、サービスについて、組織について、視野を広げたいと考え、就職活動を行いました。入学してすぐに就職活動が始まるというハードスケジュールですが、ホテル科の先輩や教務の方々がしっかりサポートしてくださったおかげで乗り切れました。 帝国ホテル東京では、学校で学んだことを実践すると共に、サービスや組織運営について現場で色々なものを吸収したいと思います。
家業を後継するということは、ただ続ければいいというわけではなく、祖父に出来なかったことを父が、父が出来なかったことを私がチャレンジし、新しい風を起こしていくということだと思います。 地元・琴平は金毘羅歌舞伎など優れた文化遺産もあり、もっと全国や世界にアピール出来る町。 いずれ地元に戻ったら、地域と一緒になり町全体を盛り上げていくことにも挑戦していきたいと思っています。

学校説明会|体験入学