ブライダルを彩るテーブルコーディネーターについてご紹介します

201910-hotel.jpg

結婚式でゲストが一番長い時間目にするもの。それはテーブルコーディネートではないでしょうか。

帰り道に「素敵な結婚式だったね」と話すとき、頭に思い浮かべているのは「新郎新婦の笑顔」「すてきな衣装」の他に、「食事」や「テーブルコーディネート」が含まれていることも多いものです。

式の印象を左右するテーブルコーディネーターは、ウェディングプランナーが兼ねることも多い仕事です。

今回は、ブライダル業界で活躍するテーブルコーディネーターについて、仕事内容や役立つスキル・資格などをご紹介します。




テーブルコーディネーターとは

テーブルコーディネーターとは、TPOに合わせて食卓をコーディネートする仕事です。テーブルクロスやお皿の色が少し変わるだけでも、料理の印象は大きく変化します。

場の目的や雰囲気に合わせてクロスや食器を選び、料理をより美味しく見せて楽しい食事のひとときを創るのがテーブルコーディネーターです。


とくにブライダルの現場では、華やかでお祝いムードに満ちた食卓をコーディネートすることが求められます。前述のとおり、食事に対する満足度は結婚式の印象に大きな影響を与えます。主役である新郎新婦を引き立てつつゲストが幸せな気持ちに包まれるようなコーディネートを、プロの視点から設計する必要があるのです。




テーブルコーディネーターの仕事内容

テーブルコーディネーターは、テーブルを彩る食器やクロスを選び、それを使ってどんなふうに彩るのかをデザインするのが仕事です。

結婚式のテーブルコーディネートを行う場合、まず新郎新婦やウェディングプランナーからお式のテーマや目指す雰囲気などをヒアリングし、その内容をもとに新郎新婦にもゲストにも喜んでいただけるコーディネートを考えていきます。


具体的には、テーブルウェア(食器やグラス)、クロス類(テーブルクロス、アンダークロス、ナプキンなど)、小物類(装花、キャンドルなど)といったアイテムをセレクトします。それから、セレクトしたアイテムをどう配置していくか、色彩やバランスを考えながらセッティングプランを立てていきます。

作業の順番は前後したり交互に行ったりもしますが、いずれにせよ最初のヒアリングでテーマをしっかり把握しておくことが大切です。




テーブルコーディネーターに求められるスキル

テーブルコーディネーターには、さまざまなスキルが求められます。


バランスや色彩のセンス

思い通りの雰囲気をコーディネートするには、優れたバランス感覚や色彩センスが必要です。

また、ある程度の型はあるものの、「全てマニュアル通りにやればいい」という職業ではありません。それぞれのカップルには「こうしたい」という希望があり、どうすれば喜んでもらえるのかを考えるのはクリエイティブな作業です。

お気に入りのモチーフや大事にしているぬいぐるみを取り入れるなどオリジナルの要素を取り入れる際は、創意工夫のセンスも求められます。



幅広い専門知識

テーブルコーディネートでは、見た目の綺麗さだけでなく、食文化やマナーに関するきちんとした知識が求められます。

結婚式というハレの日にふさわしいテーブルを創るには、料理、食器、花などについての知識を深めておくことが大切です。



好奇心、向上心

世の中の流行や料理に関するトレンドに常にアンテナを張っている人は、テーブルコーディネーターに向いています。

テーブルウェアやインテリアなど「これが好き」というものがある人。中でも「知りたい」という好奇心や「もっと学びたい」という向上心を持っている人は、テーブルコーディネーターとして活躍しやすいでしょう。



コミュニケーション能力

新郎新婦はカップルごと、もしくは個人ごとにそれぞれ好みや希望を持っています。「こんな式にしたい」という要望をきちんと把握するために必要なのが、コミュニケーション能力です。

また、テーブルコーディネートを良いものにするためには、式場のスタッフやさまざまな業者との連携も不可欠です。関係者の多いブライダルの仕事ではとくに、意思疎通が重要になってきます。




テーブルコーディネーターに活かせる資格

テーブルコーディネーターの仕事には必須の資格や免許はありません。ですが、実際の業務を行う際や就職の際に有利になる資格はあります。

テーブルコーディネーターを目指すなら、次のような資格を取得しておくと良いでしょう。



総合的なテーブルコーディネートの資格

・食空間コーディネーター資格(食空間コーディネート協会)



色彩系の資格

・色彩検定(公益社団法人色彩検定協会)

・カラーコーディネーター検定試験(東京商工会議所)

・ADEC色彩士検定(NPO法人全国美術デザイン教育振興会)



マナー系の資格

・レストランサービス技能検定(一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会)※国家資格

・サービス接遇検定(公益財団法人実務技能検定協会)



フラワーコーディネート系の資格

・フラワー装飾技能士(厚生労働省)※国家資格

・フラワーデザイナー資格検定試験(公益社団法人日本フラワーデザイナー協会)



インテリア系の資格

・インテリアコーディネーター(公益社団法人インテリア産業協会)



これらの資格は幅広い知識を身に着けている証になりますし、業務にも役立ちます。

もちろんホテルマンとしての経験も、ブライダル系のテーブルコーディネーターにとって有益です。まずはホテルマンとしてブライダル全体の業務を学び、働きながら他の知識を身に着けていくのも良いでしょう。

201910-hotel.jpg

結婚式でゲストが一番長い時間目にするもの。それはテーブルコーディネートではないでしょうか。

帰り道に「素敵な結婚式だったね」と話すとき、頭に思い浮かべているのは「新郎新婦の笑顔」「すてきな衣装」の他に、「食事」や「テーブルコーディネート」が含まれていることも多いものです。

式の印象を左右するテーブルコーディネーターは、ウェディングプランナーが兼ねることも多い仕事です。

今回は、ブライダル業界で活躍するテーブルコーディネーターについて、仕事内容や役立つスキル・資格などをご紹介します。




テーブルコーディネーターとは

テーブルコーディネーターとは、TPOに合わせて食卓をコーディネートする仕事です。テーブルクロスやお皿の色が少し変わるだけでも、料理の印象は大きく変化します。

場の目的や雰囲気に合わせてクロスや食器を選び、料理をより美味しく見せて楽しい食事のひとときを創るのがテーブルコーディネーターです。


とくにブライダルの現場では、華やかでお祝いムードに満ちた食卓をコーディネートすることが求められます。前述のとおり、食事に対する満足度は結婚式の印象に大きな影響を与えます。主役である新郎新婦を引き立てつつゲストが幸せな気持ちに包まれるようなコーディネートを、プロの視点から設計する必要があるのです。




テーブルコーディネーターの仕事内容

テーブルコーディネーターは、テーブルを彩る食器やクロスを選び、それを使ってどんなふうに彩るのかをデザインするのが仕事です。

結婚式のテーブルコーディネートを行う場合、まず新郎新婦やウェディングプランナーからお式のテーマや目指す雰囲気などをヒアリングし、その内容をもとに新郎新婦にもゲストにも喜んでいただけるコーディネートを考えていきます。


具体的には、テーブルウェア(食器やグラス)、クロス類(テーブルクロス、アンダークロス、ナプキンなど)、小物類(装花、キャンドルなど)といったアイテムをセレクトします。それから、セレクトしたアイテムをどう配置していくか、色彩やバランスを考えながらセッティングプランを立てていきます。

作業の順番は前後したり交互に行ったりもしますが、いずれにせよ最初のヒアリングでテーマをしっかり把握しておくことが大切です。




テーブルコーディネーターに求められるスキル

テーブルコーディネーターには、さまざまなスキルが求められます。


バランスや色彩のセンス

思い通りの雰囲気をコーディネートするには、優れたバランス感覚や色彩センスが必要です。

また、ある程度の型はあるものの、「全てマニュアル通りにやればいい」という職業ではありません。それぞれのカップルには「こうしたい」という希望があり、どうすれば喜んでもらえるのかを考えるのはクリエイティブな作業です。

お気に入りのモチーフや大事にしているぬいぐるみを取り入れるなどオリジナルの要素を取り入れる際は、創意工夫のセンスも求められます。



幅広い専門知識

テーブルコーディネートでは、見た目の綺麗さだけでなく、食文化やマナーに関するきちんとした知識が求められます。

結婚式というハレの日にふさわしいテーブルを創るには、料理、食器、花などについての知識を深めておくことが大切です。



好奇心、向上心

世の中の流行や料理に関するトレンドに常にアンテナを張っている人は、テーブルコーディネーターに向いています。

テーブルウェアやインテリアなど「これが好き」というものがある人。中でも「知りたい」という好奇心や「もっと学びたい」という向上心を持っている人は、テーブルコーディネーターとして活躍しやすいでしょう。



コミュニケーション能力

新郎新婦はカップルごと、もしくは個人ごとにそれぞれ好みや希望を持っています。「こんな式にしたい」という要望をきちんと把握するために必要なのが、コミュニケーション能力です。

また、テーブルコーディネートを良いものにするためには、式場のスタッフやさまざまな業者との連携も不可欠です。関係者の多いブライダルの仕事ではとくに、意思疎通が重要になってきます。




テーブルコーディネーターに活かせる資格

テーブルコーディネーターの仕事には必須の資格や免許はありません。ですが、実際の業務を行う際や就職の際に有利になる資格はあります。

テーブルコーディネーターを目指すなら、次のような資格を取得しておくと良いでしょう。



総合的なテーブルコーディネートの資格

・食空間コーディネーター資格(食空間コーディネート協会)



色彩系の資格

・色彩検定(公益社団法人色彩検定協会)

・カラーコーディネーター検定試験(東京商工会議所)

・ADEC色彩士検定(NPO法人全国美術デザイン教育振興会)



マナー系の資格

・レストランサービス技能検定(一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会)※国家資格

・サービス接遇検定(公益財団法人実務技能検定協会)



フラワーコーディネート系の資格

・フラワー装飾技能士(厚生労働省)※国家資格

・フラワーデザイナー資格検定試験(公益社団法人日本フラワーデザイナー協会)



インテリア系の資格

・インテリアコーディネーター(公益社団法人インテリア産業協会)



これらの資格は幅広い知識を身に着けている証になりますし、業務にも役立ちます。

もちろんホテルマンとしての経験も、ブライダル系のテーブルコーディネーターにとって有益です。まずはホテルマンとしてブライダル全体の業務を学び、働きながら他の知識を身に着けていくのも良いでしょう。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学