ブライダルネイリストになるには?仕事内容と資格についてご紹介します!

201909_hotel.jpeg

ブライダルネイリストとは、花嫁の爪を美しく整えてネイルアートを施すネイリストのことです。

一生に一度のハレの日に美しく輝く手伝いをする、ブライダルネイリスト。その仕事について、通常のネイリストとの違いや、就職・業務に役立つ資格をご紹介します。




ブライダルネイリストの仕事内容は?

ブライダルネイリストは、花嫁の特別な日を美しく彩る素敵な仕事です。

ネイリストそのものも専門職ですが、ブライダルネイリストにはさらに専門的な知識が必要とされます。というのも、ウェディングシーンのTPOに合わせた施術が必要になるためです。



ブライダルネイリストには、TPOに合わせた施術が必要

ブライダルネイルと言っても、施術の種類は通常のネイルと変わりません。お客様の希望や都合に合わせて、ジェルネイル、ネイルポリッシュ、チップ、スカルプネイルといった施術をしていきます。

ただしブライダルネイルには、通常のネイルとは異なるポイントもいくつかあります。

たとえば、ネイルのデザインです。

多くの場合、花嫁の装いの主役となるのはドレスと指輪。ブライダルネイルに求められるのは、ドレスや指輪を引き立てるようなデザインです。

地味すぎず派手すぎず、お色直しにも対応できる。そんなデザインが喜ばれます。



お客様にはネイルサロン初心者も多い

「ネイルサロンが初めて」というお客様が多いことも、ブライダルネイルの特徴のひとつです。

普段ネイルサロンに慣れていない花嫁が「一生に一度のことだから」とネイルにトライすることも多いもの。乾かす時間やネイルの扱いなどについて、慣れないお客様にも分かりやすく伝える技術が必要となります。


さらに、花婿向けにメンズネイルを行う技術や、大切な日にクレームを生まないための丁寧なカウンセリングも仕事のうちです。

また通常のネイリスト同様、サンプルチップの作成、甘皮やささくれなどのハンドケア、ネイルオフの施術といった作業も行います。




ブライダルネイリストになるには?

ブライダルネイリストになるには、次の3つのステップをめざすと良いでしょう。


  • ステップ1:技術を身に着ける(独学もしくはネイルスクール)
  • ステップ2:ネイル関連の資格を取得する
  • ステップ3:ネイルサロンで経験を積む

ステップ2の資格については、後ほど詳しくご紹介します。基本的にはネイリストに必須の免許などはなく、極端な話、技術さえあれば明日からでもネイリストを名乗ることが可能です。


ステップ3のネイルサロンについては、ふたつの選択肢があります。ひとつは通常のネイルサロンで働くこと、もうひとつは結婚式場などに付属する「ブライダルネイル専門のサロン」で働くことです。

ただ現実的にはブライダル専門のネイルサロンは希少ですから、まずは通常のネイルサロンで経験を積んでから専門サロンへの就職や独立開業をめざす、というのが一般的です。




ブライダルネイリストに活かせる資格

ネイリストに必須の免許や国家資格はありませんが、やはり何らかの資格を取得することがおすすめです。

資格を持っていれば、業務に必要な知識を習得している証になります。お客様も安心して施術を受けることができますし、就職の際も有利です。

日本でネイリストとして働くなら、まずは次の2種類のうちいずれかの資格取得をめざすことがおすすめです。いずれも知名度が高い資格で、就職にも役立つでしょう。



JNA「ネイリスト技能検定試験」

JNA「ネイリスト技能検定試験」は、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)主催の検定試験です。

日本のネイル系資格の中では最も歴史が古く、受験者数は累計約80万人(平成30年12月現在)と知名度も抜群。ネイルの仕上がり、施術プロセス、器具の扱い方、衛生面に加え、事前のテーブルセッティングや消毒管理も試験内容に含まれます。



I-NAIL-A「ネイルスペシャリスト技能検定試験」

I-NAIL-A(インターナショナルネイルアソシエーション)主催の「ネイルスペシャリスト技能検定試験」は、ネイルサービスに必要な知識と技術の習得を目的とした検定試験です。

ネイルの仕上がり、施術プロセス、器具や材料の扱い方、衛生面といった総合的なネイルの知識と技術が審査対象で、「両手10本の爪をバランス良く整えること」が合格の必須条件とされています。




ブライダルネイリストは花嫁を笑顔にできる仕事

花嫁にとって一生に一度となる「ハレの日」を、ネイルでサポートできる素敵な仕事。それがブライダルネイリストです。

ネイルアートが好きで、人に喜ばれる仕事がしたい。

そんなあなたは、ブライダルネイリストの道をめざしてみてはいかがでしょうか?

201909_hotel.jpeg

ブライダルネイリストとは、花嫁の爪を美しく整えてネイルアートを施すネイリストのことです。

一生に一度のハレの日に美しく輝く手伝いをする、ブライダルネイリスト。その仕事について、通常のネイリストとの違いや、就職・業務に役立つ資格をご紹介します。




ブライダルネイリストの仕事内容は?

ブライダルネイリストは、花嫁の特別な日を美しく彩る素敵な仕事です。

ネイリストそのものも専門職ですが、ブライダルネイリストにはさらに専門的な知識が必要とされます。というのも、ウェディングシーンのTPOに合わせた施術が必要になるためです。



ブライダルネイリストには、TPOに合わせた施術が必要

ブライダルネイルと言っても、施術の種類は通常のネイルと変わりません。お客様の希望や都合に合わせて、ジェルネイル、ネイルポリッシュ、チップ、スカルプネイルといった施術をしていきます。

ただしブライダルネイルには、通常のネイルとは異なるポイントもいくつかあります。

たとえば、ネイルのデザインです。

多くの場合、花嫁の装いの主役となるのはドレスと指輪。ブライダルネイルに求められるのは、ドレスや指輪を引き立てるようなデザインです。

地味すぎず派手すぎず、お色直しにも対応できる。そんなデザインが喜ばれます。



お客様にはネイルサロン初心者も多い

「ネイルサロンが初めて」というお客様が多いことも、ブライダルネイルの特徴のひとつです。

普段ネイルサロンに慣れていない花嫁が「一生に一度のことだから」とネイルにトライすることも多いもの。乾かす時間やネイルの扱いなどについて、慣れないお客様にも分かりやすく伝える技術が必要となります。


さらに、花婿向けにメンズネイルを行う技術や、大切な日にクレームを生まないための丁寧なカウンセリングも仕事のうちです。

また通常のネイリスト同様、サンプルチップの作成、甘皮やささくれなどのハンドケア、ネイルオフの施術といった作業も行います。




ブライダルネイリストになるには?

ブライダルネイリストになるには、次の3つのステップをめざすと良いでしょう。


  • ステップ1:技術を身に着ける(独学もしくはネイルスクール)
  • ステップ2:ネイル関連の資格を取得する
  • ステップ3:ネイルサロンで経験を積む

ステップ2の資格については、後ほど詳しくご紹介します。基本的にはネイリストに必須の免許などはなく、極端な話、技術さえあれば明日からでもネイリストを名乗ることが可能です。


ステップ3のネイルサロンについては、ふたつの選択肢があります。ひとつは通常のネイルサロンで働くこと、もうひとつは結婚式場などに付属する「ブライダルネイル専門のサロン」で働くことです。

ただ現実的にはブライダル専門のネイルサロンは希少ですから、まずは通常のネイルサロンで経験を積んでから専門サロンへの就職や独立開業をめざす、というのが一般的です。




ブライダルネイリストに活かせる資格

ネイリストに必須の免許や国家資格はありませんが、やはり何らかの資格を取得することがおすすめです。

資格を持っていれば、業務に必要な知識を習得している証になります。お客様も安心して施術を受けることができますし、就職の際も有利です。

日本でネイリストとして働くなら、まずは次の2種類のうちいずれかの資格取得をめざすことがおすすめです。いずれも知名度が高い資格で、就職にも役立つでしょう。



JNA「ネイリスト技能検定試験」

JNA「ネイリスト技能検定試験」は、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)主催の検定試験です。

日本のネイル系資格の中では最も歴史が古く、受験者数は累計約80万人(平成30年12月現在)と知名度も抜群。ネイルの仕上がり、施術プロセス、器具の扱い方、衛生面に加え、事前のテーブルセッティングや消毒管理も試験内容に含まれます。



I-NAIL-A「ネイルスペシャリスト技能検定試験」

I-NAIL-A(インターナショナルネイルアソシエーション)主催の「ネイルスペシャリスト技能検定試験」は、ネイルサービスに必要な知識と技術の習得を目的とした検定試験です。

ネイルの仕上がり、施術プロセス、器具や材料の扱い方、衛生面といった総合的なネイルの知識と技術が審査対象で、「両手10本の爪をバランス良く整えること」が合格の必須条件とされています。




ブライダルネイリストは花嫁を笑顔にできる仕事

花嫁にとって一生に一度となる「ハレの日」を、ネイルでサポートできる素敵な仕事。それがブライダルネイリストです。

ネイルアートが好きで、人に喜ばれる仕事がしたい。

そんなあなたは、ブライダルネイリストの道をめざしてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学