ブライダルエステティシャンの仕事内容は?求められるスキルや資格を紹介します

hotel-201911.jpg

エステティシャンの活躍の場は、エステサロンだけではありません。スポーツ施設や入浴施設など、今やさまざまな場所に広がっています。


中でも人気が高いのは、花嫁のお世話をする「ブライダルエステティシャン」でしょう。


ハレの日の新婦を最高に美しく輝かせるためには、どんなスキルが必要なのでしょうか? また、具体的にどんな仕事をしているのでしょうか?


今回は、ブライダルエステティシャンの仕事についてご紹介します。




ブライダルエステティシャンとは

ブライダルエステとは、結婚式・披露宴に向けて行われる新郎新婦向けのエステです。一般的には新婦を中心に行われますが、最近は新郎向けのフェイシャルパックやシェービングを含むエステも注目されています。


そしてブライダルエステティシャンとは、その名の通りブライダルエステを中心に仕事を行うエステティシャンのこと。新郎新婦が最高の状態で式当日を迎えられるよう、フェイスやボディのコンディションを整えていきます。


ブライダルエステは、式に向けて数ヶ月〜半年程度かけてコンディションを整えていく場合がほとんどです。が、中には、お式の直前に1回のみ行うケースもあります。




ブライダルエステティシャンの仕事内容

ブライダルエステティシャンの仕事には、通常のエステティシャンとは異なる特徴もいくつかあります。ここでは新婦に向けた施術を中心に、ブライダルエステティシャンの仕事内容をご紹介しましょう。



フェイシャルケア

一生に一度と言われるハレの日に「少しでも綺麗でいたい、美人でいたい」と願う女性は多いです。


そのお手伝いをするために、「美顔」や「美白」、また「小顔」などを意識したフェイシャルケアを行います。



ボディケア

ウェディングドレスを着ると、普段見せない部分も露出することが多いもの。


ドレスを美しく着こなすために、デコルテ、背中、二の腕、うなじ......といった部分のお肌をケアする施術も、ブライダルエステには欠かせません。



痩身

ドレスを美しく着こなすために、痩身エステを希望する女性も多いです。


通常の痩身エステと同様にマシンやハンドマッサージを駆使し、脂肪燃焼を促進したり「むくみ」を取り除いたりして、スッキリしたボディラインを作ります。



シェービング

フェイス・ボディのムダ毛や古い角質を取り除き、お肌をワントーン明るく見せるシェービング。こちらは新婦だけでなく、新郎向けのブライダルエステでもよく行われています。



脱毛

ブライダルエステでは、脱毛メニューも人気です。初めてのウェディングドレスは緊張しますが、脇や脚など露出する部分がきれいに脱毛されていれば自信を持って式に臨めそうですね。



このように、ブライダルエステティシャンは新郎新婦が最高の結婚式を挙げられるよう、さまざまな施術を行います。



ブライダルエステティシャンの活躍の場は、ホテルや式場に付属のエステサロン、または通常のエステサロンのブライダルコースなどです。


勤め先により給与体系は異なりますが、歩合制や実績によるボーナス制度を設けているサロンもあります。年齢に関わらず、実力次第で高収入を目指すことが可能な職業です。




ブライダルエステティシャンに求められるスキル

ブライダルエステティシャンには、次のようなスキルが求められます。



高い技術力

ブライダルエステは、結婚式という決まった日取りに向けて結果を出さなくてはいけません。また結婚式は花嫁にとって一生に一度のハレの日ですから、確実な成果が期待されています。


限られた日数で確実な成果を挙げるために、ブライダルエステティシャンには、通常のエステよりもさらに高度な技術力が求められます。



深い専門知識

エステを受けるお客様の体質は、人それぞれです。肌質もひとりひとり異なりますし、アレルギーやアトピーなどの悩みを抱える人もいます。また、妊娠中の花嫁に施術するケースもあるでしょう。


通常のエステでも肌トラブルや健康被害はご法度ですが、とくにブライダル当日のそうした事態は許されません。ブライダルエステティシャンには、幅広く深い専門知識が求められます。



コミュニケーション能力

全てのエステはカウンセリングから始まります。お客様の悩みやニーズを正確にヒアリングするためには、コミュニケーション能力が不可欠です。


ブライダルエステを受ける花嫁の中には、「エステサロン自体が初体験」という人も少なくありません。そうしたお客様にも分かりやすく施術内容を解説する必要もあります。



ホスピタリティ

マリッジブルーという言葉があるように、結婚を控えて精神的に疲弊したり不安になったりする新婦も少なくありません。


そうしたお客様の心を和らげ、エステを通してリラックスして頂くことも、エステティシャンの大きな役割の一つです。


「人に喜ばれるのが好き」「笑顔になってもらえたら嬉しい」そんなホスピタリティの高さも、ブライダルエステティシャンには必要と言えます。



美容への興味

エステの技術やケア製品は、日々進歩しています。


エステティシャン自身が美容や健康に興味を持って、常に情報収集できること、アンテナを立てていられることも、大事なスキルの一種です。



体力

ブライダルに限らず、エステティシャンは体力が資本の仕事です。痩身マッサージには力が要りますし、施術のほとんどは基本的に立ったまま行います。


ある程度体力のある人でないと、ブライダルエステティシャンは難しいと言えるでしょう。




ブライダルエステティシャンに活かせる資格

日本でブライダルエステティシャンになる場合、必須の資格や免許などはとくにありません。


(※ただしシェービングを行う場合は、国家資格である理容師免許が必要です)


必須ではないものの、取得することで就職や待遇面で有利となる資格はいくつかあります。たとえば、次のような機関が発行している各種の認定エステティシャン資格です。


  • 日本エステティック協会(AJESTHE)
  • 日本エステティック業協会(AEA)
  • 国際エステティック協会(IEA)

こうした専門機関が発行している資格を取得すれば、実務に関する知識や能力を証明することができます。


また、エステサロンの中には、スキルアップのための社内研修や教育制度が充実している企業もあります。こうした企業に就職すれば、未経験からのスタートでもスムーズに成長できるでしょう。


花嫁の笑顔をすぐ近くでお手伝いできる、ブライダルエステティシャン。「美容が好き、人に喜ばれることが好き」というあなたには、目指す価値アリかもしれません。

hotel-201911.jpg

エステティシャンの活躍の場は、エステサロンだけではありません。スポーツ施設や入浴施設など、今やさまざまな場所に広がっています。


中でも人気が高いのは、花嫁のお世話をする「ブライダルエステティシャン」でしょう。


ハレの日の新婦を最高に美しく輝かせるためには、どんなスキルが必要なのでしょうか? また、具体的にどんな仕事をしているのでしょうか?


今回は、ブライダルエステティシャンの仕事についてご紹介します。




ブライダルエステティシャンとは

ブライダルエステとは、結婚式・披露宴に向けて行われる新郎新婦向けのエステです。一般的には新婦を中心に行われますが、最近は新郎向けのフェイシャルパックやシェービングを含むエステも注目されています。


そしてブライダルエステティシャンとは、その名の通りブライダルエステを中心に仕事を行うエステティシャンのこと。新郎新婦が最高の状態で式当日を迎えられるよう、フェイスやボディのコンディションを整えていきます。


ブライダルエステは、式に向けて数ヶ月〜半年程度かけてコンディションを整えていく場合がほとんどです。が、中には、お式の直前に1回のみ行うケースもあります。




ブライダルエステティシャンの仕事内容

ブライダルエステティシャンの仕事には、通常のエステティシャンとは異なる特徴もいくつかあります。ここでは新婦に向けた施術を中心に、ブライダルエステティシャンの仕事内容をご紹介しましょう。



フェイシャルケア

一生に一度と言われるハレの日に「少しでも綺麗でいたい、美人でいたい」と願う女性は多いです。


そのお手伝いをするために、「美顔」や「美白」、また「小顔」などを意識したフェイシャルケアを行います。



ボディケア

ウェディングドレスを着ると、普段見せない部分も露出することが多いもの。


ドレスを美しく着こなすために、デコルテ、背中、二の腕、うなじ......といった部分のお肌をケアする施術も、ブライダルエステには欠かせません。



痩身

ドレスを美しく着こなすために、痩身エステを希望する女性も多いです。


通常の痩身エステと同様にマシンやハンドマッサージを駆使し、脂肪燃焼を促進したり「むくみ」を取り除いたりして、スッキリしたボディラインを作ります。



シェービング

フェイス・ボディのムダ毛や古い角質を取り除き、お肌をワントーン明るく見せるシェービング。こちらは新婦だけでなく、新郎向けのブライダルエステでもよく行われています。



脱毛

ブライダルエステでは、脱毛メニューも人気です。初めてのウェディングドレスは緊張しますが、脇や脚など露出する部分がきれいに脱毛されていれば自信を持って式に臨めそうですね。



このように、ブライダルエステティシャンは新郎新婦が最高の結婚式を挙げられるよう、さまざまな施術を行います。



ブライダルエステティシャンの活躍の場は、ホテルや式場に付属のエステサロン、または通常のエステサロンのブライダルコースなどです。


勤め先により給与体系は異なりますが、歩合制や実績によるボーナス制度を設けているサロンもあります。年齢に関わらず、実力次第で高収入を目指すことが可能な職業です。




ブライダルエステティシャンに求められるスキル

ブライダルエステティシャンには、次のようなスキルが求められます。



高い技術力

ブライダルエステは、結婚式という決まった日取りに向けて結果を出さなくてはいけません。また結婚式は花嫁にとって一生に一度のハレの日ですから、確実な成果が期待されています。


限られた日数で確実な成果を挙げるために、ブライダルエステティシャンには、通常のエステよりもさらに高度な技術力が求められます。



深い専門知識

エステを受けるお客様の体質は、人それぞれです。肌質もひとりひとり異なりますし、アレルギーやアトピーなどの悩みを抱える人もいます。また、妊娠中の花嫁に施術するケースもあるでしょう。


通常のエステでも肌トラブルや健康被害はご法度ですが、とくにブライダル当日のそうした事態は許されません。ブライダルエステティシャンには、幅広く深い専門知識が求められます。



コミュニケーション能力

全てのエステはカウンセリングから始まります。お客様の悩みやニーズを正確にヒアリングするためには、コミュニケーション能力が不可欠です。


ブライダルエステを受ける花嫁の中には、「エステサロン自体が初体験」という人も少なくありません。そうしたお客様にも分かりやすく施術内容を解説する必要もあります。



ホスピタリティ

マリッジブルーという言葉があるように、結婚を控えて精神的に疲弊したり不安になったりする新婦も少なくありません。


そうしたお客様の心を和らげ、エステを通してリラックスして頂くことも、エステティシャンの大きな役割の一つです。


「人に喜ばれるのが好き」「笑顔になってもらえたら嬉しい」そんなホスピタリティの高さも、ブライダルエステティシャンには必要と言えます。



美容への興味

エステの技術やケア製品は、日々進歩しています。


エステティシャン自身が美容や健康に興味を持って、常に情報収集できること、アンテナを立てていられることも、大事なスキルの一種です。



体力

ブライダルに限らず、エステティシャンは体力が資本の仕事です。痩身マッサージには力が要りますし、施術のほとんどは基本的に立ったまま行います。


ある程度体力のある人でないと、ブライダルエステティシャンは難しいと言えるでしょう。




ブライダルエステティシャンに活かせる資格

日本でブライダルエステティシャンになる場合、必須の資格や免許などはとくにありません。


(※ただしシェービングを行う場合は、国家資格である理容師免許が必要です)


必須ではないものの、取得することで就職や待遇面で有利となる資格はいくつかあります。たとえば、次のような機関が発行している各種の認定エステティシャン資格です。


  • 日本エステティック協会(AJESTHE)
  • 日本エステティック業協会(AEA)
  • 国際エステティック協会(IEA)

こうした専門機関が発行している資格を取得すれば、実務に関する知識や能力を証明することができます。


また、エステサロンの中には、スキルアップのための社内研修や教育制度が充実している企業もあります。こうした企業に就職すれば、未経験からのスタートでもスムーズに成長できるでしょう。


花嫁の笑顔をすぐ近くでお手伝いできる、ブライダルエステティシャン。「美容が好き、人に喜ばれることが好き」というあなたには、目指す価値アリかもしれません。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学