サムシングフォーとは?幸せを呼ぶ結婚式のジンクスについて解説します

201908_hotel.jpeg

結婚式で愛される「サムシングフォー」を知っていますか?

サムシングフォーは、カップルの幸せを願って行われる習慣です。4つの言葉にちなんだアイテムを花嫁が身につけるというもので、欧米では200年も前から続く結婚式の伝統的儀式です。

近年は、日本のウェディングでも急激に人気が高まっています。

幸せをふくらませてくれる、サムシングフォー。一体どんなものなのか、具体的なアイテムの例を挙げながらご紹介しましょう。




サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは、英語で「4つの何か」という意味です。ルーツとなったのはイギリスの伝承童話「マザーグース」の一節。


Something old(サムシング・オールド)

Something new(サムシング・ニュー)

Something borrowed(サムシング・ボロード)

Something blue(サムシング・ブルー)


という、4つの言葉にちなんだアイテムを結婚式で身につけると、花嫁が幸せになると言われています。欧米の結婚式では一般に深く根付く習慣で、イギリス皇室のロイヤルウェディングでも取り入れられています。

それぞれどんなアイテムなのか、具体的な例を挙げながらご紹介していきましょう。




1.サムシング・オールド

サムシング・オールドとは、「何か古いもの」という意味。花嫁の家族や祖先を象徴するアイテムです。

母親や祖母が結婚式で身につけたものや、家族に代々受け継がれているものなどが、サムシング・オールドとしてふさわしいものです。

かつて自分が身につけていたものを子どもや孫である花嫁が身につけることで、母親や祖母にとってもより喜びが大きい式となるでしょう。



サムシング・オールドの例

指輪、リングピロー、ジュエリー、ネックレス、イヤリングなど。

母親や祖母が着ていたドレスや着物をリメイクして、ウェディングドレスや小物にするのも人気です。また、母親や祖母の婚約指輪をリフォーミングして結婚指輪にするのも素敵ですね。




2.サムシング・ニュー

サムシング・ニューとは、「何か新しいもの」という意味。結婚生活の新しい門出を祝って、希望の象徴となる新しいアイテムを身につけます。

サムシング・ニューは新調したものであれば何でもOK。ドレスや小物をレンタルすることの多い結婚式ですが、何かひとつ新しいものを選んで身につけてみましょう。



サムシング・ニューの例

ウェディングドレスの下に着る下着、ストッキング、ベール、グローブ、シューズなど。

比較的購入しやすい価格で、式の間身につけていられるものがおすすめです。

イヤリングなどのアクセサリー、ハンカチ、化粧品も人気があります。




3.サムシング・ボロード

サムシング・ボロードとは、「何か借りたもの」という意味。すでに結婚して幸せに暮らしている友人知人や家族から、何かひとつアイテムを借りて身につけます。

先輩カップルの幸福にあやかることで、花嫁の結婚生活にも幸せが訪れる、と言われています。「あんなふうになりたいな」と憧れる素敵なカップルから借りられたら、最高ですね。



サムシング・ボロードの例

友人知人や家族が結婚式で使ったアイテム(ベール、グローブ、アクセサリーなど)。

また、参列している友人たちからその場ですぐ借りられるもの(ハンカチなど)を募り、借りるまでの流れを演出の一部とすることもあります。




4.サムシング・ブルー

サムシング・ブルーとは、「何か青いもの」という意味。青は聖母マリアを象徴する色で、花嫁の純潔や貞節を表しています。

サムシング・ブルーの基本は、目立たないように身につけること。欧米圏では、ドレスの下のガーターベルトに青いリボンを結ぶのが一般的です。



サムシング・ブルーの例

指輪、イヤリング、ネックレスなどのジュエリーに、さり気なく青を取り入れるのが人気です。

また、ハンカチに青い刺繍を施したり、ブライダルネイルのデザインに青のラインストーンを取り入れたりするのも素敵ですね。




「サムシング・フォー」のジンクスで幸せを呼ぶ


日本にも海外にも、結婚式にまつわるジンクスはたくさんありますが、サムシング・フォーはその中でも気軽に取り入れやすいものと言えるでしょう。

家族や友達にアイテムの相談をすることで、より仲を深めることもできます。また花嫁だけでなく、アイテムを提供した側にとっても心に残る結婚式となることでしょう。

長く続くサムシング・フォーの習慣には、そうした意義も込められているのかもしれません。

201908_hotel.jpeg

結婚式で愛される「サムシングフォー」を知っていますか?

サムシングフォーは、カップルの幸せを願って行われる習慣です。4つの言葉にちなんだアイテムを花嫁が身につけるというもので、欧米では200年も前から続く結婚式の伝統的儀式です。

近年は、日本のウェディングでも急激に人気が高まっています。

幸せをふくらませてくれる、サムシングフォー。一体どんなものなのか、具体的なアイテムの例を挙げながらご紹介しましょう。




サムシングフォーとは?

サムシングフォーとは、英語で「4つの何か」という意味です。ルーツとなったのはイギリスの伝承童話「マザーグース」の一節。


Something old(サムシング・オールド)

Something new(サムシング・ニュー)

Something borrowed(サムシング・ボロード)

Something blue(サムシング・ブルー)


という、4つの言葉にちなんだアイテムを結婚式で身につけると、花嫁が幸せになると言われています。欧米の結婚式では一般に深く根付く習慣で、イギリス皇室のロイヤルウェディングでも取り入れられています。

それぞれどんなアイテムなのか、具体的な例を挙げながらご紹介していきましょう。




1.サムシング・オールド

サムシング・オールドとは、「何か古いもの」という意味。花嫁の家族や祖先を象徴するアイテムです。

母親や祖母が結婚式で身につけたものや、家族に代々受け継がれているものなどが、サムシング・オールドとしてふさわしいものです。

かつて自分が身につけていたものを子どもや孫である花嫁が身につけることで、母親や祖母にとってもより喜びが大きい式となるでしょう。



サムシング・オールドの例

指輪、リングピロー、ジュエリー、ネックレス、イヤリングなど。

母親や祖母が着ていたドレスや着物をリメイクして、ウェディングドレスや小物にするのも人気です。また、母親や祖母の婚約指輪をリフォーミングして結婚指輪にするのも素敵ですね。




2.サムシング・ニュー

サムシング・ニューとは、「何か新しいもの」という意味。結婚生活の新しい門出を祝って、希望の象徴となる新しいアイテムを身につけます。

サムシング・ニューは新調したものであれば何でもOK。ドレスや小物をレンタルすることの多い結婚式ですが、何かひとつ新しいものを選んで身につけてみましょう。



サムシング・ニューの例

ウェディングドレスの下に着る下着、ストッキング、ベール、グローブ、シューズなど。

比較的購入しやすい価格で、式の間身につけていられるものがおすすめです。

イヤリングなどのアクセサリー、ハンカチ、化粧品も人気があります。




3.サムシング・ボロード

サムシング・ボロードとは、「何か借りたもの」という意味。すでに結婚して幸せに暮らしている友人知人や家族から、何かひとつアイテムを借りて身につけます。

先輩カップルの幸福にあやかることで、花嫁の結婚生活にも幸せが訪れる、と言われています。「あんなふうになりたいな」と憧れる素敵なカップルから借りられたら、最高ですね。



サムシング・ボロードの例

友人知人や家族が結婚式で使ったアイテム(ベール、グローブ、アクセサリーなど)。

また、参列している友人たちからその場ですぐ借りられるもの(ハンカチなど)を募り、借りるまでの流れを演出の一部とすることもあります。




4.サムシング・ブルー

サムシング・ブルーとは、「何か青いもの」という意味。青は聖母マリアを象徴する色で、花嫁の純潔や貞節を表しています。

サムシング・ブルーの基本は、目立たないように身につけること。欧米圏では、ドレスの下のガーターベルトに青いリボンを結ぶのが一般的です。



サムシング・ブルーの例

指輪、イヤリング、ネックレスなどのジュエリーに、さり気なく青を取り入れるのが人気です。

また、ハンカチに青い刺繍を施したり、ブライダルネイルのデザインに青のラインストーンを取り入れたりするのも素敵ですね。




「サムシング・フォー」のジンクスで幸せを呼ぶ


日本にも海外にも、結婚式にまつわるジンクスはたくさんありますが、サムシング・フォーはその中でも気軽に取り入れやすいものと言えるでしょう。

家族や友達にアイテムの相談をすることで、より仲を深めることもできます。また花嫁だけでなく、アイテムを提供した側にとっても心に残る結婚式となることでしょう。

長く続くサムシング・フォーの習慣には、そうした意義も込められているのかもしれません。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学