ベルパーソンとは?ベルパーソンの仕事内容について

201907_hotel.jpeg

ホテルで働く「ベルパーソン」という仕事をご存知ですか?

ベルパーソンは、「ベルボーイ」「ベルガール」「ポーター」などとも呼ばれ、ホテルに訪れるお客様をお迎えする重要な役割を担っています。

フロントからクローク、ロビー全体を見渡す必要があり、お客様の様子を広く観察する能力と臨機応変なおもてなしを求められる仕事です。そのため、ホテルマンが勤め始めてすぐの研修に取り入れられることも多いです。

今回は、そんなベルパーソンの仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。




ベルパーソンの仕事内容

ベルパーソンの仕事の基本は、お客様をお出迎えし、手荷物とともにお部屋へご案内することです。

でも、マニュアル通りに荷物を運ぶだけの仕事ではありません。

多くのお客様にとっては最も親しく会話することのできるホテルマンであり、ホテルの第一印象を決める大きな役割も担っています。

具体的な仕事内容は、次のようなものです。



●荷物運び、客室までのご案内

チェックインをすませたお客様を、お部屋までご案内します。

その際、お客様の手荷物をお預かりして運ぶのもベルパーソンの役割です。

大切な手荷物をお預かりするため、丁寧な対応と適切な取扱いが求められます。



●ホテル設備のご案内

お部屋までご案内する中で、ホテルの設備をご案内します。

非常口の場所や避難経路、レストランや大浴場などの場所をわかりやすく説明する必要があります。

お部屋に到着したら、空調の調節方法や、備え付けの電話の使い方、冷蔵庫やバーカウンターの説明なども必要に応じて行います。

また、周辺の観光スポットやショッピング施設についてお客様から質問を受ける場合もあります。その際はお客様の好みや滞在日程に応じたご案内をすることで、より喜んでいただけます。



●ロビーでのお客様対応

ロビーにいらっしゃるのは、宿泊のお客様だけではありません。レストランやブライダルなど宴会場をご利用の方もいらっしゃいます。

そうしたお客様に目を配り、適切な対応をするのもベルパーソンの仕事のひとつです。

ロビーで困っている様子のお客様や、ホテル内で迷っている様子のお客様に対して、迅速にお声がけすることでホテルの印象が良くなります。



その他、ドアパーソン(玄関でお客様を送迎する係)のサポートをしたり、お客様がチェックアウトする際にロビーまでご案内したりといったことも、ベルパーソンの業務です。




ベルパーソンに求められるスキル

さまざまなホテルの仕事の中でも、とくにお客様と接する機会の多いベルパーソン。お客様の笑顔を見ることができ、感謝の言葉やチップを受け取る機会も多い、やりがいのある仕事です。

そんなベルパーソンには、次のようなスキルが求められます。



●観察眼

ロビー全体を見渡し、お客様ひとりひとりのニーズを察して対応する必要があるため、鋭い観察眼と広い視野が求められます。



●臨機応変さ

お客様それぞれのニーズを察知したら、それを素早く実現させることが大切です。

とくに一気に到着されるツアーバスのお客様など、丁寧かつ迅速に、ときにはマニュアルを越えた対応が必要なこともあります。そんなときには、臨機応変さが求められます。



●体力

基本的に、ベルパーソンは常に動き回ってお客様対応を行う仕事です。

1日中重い荷物を運び続けることもありますし、動いていないときには立っている仕事でもあります。

男女ともに体力を求められる仕事です。



●ホスピタリティ

ベルパーソンに限らず、ホテルの仕事には「お客様に喜んでいただきたい」というおもてなし精神、ホスピタリティが不可欠です。

とくにたくさんのお客様と接するベルパーソンの場合、短時間の接客の中でひとりひとりのお客様に真心こめて接することが大切になります。



●語学力

最近では海外からのお客様も増えているため、ベルパーソンにも語学力が求められます。

採用の際、応募条件にTOEICの点数が掲げられることもあります。

ベルパーソンをめざす場合は、日常会話程度の語学力を身につけておくと良いでしょう。




ベルパーソンになるには?

ベルパーソンになるための必須資格はありません。

ベルパーソンの仕事に就くには、独学で勉強するというよりも、ホテル業界に直接就職する形で飛び込むか、もしくはホテル科、観光科などのある専門学校に通うのが主な方法です。


必須ではありませんが、役立つ資格はあります。

  • ホテル実務技能認定試験
  • サービス接遇実務検定
  • マナー・プロトコール検定
  • サービス介助士
  • TOEIC、中国語検定など、外国語の検定資格 など

こうした資格を取得することで、ベルパーソンの就職や実務に役立つケースが多いです。




東京YMCA国際ホテル専門学校では、これらの資格取得にも役立ちますし、体系的なホテル業務の知識を学ぶことができます。

ホテル実習など、実務に近い環境での授業も豊富です。

また、就職に関しても、ホテルとのパイプを活かした求人情報の案内やサポートなどを行っています。

専門学校では、同じ志を持つ仲間に出会うこともできます。もちろん講師や就職担当者など、好きな仕事をめざす方のための強力なサポート体制も整っています。

興味が湧いた方はぜひ、無料の資料請求やオープンキャンパスをご活用ください。

201907_hotel.jpeg

ホテルで働く「ベルパーソン」という仕事をご存知ですか?

ベルパーソンは、「ベルボーイ」「ベルガール」「ポーター」などとも呼ばれ、ホテルに訪れるお客様をお迎えする重要な役割を担っています。

フロントからクローク、ロビー全体を見渡す必要があり、お客様の様子を広く観察する能力と臨機応変なおもてなしを求められる仕事です。そのため、ホテルマンが勤め始めてすぐの研修に取り入れられることも多いです。

今回は、そんなベルパーソンの仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。




ベルパーソンの仕事内容

ベルパーソンの仕事の基本は、お客様をお出迎えし、手荷物とともにお部屋へご案内することです。

でも、マニュアル通りに荷物を運ぶだけの仕事ではありません。

多くのお客様にとっては最も親しく会話することのできるホテルマンであり、ホテルの第一印象を決める大きな役割も担っています。

具体的な仕事内容は、次のようなものです。



●荷物運び、客室までのご案内

チェックインをすませたお客様を、お部屋までご案内します。

その際、お客様の手荷物をお預かりして運ぶのもベルパーソンの役割です。

大切な手荷物をお預かりするため、丁寧な対応と適切な取扱いが求められます。



●ホテル設備のご案内

お部屋までご案内する中で、ホテルの設備をご案内します。

非常口の場所や避難経路、レストランや大浴場などの場所をわかりやすく説明する必要があります。

お部屋に到着したら、空調の調節方法や、備え付けの電話の使い方、冷蔵庫やバーカウンターの説明なども必要に応じて行います。

また、周辺の観光スポットやショッピング施設についてお客様から質問を受ける場合もあります。その際はお客様の好みや滞在日程に応じたご案内をすることで、より喜んでいただけます。



●ロビーでのお客様対応

ロビーにいらっしゃるのは、宿泊のお客様だけではありません。レストランやブライダルなど宴会場をご利用の方もいらっしゃいます。

そうしたお客様に目を配り、適切な対応をするのもベルパーソンの仕事のひとつです。

ロビーで困っている様子のお客様や、ホテル内で迷っている様子のお客様に対して、迅速にお声がけすることでホテルの印象が良くなります。



その他、ドアパーソン(玄関でお客様を送迎する係)のサポートをしたり、お客様がチェックアウトする際にロビーまでご案内したりといったことも、ベルパーソンの業務です。




ベルパーソンに求められるスキル

さまざまなホテルの仕事の中でも、とくにお客様と接する機会の多いベルパーソン。お客様の笑顔を見ることができ、感謝の言葉やチップを受け取る機会も多い、やりがいのある仕事です。

そんなベルパーソンには、次のようなスキルが求められます。



●観察眼

ロビー全体を見渡し、お客様ひとりひとりのニーズを察して対応する必要があるため、鋭い観察眼と広い視野が求められます。



●臨機応変さ

お客様それぞれのニーズを察知したら、それを素早く実現させることが大切です。

とくに一気に到着されるツアーバスのお客様など、丁寧かつ迅速に、ときにはマニュアルを越えた対応が必要なこともあります。そんなときには、臨機応変さが求められます。



●体力

基本的に、ベルパーソンは常に動き回ってお客様対応を行う仕事です。

1日中重い荷物を運び続けることもありますし、動いていないときには立っている仕事でもあります。

男女ともに体力を求められる仕事です。



●ホスピタリティ

ベルパーソンに限らず、ホテルの仕事には「お客様に喜んでいただきたい」というおもてなし精神、ホスピタリティが不可欠です。

とくにたくさんのお客様と接するベルパーソンの場合、短時間の接客の中でひとりひとりのお客様に真心こめて接することが大切になります。



●語学力

最近では海外からのお客様も増えているため、ベルパーソンにも語学力が求められます。

採用の際、応募条件にTOEICの点数が掲げられることもあります。

ベルパーソンをめざす場合は、日常会話程度の語学力を身につけておくと良いでしょう。




ベルパーソンになるには?

ベルパーソンになるための必須資格はありません。

ベルパーソンの仕事に就くには、独学で勉強するというよりも、ホテル業界に直接就職する形で飛び込むか、もしくはホテル科、観光科などのある専門学校に通うのが主な方法です。


必須ではありませんが、役立つ資格はあります。

  • ホテル実務技能認定試験
  • サービス接遇実務検定
  • マナー・プロトコール検定
  • サービス介助士
  • TOEIC、中国語検定など、外国語の検定資格 など

こうした資格を取得することで、ベルパーソンの就職や実務に役立つケースが多いです。




東京YMCA国際ホテル専門学校では、これらの資格取得にも役立ちますし、体系的なホテル業務の知識を学ぶことができます。

ホテル実習など、実務に近い環境での授業も豊富です。

また、就職に関しても、ホテルとのパイプを活かした求人情報の案内やサポートなどを行っています。

専門学校では、同じ志を持つ仲間に出会うこともできます。もちろん講師や就職担当者など、好きな仕事をめざす方のための強力なサポート体制も整っています。

興味が湧いた方はぜひ、無料の資料請求やオープンキャンパスをご活用ください。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学