ブライダル関連のお仕事に役立つ資格や検定を紹介します

ブライダルにまつわる花形職種といえば、ウェディングプランナー。ウェディングプロデューサー、ブライダルコーディネーターなどさまざまな呼び方をされますが、いずれにせよ結婚式というハレの日をつつがなく進行し、素晴らしい思い出に残るよう演出・管理するのが仕事です。 憧れの職業ウェディングプランナーを目指す人のために、就職や実際の業務に役立つさまざまな資格をご紹介します。

ホスピタリティとは

日本ホスピタリティ推進協会によると「ホスピタリティとは接客・接遇の場面だけで発揮されるものではなく、人と人、人とモノ、人と社会、人と自然などの関わりにおいて具現化されるものである」とされています。 広い意味では人と人だけにとどまらず、社会や自然などのかかわりも含まれています。 狭い意味では、主に接客や接遇の場面で行われる心からのおもてなしを指します。


IWPA ウェディングプランナー日本資格

IWPA国際ウエディングプランナー協会は、イギリスにあるウェディング協会「IWPA UK」の姉妹組織として日本で設立されました。発足の目的の一つとして、結婚式場に所属しているウェディングプランナーはもちろん、フリーランスのウェディングプランナーを養成し、そのビジネスをサポートし、ウェディングプランナー全体の地位向上を目指すことが挙げられています。 その一環として行っているのが「ウェディングプランナー日本資格」の認定です。こちらもブライダル業界を目指す人なら誰でも受験が可能ですが、協会側が設定している対象者はあくまでも「ウェディングプランナーとしての現場経験を持つ人」です。ABC協会認定の「ブライダルプランナー検定」よりも難易度はやや高く、また、より実践的な内容になっています。

このため、「ウェディングプランナー日本資格」を受験する前に、同じIWPAが内閣府認可(財)職業技能振興会と共催で行っている「ウェディングプランナー2級」という試験の合格を目指すことが公式に推奨されています。

IFDA認定ウェディングプロデューサー資格(WPP)

IFDA(International Floral Design Association)はアメリカ・ニューヨークに拠点を持つ団体で、ブライダルの知識に関する「ウェディング・プロフェッショナライズ・プログラム(WPP)」という独自の認定資格を設けています。 この資格ではニューヨークやハワイなどの多彩なウェディングスタイルを学べることが特徴で、日本でも人気の認定資格の一つです。取得するには試験を受けるのではなく、IFDA認定校で専門講座を受講することが必須となります。講座修了者には全員にWPP資格が授与されます。


イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定(IBC検定)

BIA(日本ブライダル文化振興協会)が発行しているブライダル関連のライセンスのうち、初級のものです。この上のライセンスとしては「アシスタント・ブライダルコーディネーター検定資格」や「BIAブライダルコーディネーター資格」があります。 「イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定」は、ブライダルに関する基礎知識とスキルを審査・認定するためのものです。ブライダル業界を目指す学生や異業種からの転職を目指す社会人が対象で、筆記試験と技能試験が行われます。

受験するためには、BIAの認定した指定校にて所定の単位を履修する必要があります。ブライダルの歴史、ブライダル市場の現状分析、結婚式・披露宴の演出や進行、新郎新婦へのヒアリング能力など、さまざまな知識とスキルが求められます。


ウェディングプランナー資格(JADP)

JADP(一般財団法人日本能力開発推進協会)が発行している検定資格です。ブライダルにまつわる実際の業務に必要な知識や技能を審査し、ウェディングプランナーの職業能力や地位向上を目的としています。

受験するにはJADPの認定教育機関等にて、教育課程を全カリキュラム修了することが必須です。ブライダルの歴史や慣習についての知識、職務についての知識、接客スキルなどのノウハウ・スキルが求められます。


イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定(IBC検定)

BIA(日本ブライダル文化振興協会)が発行しているブライダル関連のライセンスのうち、初級のものです。この上のライセンスとしては「アシスタント・ブライダルコーディネーター検定資格」や「BIAブライダルコーディネーター資格」があります。 「イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定」は、ブライダルに関する基礎知識とスキルを審査・認定するためのものです。ブライダル業界を目指す学生や異業種からの転職を目指す社会人が対象で、筆記試験と技能試験が行われます。

受験するためには、BIAの認定した指定校にて所定の単位を履修する必要があります。ブライダルの歴史、ブライダル市場の現状分析、結婚式・披露宴の演出や進行、新郎新婦へのヒアリング能力など、さまざまな知識とスキルが求められます。


まとめ

他にもブライダル関連の資格はたくさんあります。また多様な能力が求められるウェディングプランナーの仕事では、語学関連、色彩関連、フラワーデザイン、ヘアメイクやネイル関連など、さまざまな知識と資格が役立ちます。 とくに業界未経験者にとっては、就職シーンにおいても実際の業務においても、資格が強い味方となってくれるでしょう。 東京YMCA国際ホテル専門学校では、基礎学習からホテルで行う実習まで、ブライダルの現場で働きたい人にもぴったりなカリキュラムをご用意しています。

興味を持たれた方はぜひ、無料の資料請求をこちらからご利用ください。

ブライダルにまつわる花形職種といえば、ウェディングプランナー。ウェディングプロデューサー、ブライダルコーディネーターなどさまざまな呼び方をされますが、いずれにせよ結婚式というハレの日をつつがなく進行し、素晴らしい思い出に残るよう演出・管理するのが仕事です。 憧れの職業ウェディングプランナーを目指す人のために、就職や実際の業務に役立つさまざまな資格をご紹介します。

ホスピタリティとは

日本ホスピタリティ推進協会によると「ホスピタリティとは接客・接遇の場面だけで発揮されるものではなく、人と人、人とモノ、人と社会、人と自然などの関わりにおいて具現化されるものである」とされています。 広い意味では人と人だけにとどまらず、社会や自然などのかかわりも含まれています。 狭い意味では、主に接客や接遇の場面で行われる心からのおもてなしを指します。


IWPA ウェディングプランナー日本資格

IWPA国際ウエディングプランナー協会は、イギリスにあるウェディング協会「IWPA UK」の姉妹組織として日本で設立されました。発足の目的の一つとして、結婚式場に所属しているウェディングプランナーはもちろん、フリーランスのウェディングプランナーを養成し、そのビジネスをサポートし、ウェディングプランナー全体の地位向上を目指すことが挙げられています。 その一環として行っているのが「ウェディングプランナー日本資格」の認定です。こちらもブライダル業界を目指す人なら誰でも受験が可能ですが、協会側が設定している対象者はあくまでも「ウェディングプランナーとしての現場経験を持つ人」です。ABC協会認定の「ブライダルプランナー検定」よりも難易度はやや高く、また、より実践的な内容になっています。

このため、「ウェディングプランナー日本資格」を受験する前に、同じIWPAが内閣府認可(財)職業技能振興会と共催で行っている「ウェディングプランナー2級」という試験の合格を目指すことが公式に推奨されています。

IFDA認定ウェディングプロデューサー資格(WPP)

IFDA(International Floral Design Association)はアメリカ・ニューヨークに拠点を持つ団体で、ブライダルの知識に関する「ウェディング・プロフェッショナライズ・プログラム(WPP)」という独自の認定資格を設けています。 この資格ではニューヨークやハワイなどの多彩なウェディングスタイルを学べることが特徴で、日本でも人気の認定資格の一つです。取得するには試験を受けるのではなく、IFDA認定校で専門講座を受講することが必須となります。講座修了者には全員にWPP資格が授与されます。


イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定(IBC検定)

BIA(日本ブライダル文化振興協会)が発行しているブライダル関連のライセンスのうち、初級のものです。この上のライセンスとしては「アシスタント・ブライダルコーディネーター検定資格」や「BIAブライダルコーディネーター資格」があります。 「イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定」は、ブライダルに関する基礎知識とスキルを審査・認定するためのものです。ブライダル業界を目指す学生や異業種からの転職を目指す社会人が対象で、筆記試験と技能試験が行われます。

受験するためには、BIAの認定した指定校にて所定の単位を履修する必要があります。ブライダルの歴史、ブライダル市場の現状分析、結婚式・披露宴の演出や進行、新郎新婦へのヒアリング能力など、さまざまな知識とスキルが求められます。


ウェディングプランナー資格(JADP)

JADP(一般財団法人日本能力開発推進協会)が発行している検定資格です。ブライダルにまつわる実際の業務に必要な知識や技能を審査し、ウェディングプランナーの職業能力や地位向上を目的としています。

受験するにはJADPの認定教育機関等にて、教育課程を全カリキュラム修了することが必須です。ブライダルの歴史や慣習についての知識、職務についての知識、接客スキルなどのノウハウ・スキルが求められます。


イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定(IBC検定)

BIA(日本ブライダル文化振興協会)が発行しているブライダル関連のライセンスのうち、初級のものです。この上のライセンスとしては「アシスタント・ブライダルコーディネーター検定資格」や「BIAブライダルコーディネーター資格」があります。 「イントロダクション・トゥ・ザ・ブライダルコーディネーター検定」は、ブライダルに関する基礎知識とスキルを審査・認定するためのものです。ブライダル業界を目指す学生や異業種からの転職を目指す社会人が対象で、筆記試験と技能試験が行われます。

受験するためには、BIAの認定した指定校にて所定の単位を履修する必要があります。ブライダルの歴史、ブライダル市場の現状分析、結婚式・披露宴の演出や進行、新郎新婦へのヒアリング能力など、さまざまな知識とスキルが求められます。


まとめ

他にもブライダル関連の資格はたくさんあります。また多様な能力が求められるウェディングプランナーの仕事では、語学関連、色彩関連、フラワーデザイン、ヘアメイクやネイル関連など、さまざまな知識と資格が役立ちます。 とくに業界未経験者にとっては、就職シーンにおいても実際の業務においても、資格が強い味方となってくれるでしょう。 東京YMCA国際ホテル専門学校では、基礎学習からホテルで行う実習まで、ブライダルの現場で働きたい人にもぴったりなカリキュラムをご用意しています。

興味を持たれた方はぜひ、無料の資料請求をこちらからご利用ください。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学