バチェラーパーティーとはどんなもの?日本で楽しむ際のポイント

1248613_s.jpg

「バチェラーパーティー」という言葉をご存知ですか? ドラマや映画の影響もあり、最近目にする機会が増えている言葉です。


欧米で生まれたバチェラーパーティーは、ちょっとユニークな「結婚式の前祝い」として、日本でも注目され始めています。実際に取り入れる人は、今後ますます増えていくでしょう。


この記事では、話題の「バチェラーパーティー」とは何か、どんな楽しみ方があるのかについて、分かりやすく解説します。


また、お酒の失敗などで後悔しないよう、「日本で行う際の注意点」についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。




バチェラーパーティーとは?

バチェラーパーティーとは、結婚を控えた男性(新郎)が「独身最後の夜」を友人たちと楽しむパーティーのこと。参加者は男性のみで、幹事は新郎と最も親しい友人が勤めるのが一般的です。


アメリカやカナダ、イギリスなどの国では非常にポピュラーな習慣で、広く行われています(イギリスでは「スタッグパーティー」と呼ばれています)。


バチェラー(bachelor)とは、英語で「未婚男性、独身男性」のこと。独身最後の思い出に、気の置けない友人たちが集まり、結婚後は実行が難しそうな遊びをしてお祝いしよう、というパーティーです。


海外では、新郎の親友が「ベストマン」と呼ばれるサポート役を務め、結婚式まで新郎を手助けするのが一般的です。バチェラーパーティーの企画や幹事も、多くの場合ベストマンが引き受けます。


ちなみに、花嫁の側にも、よく似た「バチェロレッテパーティー」という習慣があります。バチェロレッテ(bachelorette)とは「未婚(かつ一人暮らし)の女性」という意味で、こちらは花嫁(新婦)とその女友達が集まるパーティーです。




バチェラーパーティーでは何をする?

バチェラーパーティーの楽しみ方は、人によってさまざまです。本場アメリカなどでは、次のようなプランが多く取り入れられています。



とことん飲み明かす

「バーやパブなどに集まって、夜通し飲み明かす」というスタイルは、バチェラーパーティーの定番です。気兼ねの要らない友人同士でお酒を酌み交わしながら、ときにはゲームで盛り上がり、ときにはじっくり人生について語り合う、といった時間を楽しみます。



ホームパーティー

どんな話題も気兼ねなくできる、自宅でのパーティーも人気です。美味しい料理を作ったり、持ち寄ったり、とっておきのボトルを開けてお酒を味わったりします。



カジノで楽しむ

海外のバチェラーパーティーでは、みんなでカジノに繰り出すこともあります。カジノが許可されている国では、独身最後に「自由になるお金で賭け事を楽しみたい」と感じる人も多いのでしょう。



リムジンや船を貸し切る

普段なかなか乗れないリムジンや船を貸し切って、一夜限りの豪華クルーズを楽しむケースも見られます。「非日常」な空間を味わえるのがポイントで、このプランは日本でもじわじわと人気が高まりつつあります。



新郎の趣味を思いきり楽しむ

新郎の趣味、たとえば、釣り、ドライブ、ツーリング、バーベキュー、キャンプ、サバイバルゲーム、スポーツなどを、友人みんなで楽しみます。主役である新郎にとっては、格別楽しい時間になりそうですね。



大人の遊びに興じる

海外では、ストリップショーやキャバレーに行くなど、セクシーな大人の遊びに興じることもあります。これは、「独身最後」ということで、ちょっとくらい大胆なことをしても大目に見てもらえる......という考え方が、ある程度浸透しているためです。


ただし、やはり羽目を外しすぎれば顰蹙を買いますし、また、セクシーな遊びをするのであれば「花嫁には行き先を知らせない」といった配慮が必要とされています。




日本の文化に合わせて楽しむポイント

このように、たくさんの楽しみ方があるバチェラーパーティー。ただし、中には「習慣が根付いている海外だからこそできる」という楽しみ方もあります。


たとえば、海外では「結婚式前夜に飲み明かす」といった過ごし方もポピュラーですが、日本では、新郎がこうした過ごし方をする文化が根付いていません。


また、海外の結婚式では親族や友人(ベストマンやブライズメイド)が式の準備を手伝ってくれるケースが多いのですが、日本にはその習慣がありません。


式の直前は、新郎新婦にとって最も忙しくなる時期です。そんなときに夜通しお酒を飲む会を開催すれば、新婦を悲しませることになったり、二日酔いで式を台無しにしてしまったりする可能性もあります。


バチェラーパーティーを日本で取り入れるためには、日本の文化に適した形で行うことが大切です。具体的にはどんなことに注意したら良いのか、ポイントを見ていきましょう。



タイミングは「式前夜」にこだわらない

前述のとおり、結婚式の直前は、新郎新婦にとって最も忙しい時期です。また、ゲストである友人たちにとっても、ピンポイントで2日連続の日程は、やや押さえにくいのではないでしょうか。


そこでオススメなのが、式の数日前〜1ヶ月前を目安に、全員の都合が合う日程で行うことです。パーティーの目的はみんなで楽しむこと。無理に「結婚式前夜」にこだわらず、新郎とゲストが気兼ねなく楽しめる日を選びましょう。



花嫁に配慮する

バチェラーパーティーの習慣は、日本ではまだ一般的とは言えません。海外では大目に見てもらえるスタイルでも、日本で行えば、花嫁やその親族に不信感を持たれてしまうこともあります。


とくに「へべれけになるほどお酒を飲む」「セクシーな遊びに興じる」といった楽しみ方は、顰蹙を買い、信用を失う可能性が高いです。結婚が台無しになってしまっては本末転倒ですので、バチェラーパーティーを企画する際は、花嫁とその親族に充分配慮した内容を考えましょう。



ハプニングに注意する

バチェラーパーティーの失敗談として多いのは、やはりお酒絡みのハプニングです。海外・日本を問わず、「お酒を飲みすぎて結婚式に遅刻した」「酔っ払って帰って新婦と喧嘩した」といった失敗談は絶えません。


また、「趣味のスポーツで張り切りすぎて怪我をした」「結婚式前夜に旅行に出たら台風に見舞われ、帰れなくなってしまった」など、思わぬハプニングによる失敗談は数多くあります。


結婚式は、一生に一度の晴れ舞台。新郎の幸せな式を成功させるためにも、ハプニングにできる限り留意し、節度を持った企画を心がけていきましょう!

1248613_s.jpg

「バチェラーパーティー」という言葉をご存知ですか? ドラマや映画の影響もあり、最近目にする機会が増えている言葉です。


欧米で生まれたバチェラーパーティーは、ちょっとユニークな「結婚式の前祝い」として、日本でも注目され始めています。実際に取り入れる人は、今後ますます増えていくでしょう。


この記事では、話題の「バチェラーパーティー」とは何か、どんな楽しみ方があるのかについて、分かりやすく解説します。


また、お酒の失敗などで後悔しないよう、「日本で行う際の注意点」についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。




バチェラーパーティーとは?

バチェラーパーティーとは、結婚を控えた男性(新郎)が「独身最後の夜」を友人たちと楽しむパーティーのこと。参加者は男性のみで、幹事は新郎と最も親しい友人が勤めるのが一般的です。


アメリカやカナダ、イギリスなどの国では非常にポピュラーな習慣で、広く行われています(イギリスでは「スタッグパーティー」と呼ばれています)。


バチェラー(bachelor)とは、英語で「未婚男性、独身男性」のこと。独身最後の思い出に、気の置けない友人たちが集まり、結婚後は実行が難しそうな遊びをしてお祝いしよう、というパーティーです。


海外では、新郎の親友が「ベストマン」と呼ばれるサポート役を務め、結婚式まで新郎を手助けするのが一般的です。バチェラーパーティーの企画や幹事も、多くの場合ベストマンが引き受けます。


ちなみに、花嫁の側にも、よく似た「バチェロレッテパーティー」という習慣があります。バチェロレッテ(bachelorette)とは「未婚(かつ一人暮らし)の女性」という意味で、こちらは花嫁(新婦)とその女友達が集まるパーティーです。




バチェラーパーティーでは何をする?

バチェラーパーティーの楽しみ方は、人によってさまざまです。本場アメリカなどでは、次のようなプランが多く取り入れられています。



とことん飲み明かす

「バーやパブなどに集まって、夜通し飲み明かす」というスタイルは、バチェラーパーティーの定番です。気兼ねの要らない友人同士でお酒を酌み交わしながら、ときにはゲームで盛り上がり、ときにはじっくり人生について語り合う、といった時間を楽しみます。



ホームパーティー

どんな話題も気兼ねなくできる、自宅でのパーティーも人気です。美味しい料理を作ったり、持ち寄ったり、とっておきのボトルを開けてお酒を味わったりします。



カジノで楽しむ

海外のバチェラーパーティーでは、みんなでカジノに繰り出すこともあります。カジノが許可されている国では、独身最後に「自由になるお金で賭け事を楽しみたい」と感じる人も多いのでしょう。



リムジンや船を貸し切る

普段なかなか乗れないリムジンや船を貸し切って、一夜限りの豪華クルーズを楽しむケースも見られます。「非日常」な空間を味わえるのがポイントで、このプランは日本でもじわじわと人気が高まりつつあります。



新郎の趣味を思いきり楽しむ

新郎の趣味、たとえば、釣り、ドライブ、ツーリング、バーベキュー、キャンプ、サバイバルゲーム、スポーツなどを、友人みんなで楽しみます。主役である新郎にとっては、格別楽しい時間になりそうですね。



大人の遊びに興じる

海外では、ストリップショーやキャバレーに行くなど、セクシーな大人の遊びに興じることもあります。これは、「独身最後」ということで、ちょっとくらい大胆なことをしても大目に見てもらえる......という考え方が、ある程度浸透しているためです。


ただし、やはり羽目を外しすぎれば顰蹙を買いますし、また、セクシーな遊びをするのであれば「花嫁には行き先を知らせない」といった配慮が必要とされています。




日本の文化に合わせて楽しむポイント

このように、たくさんの楽しみ方があるバチェラーパーティー。ただし、中には「習慣が根付いている海外だからこそできる」という楽しみ方もあります。


たとえば、海外では「結婚式前夜に飲み明かす」といった過ごし方もポピュラーですが、日本では、新郎がこうした過ごし方をする文化が根付いていません。


また、海外の結婚式では親族や友人(ベストマンやブライズメイド)が式の準備を手伝ってくれるケースが多いのですが、日本にはその習慣がありません。


式の直前は、新郎新婦にとって最も忙しくなる時期です。そんなときに夜通しお酒を飲む会を開催すれば、新婦を悲しませることになったり、二日酔いで式を台無しにしてしまったりする可能性もあります。


バチェラーパーティーを日本で取り入れるためには、日本の文化に適した形で行うことが大切です。具体的にはどんなことに注意したら良いのか、ポイントを見ていきましょう。



タイミングは「式前夜」にこだわらない

前述のとおり、結婚式の直前は、新郎新婦にとって最も忙しい時期です。また、ゲストである友人たちにとっても、ピンポイントで2日連続の日程は、やや押さえにくいのではないでしょうか。


そこでオススメなのが、式の数日前〜1ヶ月前を目安に、全員の都合が合う日程で行うことです。パーティーの目的はみんなで楽しむこと。無理に「結婚式前夜」にこだわらず、新郎とゲストが気兼ねなく楽しめる日を選びましょう。



花嫁に配慮する

バチェラーパーティーの習慣は、日本ではまだ一般的とは言えません。海外では大目に見てもらえるスタイルでも、日本で行えば、花嫁やその親族に不信感を持たれてしまうこともあります。


とくに「へべれけになるほどお酒を飲む」「セクシーな遊びに興じる」といった楽しみ方は、顰蹙を買い、信用を失う可能性が高いです。結婚が台無しになってしまっては本末転倒ですので、バチェラーパーティーを企画する際は、花嫁とその親族に充分配慮した内容を考えましょう。



ハプニングに注意する

バチェラーパーティーの失敗談として多いのは、やはりお酒絡みのハプニングです。海外・日本を問わず、「お酒を飲みすぎて結婚式に遅刻した」「酔っ払って帰って新婦と喧嘩した」といった失敗談は絶えません。


また、「趣味のスポーツで張り切りすぎて怪我をした」「結婚式前夜に旅行に出たら台風に見舞われ、帰れなくなってしまった」など、思わぬハプニングによる失敗談は数多くあります。


結婚式は、一生に一度の晴れ舞台。新郎の幸せな式を成功させるためにも、ハプニングにできる限り留意し、節度を持った企画を心がけていきましょう!

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学