ホテルのレセプショニストとは?仕事内容、やりがい、求められるスキルを紹介

4247739_s.jpg

ホテルスタッフの仕事について調べていると、「レセプショニスト」という言葉を見かけるかと思います。どんな仕事なのだろう?と、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。


一般的に、「レセプショニスト」とは、ホテルやレストラン、劇場、病院、企業などさまざまな場において、お客様をお出迎えする人のこと。ホテルでは、フロントとレストランに配置されていることが多いです。


今回は、ホテルで働くレセプショニストについて、仕事内容、やりがい、求められるスキルを分かりやすくご紹介します。




ホテルのレセプショニストとは?

英語の「reception(レセプション)」には、歓迎、応接、接待といった意味があります。レセプショニストと呼ばれる仕事は、一般企業から病院、劇場と幅広い分野に存在しますが、その多くが「お客様を最初に出迎え、応接する業務」です。


ホテルの場合は、宿泊客を迎えるフロント係、もしくはレストランでお客様対応を行う係を指して「レセプショニスト(レセプション係)」と呼ぶことがあります。




レセプショニスト(ホテル)の仕事内容

フロントで働くレセプショニストは、通常「フロントレセプション」や「フロントクラーク」と呼ばれます。仕事内容としては、チェックイン業務やルームキーの管理、宿泊客からの要望・問い合わせ対応、電話対応などを行っています。


一方、レストランで働くレセプショニストは、お客様のお出迎え、席までのご案内、予約の管理(受付・変更など)、問い合わせ対応などを行います。


レセプショニストの役目は、言うなれば「お客様が心地よく過ごすための対応」に特化しています。この点は、一般的なフロント係や飲食店のフロア担当とはやや異なる、レセプショニストの特徴と言えるでしょう。




レセプショニストの仕事のやりがい

お客様にとって、レセプショニストはそのホテルやレストランの「顔」とも呼べる存在です。レセプショニストが満足度の高い接客を行うことで、ホテルやレストラン全体の印象も良いものになります。


ホテル、もしくはその中にあるレストランには、海外の方を含むさまざまなゲストが訪れます。文化の違いに触れたり、臨機応変な対応を求められたりすることもあるでしょう。


そうした環境で、常に「どうしたら満足していただけるか」と工夫を重ねていくことで、将来どんな部署に配属されても必ず役立つ、高水準の接客スキルを磨くことができます。


また、お客様から心のこもった「ありがとう」をいただく機会が多いのも、レセプショニストの仕事の特徴です。誰かの役に立つことや喜んでもらうことが好きな人にとっては、大きなやりがいを感じられるでしょう。




レセプショニストに求められるスキル

ホテルやレストランのレセプショニストには、次のようなスキルが求められます。



ホスピタリティとコミュニケーション能力

レセプショニストは、多くのお客様と接する仕事です。一人ひとりに心地よく過ごしていただくためには、ご要望を汲み取れるコミュニケーション能力が不可欠となります。


また、クレーム対応など厳しい意見に接する場面もあるでしょう。そんなときは、冷静に状況を見極めつつも、真摯に対応できるホスピタリティが求められます。



臨機応変な対応力

お客様の状況によっては、通常と異なる配慮が必要なケースもあります。たとえば、高齢者や妊婦、小さなお子様連れなど、たとえ混雑時であっても、長時間立ったままお待たせすることが適切でない場合もあるでしょう。


レセプショニストの仕事では、お客様がどうしたら心地よく過ごせるかを考えることが大切です。マニュアルを守るだけでなく、現場とお客様の状況を見ながら、臨機応変に対応できる力が求められます。



語学力、国際マナーについての知識

ホテルやホテル内のレストランには、海外からのゲストも多く訪れます。英語はもちろん、中国語や韓国語などの語学力を身に着けておくと、レセプショニストの仕事に大いに役立つでしょう。


また、国や文化が変われば、求められるマナーも大きく変わります。多様なお客様に心地よく過ごしていただくために、国際的なマナーや文化について日頃から学び、理解を深める姿勢が大切です。

4247739_s.jpg

ホテルスタッフの仕事について調べていると、「レセプショニスト」という言葉を見かけるかと思います。どんな仕事なのだろう?と、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。


一般的に、「レセプショニスト」とは、ホテルやレストラン、劇場、病院、企業などさまざまな場において、お客様をお出迎えする人のこと。ホテルでは、フロントとレストランに配置されていることが多いです。


今回は、ホテルで働くレセプショニストについて、仕事内容、やりがい、求められるスキルを分かりやすくご紹介します。




ホテルのレセプショニストとは?

英語の「reception(レセプション)」には、歓迎、応接、接待といった意味があります。レセプショニストと呼ばれる仕事は、一般企業から病院、劇場と幅広い分野に存在しますが、その多くが「お客様を最初に出迎え、応接する業務」です。


ホテルの場合は、宿泊客を迎えるフロント係、もしくはレストランでお客様対応を行う係を指して「レセプショニスト(レセプション係)」と呼ぶことがあります。




レセプショニスト(ホテル)の仕事内容

フロントで働くレセプショニストは、通常「フロントレセプション」や「フロントクラーク」と呼ばれます。仕事内容としては、チェックイン業務やルームキーの管理、宿泊客からの要望・問い合わせ対応、電話対応などを行っています。


一方、レストランで働くレセプショニストは、お客様のお出迎え、席までのご案内、予約の管理(受付・変更など)、問い合わせ対応などを行います。


レセプショニストの役目は、言うなれば「お客様が心地よく過ごすための対応」に特化しています。この点は、一般的なフロント係や飲食店のフロア担当とはやや異なる、レセプショニストの特徴と言えるでしょう。




レセプショニストの仕事のやりがい

お客様にとって、レセプショニストはそのホテルやレストランの「顔」とも呼べる存在です。レセプショニストが満足度の高い接客を行うことで、ホテルやレストラン全体の印象も良いものになります。


ホテル、もしくはその中にあるレストランには、海外の方を含むさまざまなゲストが訪れます。文化の違いに触れたり、臨機応変な対応を求められたりすることもあるでしょう。


そうした環境で、常に「どうしたら満足していただけるか」と工夫を重ねていくことで、将来どんな部署に配属されても必ず役立つ、高水準の接客スキルを磨くことができます。


また、お客様から心のこもった「ありがとう」をいただく機会が多いのも、レセプショニストの仕事の特徴です。誰かの役に立つことや喜んでもらうことが好きな人にとっては、大きなやりがいを感じられるでしょう。




レセプショニストに求められるスキル

ホテルやレストランのレセプショニストには、次のようなスキルが求められます。



ホスピタリティとコミュニケーション能力

レセプショニストは、多くのお客様と接する仕事です。一人ひとりに心地よく過ごしていただくためには、ご要望を汲み取れるコミュニケーション能力が不可欠となります。


また、クレーム対応など厳しい意見に接する場面もあるでしょう。そんなときは、冷静に状況を見極めつつも、真摯に対応できるホスピタリティが求められます。



臨機応変な対応力

お客様の状況によっては、通常と異なる配慮が必要なケースもあります。たとえば、高齢者や妊婦、小さなお子様連れなど、たとえ混雑時であっても、長時間立ったままお待たせすることが適切でない場合もあるでしょう。


レセプショニストの仕事では、お客様がどうしたら心地よく過ごせるかを考えることが大切です。マニュアルを守るだけでなく、現場とお客様の状況を見ながら、臨機応変に対応できる力が求められます。



語学力、国際マナーについての知識

ホテルやホテル内のレストランには、海外からのゲストも多く訪れます。英語はもちろん、中国語や韓国語などの語学力を身に着けておくと、レセプショニストの仕事に大いに役立つでしょう。


また、国や文化が変われば、求められるマナーも大きく変わります。多様なお客様に心地よく過ごしていただくために、国際的なマナーや文化について日頃から学び、理解を深める姿勢が大切です。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学