ホテルに欠かせない「ハウスキーピング」とは?仕事内容、スキルを紹介

2488779_s.jpg

ホテルに欠かせない仕事、「ハウスキーピング」を知っていますか?


ハウスキーピングとは、客室の清掃や整備を行い、ゲストが心地よく過ごせる状態に整える仕事のことです。


宿泊施設にとって、「客室」は何よりも重要な商品です。その商品を、ゲストに提供する手前でチェックし、最適な形に整える、非常に重要な仕事です。


この記事では、ホテルサービスの命とも言える「ハウスキーピングの仕事」について、分かりやすく紹介します。




「ハウスキーピング」の仕事内容

ホテルを利用するゲストにとって、客室で居心地よく過ごせるかどうかは、何よりも気になるポイントではないでしょうか。


ホテルの評価は、ゲストが快適に過ごせたかどうかで決まり、客室の状態の良し悪しは、ハウスキーピングの腕にかかっています。


ハウスキーピングの仕事は、ホテル最大の商品である「客室」の状態にダイレクトに関わります。「ホテルマンとして活躍したいなら、一度はハウスキーピングを経験すべき」と言われることがあるのは、このためです。


ハウスキーピングは、具体的に次のような仕事を行います。



客室の清掃

(浴室やトイレなどを含む)客室全体を清掃し、清潔で美しい状態に保ちます。



ベッドメイキング

シーツや枕カバーといったリネン類の交換を行い、ゲストが心地よく眠れるようにベッドメイキングを施します。



備品の交換・補充

タオル、ナイトウェア、アメニティ、ステーショナリー、ミニバーなどの備品をチェックし、交換・補充を行います。



ゲスト対応

ゲストから要望があれば、追加の寝具やアメニティを客室へ届けたり、延長コードや子供用便座、加湿器といった備品の貸し出しを行ったりします。


特にリピーターのお客さまには、これまでの要望や好みに合わせて、お部屋のセットをカスタマイズします。


また、ランドリーサービスを利用するゲストのために洗濯物を預かるケースや、「テレビが使えない」「お湯が出ない」といったトラブル対応を行うケースもあります。



このように、ハウスキーピングは清掃だけでなく、さまざまな仕事に携わっています(※ホテルによって仕事内容は異なります)。




「ハウスキーピング」のやりがいとメリット

ハウスキーピングは、ゲストの満足に直結する仕事です。自分がピカピカに磨き上げた客室を見て、ゲストが笑顔になる......それは、ホテルマンにとって何物にも代えがたい喜びと言えるでしょう。


また、ハウスキーピングで身につけた経験とスキルは、将来のキャリアにも役立ちます。


客室がどんな状態であればゲストに満足してもらえるのか、その状態を保つためにはどうしたら良いのか。こうしたことを肌で感じられるのが、ハウスキーピングの仕事です。


この感覚を磨くことができれば、プロフェッショナルとしてハウスキーピングの仕事を極める人はもちろん、ホテルの別の部署で活躍するためにも、役立つでしょう。


たとえば、フロント、広報、営業、運営など、どんな部門にも活かせる経験を得られます。




「ハウスキーピング」に求められるスキル

ハウスキーピングの仕事に求められるのは、次のようなスキルです。



几帳面さ

ホテルの客室は、細部までゲストに注目されます。清掃作業では、髪の毛一本、水滴の一粒も残さない技術と、僅かな部分にも妥協しない几帳面さが求められます。



スピード感

ハウスキーピングの仕事は、時間勝負です。ゲストがチェックアウトしてから、次のゲストがチェックインするまでの、非常に短い時間の中で、部屋全体を清掃・点検して整える必要があります。



のんびりマイペースに仕事がしたい人よりも、手早く淡々と作業できる人が求められます。



ホスピタリティ

客室を整える際、ホテルごとのマニュアルに従うことはもちろんですが、プラスアルファの気配りも大切です。


常に自分の中に、「こうすればゲストがもっと喜んでくれるかも」と想像するホスピタリティの精神を持てる人は、ハウスキーピングの仕事で活躍できます。

2488779_s.jpg

ホテルに欠かせない仕事、「ハウスキーピング」を知っていますか?


ハウスキーピングとは、客室の清掃や整備を行い、ゲストが心地よく過ごせる状態に整える仕事のことです。


宿泊施設にとって、「客室」は何よりも重要な商品です。その商品を、ゲストに提供する手前でチェックし、最適な形に整える、非常に重要な仕事です。


この記事では、ホテルサービスの命とも言える「ハウスキーピングの仕事」について、分かりやすく紹介します。




「ハウスキーピング」の仕事内容

ホテルを利用するゲストにとって、客室で居心地よく過ごせるかどうかは、何よりも気になるポイントではないでしょうか。


ホテルの評価は、ゲストが快適に過ごせたかどうかで決まり、客室の状態の良し悪しは、ハウスキーピングの腕にかかっています。


ハウスキーピングの仕事は、ホテル最大の商品である「客室」の状態にダイレクトに関わります。「ホテルマンとして活躍したいなら、一度はハウスキーピングを経験すべき」と言われることがあるのは、このためです。


ハウスキーピングは、具体的に次のような仕事を行います。



客室の清掃

(浴室やトイレなどを含む)客室全体を清掃し、清潔で美しい状態に保ちます。



ベッドメイキング

シーツや枕カバーといったリネン類の交換を行い、ゲストが心地よく眠れるようにベッドメイキングを施します。



備品の交換・補充

タオル、ナイトウェア、アメニティ、ステーショナリー、ミニバーなどの備品をチェックし、交換・補充を行います。



ゲスト対応

ゲストから要望があれば、追加の寝具やアメニティを客室へ届けたり、延長コードや子供用便座、加湿器といった備品の貸し出しを行ったりします。


特にリピーターのお客さまには、これまでの要望や好みに合わせて、お部屋のセットをカスタマイズします。


また、ランドリーサービスを利用するゲストのために洗濯物を預かるケースや、「テレビが使えない」「お湯が出ない」といったトラブル対応を行うケースもあります。



このように、ハウスキーピングは清掃だけでなく、さまざまな仕事に携わっています(※ホテルによって仕事内容は異なります)。




「ハウスキーピング」のやりがいとメリット

ハウスキーピングは、ゲストの満足に直結する仕事です。自分がピカピカに磨き上げた客室を見て、ゲストが笑顔になる......それは、ホテルマンにとって何物にも代えがたい喜びと言えるでしょう。


また、ハウスキーピングで身につけた経験とスキルは、将来のキャリアにも役立ちます。


客室がどんな状態であればゲストに満足してもらえるのか、その状態を保つためにはどうしたら良いのか。こうしたことを肌で感じられるのが、ハウスキーピングの仕事です。


この感覚を磨くことができれば、プロフェッショナルとしてハウスキーピングの仕事を極める人はもちろん、ホテルの別の部署で活躍するためにも、役立つでしょう。


たとえば、フロント、広報、営業、運営など、どんな部門にも活かせる経験を得られます。




「ハウスキーピング」に求められるスキル

ハウスキーピングの仕事に求められるのは、次のようなスキルです。



几帳面さ

ホテルの客室は、細部までゲストに注目されます。清掃作業では、髪の毛一本、水滴の一粒も残さない技術と、僅かな部分にも妥協しない几帳面さが求められます。



スピード感

ハウスキーピングの仕事は、時間勝負です。ゲストがチェックアウトしてから、次のゲストがチェックインするまでの、非常に短い時間の中で、部屋全体を清掃・点検して整える必要があります。



のんびりマイペースに仕事がしたい人よりも、手早く淡々と作業できる人が求められます。



ホスピタリティ

客室を整える際、ホテルごとのマニュアルに従うことはもちろんですが、プラスアルファの気配りも大切です。


常に自分の中に、「こうすればゲストがもっと喜んでくれるかも」と想像するホスピタリティの精神を持てる人は、ハウスキーピングの仕事で活躍できます。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学