オペレーターとは?気になる仕事内容と給料!

オペレーターという職業を知っていますか? あまり聞き慣れない職業かもしれません。でも実は、ホテルを利用する人もしない人も、私たちの誰もがお世話になる可能性のある職業なのです。 そんなオペレーターの仕事内容と給料についてご紹介します。

オペレーターの仕事内容

オペレーターとは、ホテルの電話の受信を担当するテレフォンオペレーターのことです。代表電話(外線)はもちろん、客室からの電話や各部署からの内線にも対応します。ときにはメールでのやりとりをすることもあります。 ホテルの予約や問合せをする際、お客さまが最初に接するのがオペレーターの声です。

ホテルの印象を決定づける職業であり、オペレーターの質が宿泊するかしないかの決め手になることも多々あります。忙しい業務の中にホスピタリティを要求される、重要な仕事です。

ホテルには、内外からひっきりなしに電話がかかってきます。その内容は多岐にわたるものです。例えば、次のような電話です。

◆代表電話への外線
(1)宿泊・レストランの予約。ブライダルの予約。宴会の予約。客室料金や利用方法についての問合せなど。
(2)ホテル内の各部署への問合せ。宿泊中のお客さまやレストラン利用中のお客さまへの取り次ぎやご伝言など。
(1)の場合、その場で直接対応できることもあれば、専門の各部署へ取り次ぐケースもあります。(2)の場合は、各部署へ取り次いだり、お客さまへのご伝言を預かったり、お部屋やレストランへ取り次ぐケースなどがあります。

◆客室からの電話
宿泊中のお客さまからの要望や問合せ。ルームサービスのオーダー。モーニングコールの依頼(モーニングコールそのものもオペレーターの仕事に含まれることが多いです)。客室掃除係などホテル従業員からの連絡、伝言など。
お客さまからの要望や問合せはさまざまです。「◯時〜◯時までは電話を取り次がないでほしい」「明日の朝、バスが何時に出るのか知りたい」といった一般的なものもありますが、中には不満を感じてお電話されるケースもあります。失礼のないよう、またお客さまが満足できる結果を導けるよう対応する必要があります。

◆各部署からの内線
「◯◯さまからお電話があったら、△部の□□に繋いでほしい」といった外線に関係する業務連絡。「◯号室のお客さまには電話の取り次ぎNG」といったお客さまのための伝達事項。他、業務に必要な伝言など。

このように、オペレーターは日々さまざまな電話に対応しています。

オペレーターに求められるスキル

電話口で求められる多彩な用件。それぞれに的確に対応するためには、さまざまなスキルが必要です。

◆スピード感
たくさんの電話を少人数で対応するため、適格な判断力が求められます。電話をかけてきたお客さまを待たせないことがこの仕事では重要です。問合せに満足のいく回答を伝えるだけでなく、必要な部署や客室へいかに素早く取り次げるかがお客さまの満足にも関わります。


◆臨機応変さ
電話の内容はさまざまです。それぞれの用件に適切な回答や取り次ぐ部署を判断し、素早く対応することが求められます。それはマニュアルに沿って行えばできるというものではなく、臨機応変な対応力が必要です。


◆適切な声と話し方
上品でありながらはっきりと聞こえる声、滑舌の良さ、美しい話し方などが求められます。


◆語学力
国内だけでなく、海外からの電話を受信することも多々あります。ネイティブレベルの日本語力はもちろん、英語や中国語などに関してビジネスレベルの語学力が求められます。


◆自己管理能力、自制心
声が命の職業です。「風邪をひいて声が出ない」「お酒を飲み過ぎて声がガラガラ」といった状態では仕事ができません。人間ですからときには体調を崩すこともありますが、可能な限りそれを避ける自己管理能力が必要です。またプライベートで悩みがあっても、それを声の調子に出してしまってはいけません。仕事中はあくまでもはきはきと明るい声で受け答えできる自制心も大切です。


◆ホスピタリティ
電話の向こうのお客さまに対して「どうすればご満足いただけるだろうか?」と考え、素早く臨機応変な対応をすることが重要です。お客さまを第一に考えられるホスピタリティが求められます。


◆チームワーク
同じ外線番号にかかってくるさまざまな用件を、チームで協力し合って対応することもあります。同じ仕事をしている仲間、さらに他の部署の従業員とのチームワークが必要です。

オペレーターの平均給与について

オペレーターは多くの場合、正社員もしくは派遣社員やアルバイトの形で雇用されます。 契約社員やアルバイトの場合は時給制であるケースが多く、平均時給は1000円〜1500円くらいです。

正社員の場合、給料は勤務先ホテルの規定に準じます。一般的なホテルスタッフの平均は、月収20〜25万円(年収300〜400万円)前後です。上場している高級ホテルや大手ホテルの場合、従業員の平均月収50万円前後(年収700〜800万円前後)というケースも見られます。

オペレーターの初任給について

オペレーターの初任給の相場は、新卒者の場合は月収17〜20万円前後です。国内外への転勤を含む契約の場合、月1〜2万円ほど額が上がる場合もあります。

転職者の場合は、この限りではありません。経験、能力、年齢、前職での給与などが考慮されます。オペレーターの仕事そのものは未経験でも、例えばフロントなどの業務経験者であれば優遇されることもあります。

オペレーターの年代別給与について

オペレーターの年代別給与は、ホテルスタッフ全体の平均値に準じます。目安は以下のとおりです。

20代...月収17〜22万円
30代...月収23〜30万円


上場している高級ホテルや大手ホテルでは、30代で年収350〜500万円程度、40代で500〜600万円程度になるケースもあります。

オペレーターの昇給について

年1回の人事評価に従い、会社規定により昇給することがほとんどです。
仕事の性質上、突然に大幅な昇給・昇進をするケースは少ないといえます。しかし裏返して考えると、誰もが驚くような目立ったことをする必要はないということです。自分の領域でコツコツと経験を積み重ねていけば、定期的にランクアップしていける仕事です。

大幅な給与アップを望む場合は、経験を積んでから、より条件の合うホテルに転職するという手もあります。

オペレーターという職業を知っていますか? あまり聞き慣れない職業かもしれません。でも実は、ホテルを利用する人もしない人も、私たちの誰もがお世話になる可能性のある職業なのです。 そんなオペレーターの仕事内容と給料についてご紹介します。

オペレーターの仕事内容

オペレーターとは、ホテルの電話の受信を担当するテレフォンオペレーターのことです。代表電話(外線)はもちろん、客室からの電話や各部署からの内線にも対応します。ときにはメールでのやりとりをすることもあります。 ホテルの予約や問合せをする際、お客さまが最初に接するのがオペレーターの声です。

ホテルの印象を決定づける職業であり、オペレーターの質が宿泊するかしないかの決め手になることも多々あります。忙しい業務の中にホスピタリティを要求される、重要な仕事です。

ホテルには、内外からひっきりなしに電話がかかってきます。その内容は多岐にわたるものです。例えば、次のような電話です。

◆代表電話への外線
(1)宿泊・レストランの予約。ブライダルの予約。宴会の予約。客室料金や利用方法についての問合せなど。
(2)ホテル内の各部署への問合せ。宿泊中のお客さまやレストラン利用中のお客さまへの取り次ぎやご伝言など。
(1)の場合、その場で直接対応できることもあれば、専門の各部署へ取り次ぐケースもあります。(2)の場合は、各部署へ取り次いだり、お客さまへのご伝言を預かったり、お部屋やレストランへ取り次ぐケースなどがあります。

◆客室からの電話
宿泊中のお客さまからの要望や問合せ。ルームサービスのオーダー。モーニングコールの依頼(モーニングコールそのものもオペレーターの仕事に含まれることが多いです)。客室掃除係などホテル従業員からの連絡、伝言など。
お客さまからの要望や問合せはさまざまです。「◯時〜◯時までは電話を取り次がないでほしい」「明日の朝、バスが何時に出るのか知りたい」といった一般的なものもありますが、中には不満を感じてお電話されるケースもあります。失礼のないよう、またお客さまが満足できる結果を導けるよう対応する必要があります。

◆各部署からの内線
「◯◯さまからお電話があったら、△部の□□に繋いでほしい」といった外線に関係する業務連絡。「◯号室のお客さまには電話の取り次ぎNG」といったお客さまのための伝達事項。他、業務に必要な伝言など。

このように、オペレーターは日々さまざまな電話に対応しています。

オペレーターに求められるスキル

電話口で求められる多彩な用件。それぞれに的確に対応するためには、さまざまなスキルが必要です。

◆スピード感
たくさんの電話を少人数で対応するため、適格な判断力が求められます。電話をかけてきたお客さまを待たせないことがこの仕事では重要です。問合せに満足のいく回答を伝えるだけでなく、必要な部署や客室へいかに素早く取り次げるかがお客さまの満足にも関わります。


◆臨機応変さ
電話の内容はさまざまです。それぞれの用件に適切な回答や取り次ぐ部署を判断し、素早く対応することが求められます。それはマニュアルに沿って行えばできるというものではなく、臨機応変な対応力が必要です。


◆適切な声と話し方
上品でありながらはっきりと聞こえる声、滑舌の良さ、美しい話し方などが求められます。


◆語学力
国内だけでなく、海外からの電話を受信することも多々あります。ネイティブレベルの日本語力はもちろん、英語や中国語などに関してビジネスレベルの語学力が求められます。


◆自己管理能力、自制心
声が命の職業です。「風邪をひいて声が出ない」「お酒を飲み過ぎて声がガラガラ」といった状態では仕事ができません。人間ですからときには体調を崩すこともありますが、可能な限りそれを避ける自己管理能力が必要です。またプライベートで悩みがあっても、それを声の調子に出してしまってはいけません。仕事中はあくまでもはきはきと明るい声で受け答えできる自制心も大切です。


◆ホスピタリティ
電話の向こうのお客さまに対して「どうすればご満足いただけるだろうか?」と考え、素早く臨機応変な対応をすることが重要です。お客さまを第一に考えられるホスピタリティが求められます。


◆チームワーク
同じ外線番号にかかってくるさまざまな用件を、チームで協力し合って対応することもあります。同じ仕事をしている仲間、さらに他の部署の従業員とのチームワークが必要です。

オペレーターの平均給与について

オペレーターは多くの場合、正社員もしくは派遣社員やアルバイトの形で雇用されます。 契約社員やアルバイトの場合は時給制であるケースが多く、平均時給は1000円〜1500円くらいです。

正社員の場合、給料は勤務先ホテルの規定に準じます。一般的なホテルスタッフの平均は、月収20〜25万円(年収300〜400万円)前後です。上場している高級ホテルや大手ホテルの場合、従業員の平均月収50万円前後(年収700〜800万円前後)というケースも見られます。

オペレーターの初任給について

オペレーターの初任給の相場は、新卒者の場合は月収17〜20万円前後です。国内外への転勤を含む契約の場合、月1〜2万円ほど額が上がる場合もあります。

転職者の場合は、この限りではありません。経験、能力、年齢、前職での給与などが考慮されます。オペレーターの仕事そのものは未経験でも、例えばフロントなどの業務経験者であれば優遇されることもあります。

オペレーターの年代別給与について

オペレーターの年代別給与は、ホテルスタッフ全体の平均値に準じます。目安は以下のとおりです。

20代...月収17〜22万円
30代...月収23〜30万円


上場している高級ホテルや大手ホテルでは、30代で年収350〜500万円程度、40代で500〜600万円程度になるケースもあります。

オペレーターの昇給について

年1回の人事評価に従い、会社規定により昇給することがほとんどです。
仕事の性質上、突然に大幅な昇給・昇進をするケースは少ないといえます。しかし裏返して考えると、誰もが驚くような目立ったことをする必要はないということです。自分の領域でコツコツと経験を積み重ねていけば、定期的にランクアップしていける仕事です。

大幅な給与アップを望む場合は、経験を積んでから、より条件の合うホテルに転職するという手もあります。

カテゴリー

学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学