ホテルの営業マンの仕事内容と平均年収をご紹介します

どんな業界にとっても不可欠といえる仕事、それが「営業」です。 ホテル業界にももちろん営業職が必要です。どんなに魅力的なホテルでも、その存在を誰も知らなくては始まりません。ホテルと利用客とのご縁を作る重要な職業、「ホテルの営業マン」についてご紹介します。

ホテル営業の仕事内容

ホテルを利用するお客さまは個人であったり企業であったりさまざまですが、ホテル営業の仕事では、主に法人への営業活動が中心となります。企業や団体、大使館、旅行会社などに向けて、宿泊から宴会、レストランサービスなどのご案内をするのが、ホテル営業の主な業務です。

たとえば旅行会社に向けて限定サービス付きの宿泊プランを提案したり、ツアーの宿泊先に自社ホテルを選んでもらえるよう交渉したり、といった仕事を行います。また出張が多く見込まれる法人に対しては、一括受注による特別割引などのサービスを提案することもあり、企画力やコミュニケーション力の見せ所となります。

海外からのVIPを迎える際には、数ヶ月前からメールや電話で連絡を取り合うこともあります。細やかなコミュニケーションを取り、お迎えするための準備を整えておきます。お客さまからのリクエストに可能な限りお応えできるよう、各部署との密な相談を繰り返したり、お客さまの背景(宗教や文化など)を事前に把握し、失礼のないようにフロントやシェフと打ち合わせを行ったりします。

ホテルで大きなイベントなどを行う際には、当日の成功のためにホテル内の各部署と連携を取り合い、スムーズな進行のための調整を行うのも営業マンの仕事です。

ホテル営業の最も重要な役割は、自社のホテル独自の魅力をあらゆる手段を使って外部の方々に伝え、お客さまを獲得すること。その魅力を知った未来のお客さまが「このホテルに泊まってみたい」と感じてくださったなら、その瞬間こそがホテル営業の真髄と言えるかもしれません。

ホテル営業に求められるスキル

ホテル営業には、次のようなスキルが求められます。

◆身だしなみ
営業マンは「ホテルの顔」として、常に身だしなみに気を配ることが大切です。髪型はオーソドックスなものを基本とし、極端な短髪や長髪は避けます。全身の清潔感に気をつけ、香りの強い整髪料や香水は避けましょう。


◆柔軟さ
事前に綿密な打ち合わせをしていても、当日になって大きな変更が入ることもしばしばあります。お客さまの満足のために臨機応変な対応をできる柔軟さが不可欠です。


◆交渉力
ホテルの内外と交渉を重ねることが営業マンの仕事の基本。とくに饒舌である必要はありませんが、自分に合った交渉力が求められます。ホテル業界は異業種からの転職者も多く、別の業界で営業職を経験している人が敏腕ホテル営業マンになることも少なくありません。


◆語学力
語学力は必須ではありませんが、身につけているとかなり有利なスキルです。海外のお客さまも多いホテル業界では、外国語で直接やりとりできることが大きなアドバンテージになります。とくにビジネスレベルの英語や中国語は、習得しておくと役立ちます。


◆コミュニケーション力
既存顧客からの紹介で新規の大口顧客を獲得したり、独自の人脈パイプから旅行会社の仕事を獲得したりと、ホテル営業には広い人脈が活躍します。日頃からコミュニケーションスキルを磨いておき、各企業、各業界の担当者との人脈を開拓しておくことが、業績に直結する職業です。


◆ホスピタリティ
ホテル営業は、営業マンである前に一人のホテルマンです。ホテルマンとして忘れてはいけないのは、「お客さまに喜んで頂きたい」という思い。一人一人のお客さまに心から満足して頂くために、丁寧な接遇、地道な営業活動を行う必要があります。ホスピタリティなくしてホテル営業は務まりません。


◆その他
丁寧な物腰やきちんとしたマナーが求められるホテル業界。その顔となる営業マンは、より一層のマナーやホスピタリティが求められます。接遇サービスやマナーに関する講座・研修、ビジネス技能検定といった学びの場に積極的に身を投じることも、スキル向上に役立ちます。

ホテル営業の平均給与について

ホテルの営業マンの給与は、基本的には所属する会社の規定に準じます。参考までに、ホテルで働く人全体の平均年収は240万円〜600万円程度(平均月収23万円〜25万円程度)が現在の相場です。 ただしこの金額はベルボーイや客室清掃係なども含めたホテルマン全体の平均値です。営業職の場合、業績に応じたインセンティブなどが発生することを加味すると、平均よりもやや高額になると考えられます。

ホテル営業の初任給について

初任給も会社の規定に準じますが、一般的にはホテル営業(正社員)の初任給は、月収17万円〜20万円程度が相場です。

ホテル営業の年代別給与について

ホテルの営業マンの年代別給与の相場は、およそ次のとおりです

20代...月収20万円
30代...月収25万円
40代...月収28万円


大手や老舗のホテルでは、昇給の幅が上記よりもやや大きくなる(高額になる)ケースも多いようです。

ホテル営業の昇給について

ホテルの営業マンの昇給方法は、社内規定による昇給と、転職による昇給の2種類です。
社内規定による昇給では、年1回〜数回の評定により、一定額の昇給が見込めます。また役職がつくことにより役職手当が上乗せされることもあります。

転職による昇給では、実力次第で大幅アップも可能です。ホテル業界は同業種間・異業種間どちらも転職が盛んな業界です。優秀な営業マンはどのホテルも、どの業界も欲しがるので、業界内外からのヘッドハンティングを受ける可能性も高くなります。スキルを磨いてよりステップアップできる職場(もしくは業界)への転職を視野に入れるのも良いでしょう。


まとめ

営業職に共通のスキル、そしてホテル業界ならではのスキル、その両方が必要とされる「ホテル営業」の仕事。この仕事を効率よく目指すためには、専門学校で体系的に知識を学ぶことが近道です。東京YMCA国際ホテル専門学校では、実際のホテルで行う実習も含め、ホテル業界で働くための知識や技術を効率的に身につけることが可能です。業界との独自のパイプを活かした丁寧な就職指導も行っています。

どんな業界にとっても不可欠といえる仕事、それが「営業」です。 ホテル業界にももちろん営業職が必要です。どんなに魅力的なホテルでも、その存在を誰も知らなくては始まりません。ホテルと利用客とのご縁を作る重要な職業、「ホテルの営業マン」についてご紹介します。

ホテル営業の仕事内容

ホテルを利用するお客さまは個人であったり企業であったりさまざまですが、ホテル営業の仕事では、主に法人への営業活動が中心となります。企業や団体、大使館、旅行会社などに向けて、宿泊から宴会、レストランサービスなどのご案内をするのが、ホテル営業の主な業務です。

たとえば旅行会社に向けて限定サービス付きの宿泊プランを提案したり、ツアーの宿泊先に自社ホテルを選んでもらえるよう交渉したり、といった仕事を行います。また出張が多く見込まれる法人に対しては、一括受注による特別割引などのサービスを提案することもあり、企画力やコミュニケーション力の見せ所となります。

海外からのVIPを迎える際には、数ヶ月前からメールや電話で連絡を取り合うこともあります。細やかなコミュニケーションを取り、お迎えするための準備を整えておきます。お客さまからのリクエストに可能な限りお応えできるよう、各部署との密な相談を繰り返したり、お客さまの背景(宗教や文化など)を事前に把握し、失礼のないようにフロントやシェフと打ち合わせを行ったりします。

ホテルで大きなイベントなどを行う際には、当日の成功のためにホテル内の各部署と連携を取り合い、スムーズな進行のための調整を行うのも営業マンの仕事です。

ホテル営業の最も重要な役割は、自社のホテル独自の魅力をあらゆる手段を使って外部の方々に伝え、お客さまを獲得すること。その魅力を知った未来のお客さまが「このホテルに泊まってみたい」と感じてくださったなら、その瞬間こそがホテル営業の真髄と言えるかもしれません。

ホテル営業に求められるスキル

ホテル営業には、次のようなスキルが求められます。

◆身だしなみ
営業マンは「ホテルの顔」として、常に身だしなみに気を配ることが大切です。髪型はオーソドックスなものを基本とし、極端な短髪や長髪は避けます。全身の清潔感に気をつけ、香りの強い整髪料や香水は避けましょう。


◆柔軟さ
事前に綿密な打ち合わせをしていても、当日になって大きな変更が入ることもしばしばあります。お客さまの満足のために臨機応変な対応をできる柔軟さが不可欠です。


◆交渉力
ホテルの内外と交渉を重ねることが営業マンの仕事の基本。とくに饒舌である必要はありませんが、自分に合った交渉力が求められます。ホテル業界は異業種からの転職者も多く、別の業界で営業職を経験している人が敏腕ホテル営業マンになることも少なくありません。


◆語学力
語学力は必須ではありませんが、身につけているとかなり有利なスキルです。海外のお客さまも多いホテル業界では、外国語で直接やりとりできることが大きなアドバンテージになります。とくにビジネスレベルの英語や中国語は、習得しておくと役立ちます。


◆コミュニケーション力
既存顧客からの紹介で新規の大口顧客を獲得したり、独自の人脈パイプから旅行会社の仕事を獲得したりと、ホテル営業には広い人脈が活躍します。日頃からコミュニケーションスキルを磨いておき、各企業、各業界の担当者との人脈を開拓しておくことが、業績に直結する職業です。


◆ホスピタリティ
ホテル営業は、営業マンである前に一人のホテルマンです。ホテルマンとして忘れてはいけないのは、「お客さまに喜んで頂きたい」という思い。一人一人のお客さまに心から満足して頂くために、丁寧な接遇、地道な営業活動を行う必要があります。ホスピタリティなくしてホテル営業は務まりません。


◆その他
丁寧な物腰やきちんとしたマナーが求められるホテル業界。その顔となる営業マンは、より一層のマナーやホスピタリティが求められます。接遇サービスやマナーに関する講座・研修、ビジネス技能検定といった学びの場に積極的に身を投じることも、スキル向上に役立ちます。

ホテル営業の平均給与について

ホテルの営業マンの給与は、基本的には所属する会社の規定に準じます。参考までに、ホテルで働く人全体の平均年収は240万円〜600万円程度(平均月収23万円〜25万円程度)が現在の相場です。 ただしこの金額はベルボーイや客室清掃係なども含めたホテルマン全体の平均値です。営業職の場合、業績に応じたインセンティブなどが発生することを加味すると、平均よりもやや高額になると考えられます。

ホテル営業の初任給について

初任給も会社の規定に準じますが、一般的にはホテル営業(正社員)の初任給は、月収17万円〜20万円程度が相場です。

ホテル営業の年代別給与について

ホテルの営業マンの年代別給与の相場は、およそ次のとおりです

20代...月収20万円
30代...月収25万円
40代...月収28万円


大手や老舗のホテルでは、昇給の幅が上記よりもやや大きくなる(高額になる)ケースも多いようです。

ホテル営業の昇給について

ホテルの営業マンの昇給方法は、社内規定による昇給と、転職による昇給の2種類です。
社内規定による昇給では、年1回〜数回の評定により、一定額の昇給が見込めます。また役職がつくことにより役職手当が上乗せされることもあります。

転職による昇給では、実力次第で大幅アップも可能です。ホテル業界は同業種間・異業種間どちらも転職が盛んな業界です。優秀な営業マンはどのホテルも、どの業界も欲しがるので、業界内外からのヘッドハンティングを受ける可能性も高くなります。スキルを磨いてよりステップアップできる職場(もしくは業界)への転職を視野に入れるのも良いでしょう。


まとめ

営業職に共通のスキル、そしてホテル業界ならではのスキル、その両方が必要とされる「ホテル営業」の仕事。この仕事を効率よく目指すためには、専門学校で体系的に知識を学ぶことが近道です。東京YMCA国際ホテル専門学校では、実際のホテルで行う実習も含め、ホテル業界で働くための知識や技術を効率的に身につけることが可能です。業界との独自のパイプを活かした丁寧な就職指導も行っています。

カテゴリー

学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学