ホテルのドアマンってどんな仕事?仕事内容と給料を紹介します

フロントやコンシェルジュなどホテルのイメージを左右する職種は複数ありますが、ゲストを真っ先に迎え入れるという意味では「ドアマンこそがホテルの顔である」と言われています。ゲストが最初に接するホテルスタッフ、ドアマン。ホテルの第一印象を決めると言っても過言ではありません。そんなドアマンの仕事内容や給与についてご紹介します。 (※男女ともに活躍できる職種ですが、この記事では便宜上「ドアマン」という名前で表記を統一しています。)

ドアマンの仕事内容

ドアマンの主な仕事は、次のようなものです。

・ゲストのお出迎え、お見送り
・車の誘導
・タクシーやハイヤーの手配
・施設のご案内
・周辺の警備

中でも最も主となる業務は、ゲストのお出迎えです。ホテルの玄関にてゲストの車を誘導し、降車されるゲストを笑顔でお出迎えします。さらにホテルの玄関ドアを開け、荷物を運びながらロビーもしくはフロントまでご案内し、ベルスタッフやフロントスタッフに引き継ぎます。 ゲストがチェックアウトや外出をされる際には、丁寧にお見送りします。 また、館内・館外施設のご案内、タクシーやハイヤーの手配、ホテル玄関周辺の警備などもドアマンの仕事のうちです。 混同されることの多いベルスタッフ(ベルボーイ)は、玄関ではなくロビーにてゲストを待ち、フロントや客室までゲストをご案内する職種です。仕事内容に共通する部分はありますが、それぞれ別の役割を担っています。

ドアマンに求められるスキル

一見シンプルに思えるドアマンの仕事ですが、実際は決して簡単ではありません。ホテルの第一印象を一身に背負うドアマンは、幅広いスキルを組み合わせることで初めて成立する、やりがいの大きな仕事です。 では、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか?

◆記憶力

ドアマンの仕事では、以前いらしたことのあるゲスト、とくに常連のお客さまのデータを頭に入れておく必要があります。ゲストの顔や名前とともに、会社名や役職も記憶する必要があります。また、ロータリーに車が入ってきた瞬間に「どなたがいらしたのか」を把握するために、ゲストの車種、車のナンバーを覚えておくスキルも重要です。 記憶しているデータの数が多いほど、一流のドアマンと呼ばれます。中には4000人分のデータを頭に入れているドアマンもいると言われます。

◆マナー、気配り

国内外の著名人や賓客を迎え入れることもあるでしょう。ホテルの顔であるドアマンには、グローバルに通用するマナーと気配りが求められます。身だしなみ、言動、立ち居振る舞い、ゲストへの対応の仕方など、ホテルマンとして一流のスキルが求められます。

◆語学力

海外からいらっしゃるゲストに対応するため、英語を中心としたある程度の語学力が必要です。

◆公平さ
外見で人を判断しないことは、ドアマンの鉄則です。セレブだから優遇する、そうでないから対応に気を抜く、といった「見た目によって態度を変える」ことは決してあってはなりません。接するゲスト全てを大切なお客さまとして認識し、公平に扱う気持ちが何よりも重要です。

◆臨機応変な対応力
宴会などのイベントが重なる日には、ホテルの玄関は大混雑します。ゲストをお待たせしないようスムーズにご案内することもドアマンの仕事のうちです。臨機応変で素早い判断力、対応力が求められます。

◆コミュニケーション能力
ゲストと接するときはもちろんですが、他のスタッフとの連携もドアマンにとって大切な要素です。ときには、ベルスタッフやフロントスタッフと密に連携してお出迎えすべきゲストもいらっしゃいます。スタッフ間のコミュニケーションを円滑にとれる能力も、ドアマンとして大切なスキルです。

◆体力
雨の日も雪の日も外に立ち、心からの笑顔でゲストをお出迎えすることが仕事です。体力の維持と体調管理が不可欠です。

◆向上心
ドアマンの仕事はマニュアルどおりにすれば良いというものではありません。一人一人のゲストに対し「どう行動すれば喜ばれるか、気持ちよくホテルをご利用頂けるか」をその都度考え、行動します。日々研鑽し、自分をより良く磨こうという向上心が大切です。またホテルスタッフ全般に言えることですが、「人の役に立ちたい」という精神も求められます。


このように、幅広いスキルが必要とされるドアマンの仕事。独学で目指すことも不可能ではありませんが、必要な知識と技術を効率的に身につけるために、ホテル科のある専門学校で体系的に学ぶケースが一般的です。

ドアマンの平均給与について

ドアマンの雇用形態は、基本的に勤務先ホテルの社員(もしくはアルバイト)です。給与額は勤務先ホテルの運営会社に準じます。 一般的な平均値としては、ドアマンの給与は月収20〜25万円(年収300〜400万円)前後です。 高級ホテルの場合は、月収50万円(年収700〜800万円)以上になるケースもあります。

ドアマンの初任給について

こちらもホテルにより異なりますが、ドアマンの初任給は月収17〜20万円が相場です。一般的なサラリーマンの平均よりもやや低めと言えます。 ただし、ホテル業界は他の業界に比べると、日本国内でも新卒優遇の風潮が薄く、実力主義の傾向が強い業界です。他の業界で経験を積んだ人が参入しやすく、必要な知識に加えて営業や接客業など他業界で培ったスキルを持っていれば、ドアマンの仕事自体が未経験でも初任給が優遇されるケースがあります。

ドアマンの昇給について

ドアマンの仕事で大きく昇給するには、会社の規定による定期的な昇給よりも、スキルアップして環境を変えることがより重要です。 環境を変える方法は2つあります。1つは勤務しているホテル内で昇格し肩書きを得ること。もう1つは実力を磨いてより高額な給与を支払ってくれる職場に転職することです。 ホテルの顔として、良質なサービスを求められるドアマン。老舗ホテルの名物ドアマンにもなると、そのホスピタリティに惚れ込んだゲストが「またあの人に会いたい」という目的で常連になるケースも少なくありません。そうした実力のある人材は貴重で、どのホテルも欲しがります。 必要とされる人材になるためには、日々の仕事に向上心を持ち誠心誠意取り組むことです。ゲストの信頼を得て高い評判を得ることで、あなたの価値は上がります。また、海外の一流ホテルに勤務してノウハウとホスピタリティを学び、身につけたスキルを武器に日本で転職先を見つけるケースも多く見られます。

フロントやコンシェルジュなどホテルのイメージを左右する職種は複数ありますが、ゲストを真っ先に迎え入れるという意味では「ドアマンこそがホテルの顔である」と言われています。ゲストが最初に接するホテルスタッフ、ドアマン。ホテルの第一印象を決めると言っても過言ではありません。そんなドアマンの仕事内容や給与についてご紹介します。 (※男女ともに活躍できる職種ですが、この記事では便宜上「ドアマン」という名前で表記を統一しています。)

ドアマンの仕事内容

ドアマンの主な仕事は、次のようなものです。

・ゲストのお出迎え、お見送り
・車の誘導
・タクシーやハイヤーの手配
・施設のご案内
・周辺の警備

中でも最も主となる業務は、ゲストのお出迎えです。ホテルの玄関にてゲストの車を誘導し、降車されるゲストを笑顔でお出迎えします。さらにホテルの玄関ドアを開け、荷物を運びながらロビーもしくはフロントまでご案内し、ベルスタッフやフロントスタッフに引き継ぎます。 ゲストがチェックアウトや外出をされる際には、丁寧にお見送りします。 また、館内・館外施設のご案内、タクシーやハイヤーの手配、ホテル玄関周辺の警備などもドアマンの仕事のうちです。 混同されることの多いベルスタッフ(ベルボーイ)は、玄関ではなくロビーにてゲストを待ち、フロントや客室までゲストをご案内する職種です。仕事内容に共通する部分はありますが、それぞれ別の役割を担っています。

ドアマンに求められるスキル

一見シンプルに思えるドアマンの仕事ですが、実際は決して簡単ではありません。ホテルの第一印象を一身に背負うドアマンは、幅広いスキルを組み合わせることで初めて成立する、やりがいの大きな仕事です。 では、具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか?

◆記憶力

ドアマンの仕事では、以前いらしたことのあるゲスト、とくに常連のお客さまのデータを頭に入れておく必要があります。ゲストの顔や名前とともに、会社名や役職も記憶する必要があります。また、ロータリーに車が入ってきた瞬間に「どなたがいらしたのか」を把握するために、ゲストの車種、車のナンバーを覚えておくスキルも重要です。 記憶しているデータの数が多いほど、一流のドアマンと呼ばれます。中には4000人分のデータを頭に入れているドアマンもいると言われます。

◆マナー、気配り

国内外の著名人や賓客を迎え入れることもあるでしょう。ホテルの顔であるドアマンには、グローバルに通用するマナーと気配りが求められます。身だしなみ、言動、立ち居振る舞い、ゲストへの対応の仕方など、ホテルマンとして一流のスキルが求められます。

◆語学力

海外からいらっしゃるゲストに対応するため、英語を中心としたある程度の語学力が必要です。

◆公平さ
外見で人を判断しないことは、ドアマンの鉄則です。セレブだから優遇する、そうでないから対応に気を抜く、といった「見た目によって態度を変える」ことは決してあってはなりません。接するゲスト全てを大切なお客さまとして認識し、公平に扱う気持ちが何よりも重要です。

◆臨機応変な対応力
宴会などのイベントが重なる日には、ホテルの玄関は大混雑します。ゲストをお待たせしないようスムーズにご案内することもドアマンの仕事のうちです。臨機応変で素早い判断力、対応力が求められます。

◆コミュニケーション能力
ゲストと接するときはもちろんですが、他のスタッフとの連携もドアマンにとって大切な要素です。ときには、ベルスタッフやフロントスタッフと密に連携してお出迎えすべきゲストもいらっしゃいます。スタッフ間のコミュニケーションを円滑にとれる能力も、ドアマンとして大切なスキルです。

◆体力
雨の日も雪の日も外に立ち、心からの笑顔でゲストをお出迎えすることが仕事です。体力の維持と体調管理が不可欠です。

◆向上心
ドアマンの仕事はマニュアルどおりにすれば良いというものではありません。一人一人のゲストに対し「どう行動すれば喜ばれるか、気持ちよくホテルをご利用頂けるか」をその都度考え、行動します。日々研鑽し、自分をより良く磨こうという向上心が大切です。またホテルスタッフ全般に言えることですが、「人の役に立ちたい」という精神も求められます。


このように、幅広いスキルが必要とされるドアマンの仕事。独学で目指すことも不可能ではありませんが、必要な知識と技術を効率的に身につけるために、ホテル科のある専門学校で体系的に学ぶケースが一般的です。

ドアマンの平均給与について

ドアマンの雇用形態は、基本的に勤務先ホテルの社員(もしくはアルバイト)です。給与額は勤務先ホテルの運営会社に準じます。 一般的な平均値としては、ドアマンの給与は月収20〜25万円(年収300〜400万円)前後です。 高級ホテルの場合は、月収50万円(年収700〜800万円)以上になるケースもあります。

ドアマンの初任給について

こちらもホテルにより異なりますが、ドアマンの初任給は月収17〜20万円が相場です。一般的なサラリーマンの平均よりもやや低めと言えます。 ただし、ホテル業界は他の業界に比べると、日本国内でも新卒優遇の風潮が薄く、実力主義の傾向が強い業界です。他の業界で経験を積んだ人が参入しやすく、必要な知識に加えて営業や接客業など他業界で培ったスキルを持っていれば、ドアマンの仕事自体が未経験でも初任給が優遇されるケースがあります。

ドアマンの昇給について

ドアマンの仕事で大きく昇給するには、会社の規定による定期的な昇給よりも、スキルアップして環境を変えることがより重要です。 環境を変える方法は2つあります。1つは勤務しているホテル内で昇格し肩書きを得ること。もう1つは実力を磨いてより高額な給与を支払ってくれる職場に転職することです。 ホテルの顔として、良質なサービスを求められるドアマン。老舗ホテルの名物ドアマンにもなると、そのホスピタリティに惚れ込んだゲストが「またあの人に会いたい」という目的で常連になるケースも少なくありません。そうした実力のある人材は貴重で、どのホテルも欲しがります。 必要とされる人材になるためには、日々の仕事に向上心を持ち誠心誠意取り組むことです。ゲストの信頼を得て高い評判を得ることで、あなたの価値は上がります。また、海外の一流ホテルに勤務してノウハウとホスピタリティを学び、身につけたスキルを武器に日本で転職先を見つけるケースも多く見られます。

カテゴリー

学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学