仲居さんってどんな仕事?仕事内容と1日の流れを紹介します

201905_hotel.jpeg

旅館で働く仲居さんは、リゾートワークの花形とも言える職業です。


和服を小粋に身にまとい、はつらつとした笑顔でお客さまをお出迎えする姿は、見ているだけでも気持ちがよいもの。「素敵だな」と憧れる人も多いでしょう。


そんな仲居さんですが、実際の仕事内容はあまり知られていないかもしれません。


仲居さんは普段どんな仕事をしているのでしょうか? また、どんな人が仲居さんに向いているのでしょうか?今回は、仲居さんの仕事についてご紹介します。




仲居とは?


「仲居」とは、もともとは旅館や料亭など幅広い客商売の場所で、お客さまに給仕・接待をする女性を指して言う、職業の名前です。


現在は、とくに旅館をはじめとする宿泊施設において、客室係としてお客さまの身の回りのお世話をするスタッフが「仲居」と呼ばれています。


旅館を利用するお客さまの多くは、日常から離れた場所でリフレッシュしたがっています。そんなお客さまが心からくつろぎ、旅を楽しめるように、宿での衣・食・住をサポートするのが仲居さんの仕事です。


客室係としてお世話をするので、旅館で働くスタッフの中でも、お客さまと接する機会が最も多い職業です。旅館を利用したお客さまに「また来たい」と感じていただけるかどうかは、仲居さんにかかっていると言えます。




仲居の仕事内容


客室係としてお客さまのお世話をするのが仕事です。お客さまの到着からお見送りまで、その仕事内容は多岐にわたります。


お出迎え

まずは旅館に到着したお客さまをお出迎えします。仲居さんの笑顔が、お客さまにとっての旅館の第一印象となります。明るく爽やかな笑顔でお出迎えしましょう。


客室までのご案内

到着したお客さまの荷物を預かり、館内の施設を簡単にご紹介しながら、客室までご案内します。

お部屋についたら、お茶とお菓子をお出しします。それから室内の設備をご紹介し、夕食の希望時間やアレルギーの有無などを確認します。


食事の提供

当日の夕食と、翌朝の朝食を提供します。ホテルと異なり、旅館では客室で食事を提供するケースが多いもの。仲居さんは自分が担当しているお部屋へ料理を運び、配膳まで行います。お客さまの食べるスピードに合わせて、最適なタイミングで次の料理を提供する必要があり、腕の見せどころです。


布団の準備

客室にお布団を敷くのも仲居さんの仕事のひとつです。シーツの角までピシッと揃った旅館の布団は、気持ちがよいもの。旅の疲れをゆっくり癒していただけるよう、細部まで気を配りましょう。


お見送り

翌朝お客さまが出発されるときには、心をこめてお見送りします。お客さまが旅館を離れる最後の瞬間まで笑顔でお見送りすることが、「また来たいな」と思っていただくことにも繋がります。


清掃

次のお客さまをお迎えするために、客室や館内の清掃を行います。旅館によっては、専門業者に委託していることもあれば、反対に従業員総出で行うこともあります。


このように、仲居さんの仕事には幅広い業務が含まれています。




仲居の1日の流れ


仲居さんの勤務はシフト制ですが、1組〜数組のお客さまをお部屋単位で担当するため、変則的な勤務体系になることがほとんどです。


お客さまのチェックインからチェックアウトまで通して担当するため、何時から何時までの勤務になるのか、また食事や寝具の支度が何時になるのかは、お客さまにより異なります。


それでも、ある程度の勤務時間の目安はあります。ここで、平均的な仲居さんのとある一日をご紹介しましょう。




朝6:00 出勤

自分で着物を着付けて出勤します。着付けにかかる時間は着物の種類によっても異なりますが、初心者で30分〜1時間くらい。慣れてくると10分〜30分くらいまで短縮できることがほとんどです。


7:00 朝食の提供

担当のお客さまの起床予定時刻、ご希望の朝食時刻を事前に伺っておき、その時刻に朝食を提供します。


8:00 後片付け

お客さまが食べ終わるタイミングを見計らい、朝食の食器を下げます。


10:00 お見送り

出発されるお客さまをお見送りします。最後まで笑顔で、心をこめて。


10:00〜16:00 休憩

仲居さんは、午前の勤務終了後〜午後の勤務開始まで、「中抜け」と呼ばれる長めの休憩をとります。朝は早く、夜は遅い仕事なので、この中抜けの時間をうまく使って、仮眠、観光、趣味、散歩など自分の好きなことをして心身をリフレッシュさせます。


16:00 午後の勤務開始・ミーティング

まずはミーティング。本日自分が担当する客室と、お客さまのご希望やアレルギーの有無を確認します。チェックイン前に担当客室を最終チェックし、お客さまを気持ちよくお迎えできる状態にしておきます。


16:30 お出迎え

お客さまをお出迎えし、客室までご案内します。館内・室内や周辺の観光名所などをご紹介し、浴衣のサイズが合わなければ交換し、ご希望やアレルギーを再確認しておきます。


18:00 夕食の提供

お客さまのご希望時刻に合わせ、夕食を提供します。朝食はすべてのお料理を一度に運びますが、夕食は1品ずつお部屋まで運び、順番に提供するのが一般的です。


19:00 後片付け・布団の準備

お客さまが食べ終わるタイミングを見計らい、夕食の食器を下げます。

その後、お客さまが大浴場を利用されている間に、お布団を敷き、寝床を整えておきます。


20:00 退勤

本日の業務が完了したら、退勤です。明日に備えてしっかり休みます。




仲居に求められるスキル


業務内容が幅広い上、旅館の評判を左右することもある、仲居さん。おもてなしのプロとして、求められるスキルもさまざまです。


体力

一日中忙しく動き回る上、そのほとんどは立ち仕事。重い御膳を運んだり布団の上げ下ろしをしたりと、何よりも体力勝負の仕事です。


マナー

常に笑顔で接客するのはもちろん、食事の提供の仕方、お辞儀の角度、ふすまの開け閉めから着物での立ち居振る舞いまで、ひとつひとつの所作にふさわしいルールがあります。きちんとしたマナーを身に着けておく必要があります。


おもてなしの心

旅館を訪れるお客さまは、年齢も立場も目的もさまざま。どんなお客さまにも気持ちよく滞在していただけるよう、細やかな心配りができるおもてなしの心や、円滑な関係を築けるコミュニケーション能力が求められます。


語学力

必須ではありませんが、語学力があれば海外からいらっしゃるお客さまにもスムーズに対応できます。ある程度の語学力を身に着けておくと、働く上でも重宝されるでしょう。



外国からの観光客も増え、ますます需要が高まる職業・仲居さん。日本のおもてなし文化の旗手としてこれからも注目されていくことは、間違いありません。


201905_hotel.jpeg

旅館で働く仲居さんは、リゾートワークの花形とも言える職業です。


和服を小粋に身にまとい、はつらつとした笑顔でお客さまをお出迎えする姿は、見ているだけでも気持ちがよいもの。「素敵だな」と憧れる人も多いでしょう。


そんな仲居さんですが、実際の仕事内容はあまり知られていないかもしれません。


仲居さんは普段どんな仕事をしているのでしょうか? また、どんな人が仲居さんに向いているのでしょうか?今回は、仲居さんの仕事についてご紹介します。




仲居とは?


「仲居」とは、もともとは旅館や料亭など幅広い客商売の場所で、お客さまに給仕・接待をする女性を指して言う、職業の名前です。


現在は、とくに旅館をはじめとする宿泊施設において、客室係としてお客さまの身の回りのお世話をするスタッフが「仲居」と呼ばれています。


旅館を利用するお客さまの多くは、日常から離れた場所でリフレッシュしたがっています。そんなお客さまが心からくつろぎ、旅を楽しめるように、宿での衣・食・住をサポートするのが仲居さんの仕事です。


客室係としてお世話をするので、旅館で働くスタッフの中でも、お客さまと接する機会が最も多い職業です。旅館を利用したお客さまに「また来たい」と感じていただけるかどうかは、仲居さんにかかっていると言えます。




仲居の仕事内容


客室係としてお客さまのお世話をするのが仕事です。お客さまの到着からお見送りまで、その仕事内容は多岐にわたります。


お出迎え

まずは旅館に到着したお客さまをお出迎えします。仲居さんの笑顔が、お客さまにとっての旅館の第一印象となります。明るく爽やかな笑顔でお出迎えしましょう。


客室までのご案内

到着したお客さまの荷物を預かり、館内の施設を簡単にご紹介しながら、客室までご案内します。

お部屋についたら、お茶とお菓子をお出しします。それから室内の設備をご紹介し、夕食の希望時間やアレルギーの有無などを確認します。


食事の提供

当日の夕食と、翌朝の朝食を提供します。ホテルと異なり、旅館では客室で食事を提供するケースが多いもの。仲居さんは自分が担当しているお部屋へ料理を運び、配膳まで行います。お客さまの食べるスピードに合わせて、最適なタイミングで次の料理を提供する必要があり、腕の見せどころです。


布団の準備

客室にお布団を敷くのも仲居さんの仕事のひとつです。シーツの角までピシッと揃った旅館の布団は、気持ちがよいもの。旅の疲れをゆっくり癒していただけるよう、細部まで気を配りましょう。


お見送り

翌朝お客さまが出発されるときには、心をこめてお見送りします。お客さまが旅館を離れる最後の瞬間まで笑顔でお見送りすることが、「また来たいな」と思っていただくことにも繋がります。


清掃

次のお客さまをお迎えするために、客室や館内の清掃を行います。旅館によっては、専門業者に委託していることもあれば、反対に従業員総出で行うこともあります。


このように、仲居さんの仕事には幅広い業務が含まれています。




仲居の1日の流れ


仲居さんの勤務はシフト制ですが、1組〜数組のお客さまをお部屋単位で担当するため、変則的な勤務体系になることがほとんどです。


お客さまのチェックインからチェックアウトまで通して担当するため、何時から何時までの勤務になるのか、また食事や寝具の支度が何時になるのかは、お客さまにより異なります。


それでも、ある程度の勤務時間の目安はあります。ここで、平均的な仲居さんのとある一日をご紹介しましょう。




朝6:00 出勤

自分で着物を着付けて出勤します。着付けにかかる時間は着物の種類によっても異なりますが、初心者で30分〜1時間くらい。慣れてくると10分〜30分くらいまで短縮できることがほとんどです。


7:00 朝食の提供

担当のお客さまの起床予定時刻、ご希望の朝食時刻を事前に伺っておき、その時刻に朝食を提供します。


8:00 後片付け

お客さまが食べ終わるタイミングを見計らい、朝食の食器を下げます。


10:00 お見送り

出発されるお客さまをお見送りします。最後まで笑顔で、心をこめて。


10:00〜16:00 休憩

仲居さんは、午前の勤務終了後〜午後の勤務開始まで、「中抜け」と呼ばれる長めの休憩をとります。朝は早く、夜は遅い仕事なので、この中抜けの時間をうまく使って、仮眠、観光、趣味、散歩など自分の好きなことをして心身をリフレッシュさせます。


16:00 午後の勤務開始・ミーティング

まずはミーティング。本日自分が担当する客室と、お客さまのご希望やアレルギーの有無を確認します。チェックイン前に担当客室を最終チェックし、お客さまを気持ちよくお迎えできる状態にしておきます。


16:30 お出迎え

お客さまをお出迎えし、客室までご案内します。館内・室内や周辺の観光名所などをご紹介し、浴衣のサイズが合わなければ交換し、ご希望やアレルギーを再確認しておきます。


18:00 夕食の提供

お客さまのご希望時刻に合わせ、夕食を提供します。朝食はすべてのお料理を一度に運びますが、夕食は1品ずつお部屋まで運び、順番に提供するのが一般的です。


19:00 後片付け・布団の準備

お客さまが食べ終わるタイミングを見計らい、夕食の食器を下げます。

その後、お客さまが大浴場を利用されている間に、お布団を敷き、寝床を整えておきます。


20:00 退勤

本日の業務が完了したら、退勤です。明日に備えてしっかり休みます。




仲居に求められるスキル


業務内容が幅広い上、旅館の評判を左右することもある、仲居さん。おもてなしのプロとして、求められるスキルもさまざまです。


体力

一日中忙しく動き回る上、そのほとんどは立ち仕事。重い御膳を運んだり布団の上げ下ろしをしたりと、何よりも体力勝負の仕事です。


マナー

常に笑顔で接客するのはもちろん、食事の提供の仕方、お辞儀の角度、ふすまの開け閉めから着物での立ち居振る舞いまで、ひとつひとつの所作にふさわしいルールがあります。きちんとしたマナーを身に着けておく必要があります。


おもてなしの心

旅館を訪れるお客さまは、年齢も立場も目的もさまざま。どんなお客さまにも気持ちよく滞在していただけるよう、細やかな心配りができるおもてなしの心や、円滑な関係を築けるコミュニケーション能力が求められます。


語学力

必須ではありませんが、語学力があれば海外からいらっしゃるお客さまにもスムーズに対応できます。ある程度の語学力を身に着けておくと、働く上でも重宝されるでしょう。



外国からの観光客も増え、ますます需要が高まる職業・仲居さん。日本のおもてなし文化の旗手としてこれからも注目されていくことは、間違いありません。


カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学