ホテル業界でよく使われる英語を紹介します!

ホテルスタッフとして働いていると、外国人のお客様を相手にすることも珍しくはありません。 そんな時にスムーズに英語でコミュニケーションが取れると、お客様の満足度アップにつながるので、習得しておきたいものです。

今回は、ホテルスタッフとして働く上で、どれくらいの英語スキルがあれば接客の役に立つのか?職種ごとに覚えておくと便利なフレーズは何か?についてご紹介します。

ホテル業界で求められる英語力

ホテルスタッフが求められる英語力は、働くホテルによって様々です。

例えば、外資系のホテルであれば「TOEIC600点以上」や「英語以外に中国語韓国語も話せること」など、条件があるケースもあります。また社内連絡が英語で交わされることもあるので、ホテルの中でも高い英語力が比較的求められると言えるでしょう。

次点で英語力が求められるのが、都内のシティホテルや海外旅行者が多い観光地のホテル。 日常会話程度はこなせるようにしておくと、スムーズな接客につながると言えます。

上記にあてはまらないホテルであっても、フロント係であれば、ある程度の英語は話せるようになっておいた方がいいでしょう。
もちろん最初から完璧に英語を話せなくても大丈夫です。最初は先輩スタッフがフォローをしてくれるでしょうし、ある程度会話にもパターンがあるので、それさえ覚えてしまえば安心です。

以下で紹介するフレーズは、ホテル業界において使われることの多いフレーズなので、まずはこちらを覚えてみてください。

フロントでよく使用するフレーズ

フロント係と言えば、宿泊の手続きやお部屋の割り振りだけでなく、お客様の要望にも対応する必要があるお仕事です。 また予約の電話やメールにも対応する仕事なので、いかに自身がわかる単語から、お客様の言いたいことを理解するかが問われる仕事でもあります。 お客様と直接接する機会の多いお仕事なので、日常会話をスムーズにこなせるようになっておくと、お客様から感謝されることでしょう。

ここではフロント係になった時に、知っておくと便利な7つのフレーズをご紹介します。

男性客に対して→Good afternoon sir.
女性客に対して→Good afternoon madam.
(いらっしゃいませ)
Certainly. (かしこまりました)
Are you checking in? (チェックインでございますか?)
Do you have a reservation? (ご予約承っております)
Enjoy your stay! (ごゆっくりお過ごしくださいませ)
Are you ready to check out? (チェックアウトでございますか?)
Have a safe trip to your home. (気を付けてお帰りください)

上記のようなお客様のお出迎え、お見送り、相槌などの言葉は、スムーズに言えるようにしておくとお客様に安心感を与えることができるので、ぜひ覚えておいてください。

この7つのフレーズの中でも、特に理解しておきたい2つについて、触れておきます。

Certainly.(かしこまりました) 「わかりました」ではなく、「かしこまりました」。
これはフロント係であれば、日本語英語問わず尊敬語を使うのがベストです。

「わかりました」を英語表現で表すと、"I get it." "I get it.""All right."などのフレーズがありますが、これだとフランクな表現になってしまうので、ホテルでの接客時には適しません。 ということで、"Certainly."というフォーマルなフレーズを利用するのがベストです。

Have a safe trip to your home.(気を付けてお帰りください) これと同じ意味を持つフレーズとして"Take care on your way back."という表現がありますが、この表現は使わないほうが無難です。
というのも、"take care"という言葉は「物を壊さないように気を付けてね」など、注意を促すときに使う言葉なので、ホテルの接客を行う上では適さない言葉ですよね。

ドアマンがよく使用するフレーズ

そんなドアマンは、ホテル館内外の場所を尋ねられることが多いので、館内施設の単語なども覚えておくと便利でしょう。

ここではドアマンが覚えておきたいフレーズをご紹介します。

Would you like me to park your car in the parking lot? (車を駐車場にお入れしましょうか?)
Is this all your baggage? (お荷物はこれで全部ですか?)
Please take the elevator to the fourth floor. (エレベーターで4階までどうぞ)

いずれのフレーズも「長くて覚えられるかな...」と不安になってしまうかもしれませんが、分解してそれぞれの単語を理解すれば、いつの間にか覚えられるようになってくるので安心してください。

中でも覚えておきたいのが、"park your car"で「駐車場に車を入れる」という表現と、 "Would you like me~?"で「~しましょうか」の尊敬語表現。 特に尊敬語表現は、ドアマンの仕事をする上で覚えておいて損はないので、ぜひ活用してみてください。

ハウスキーパーがよく使用するフレーズ

ハウスキーパーは、お客様が使用した部屋を清掃したり、部屋の備品の管理をするお仕事です。 お客様から「タオルをもう1枚ください」など備品追加の注文を受けたり、「電気がつかない」など部屋の不具合を承ることもあるので、お客様と接する機会も少なくはありません。

ここではハウスキーパーが覚えておきたいフレーズをご紹介します。

May I clean room now? (お部屋の清掃を行ってもよろしいでしょうか?)
Should I come back later? (後ほどお伺いしたほうがよろしいでしょうか?)
I will send someone to your room right away. (すぐに係の者を向かわせます)

お客様のお部屋に入ってもいいかのお伺いを立てるフレーズはやはり覚えておいたほうがベストです。
また、テレビリモコンの故障など、ハウスキーパーでは対応できない件があれば、I will send someone to your room right away.のフレーズを言えるようにしておくと便利です。

ウェイター、ウェイトレスがよく使用するフレーズ

ウェイター、ウェイトレスは、ホテルのレストラン内で接客を行うお仕事です。 料理の提供やお皿の後片付けだけでなく、時には料理の味付けについて質問をされることもあります。 そんなウェイター、ウェイトレスが覚えておきたいフレーズをご紹介します。

May I take your plate? (お皿をお下げしてもよろしいでしょうか?)
I will bring it right away. (すぐにお持ちします)
How is everything? (お料理のお味はいかがですか?)

"take your plate"で「皿を下げる」という意味ですが、フレーズとして覚えてしまうといいでしょう。 中でも便利なフレーズがI will bring it right away.です。 食事を運ぶのが遅れたり、誤ったメニューを提供してしまった時などに役立つフレーズなので覚えておくと便利です。

まとめ

ホテルスタッフは、言葉の丁寧さが特に求められるお仕事です。 日本人を接客する際にも、敬語表現には気を付けていると思いますが、外国人に対しても同様です。 "May I~?"、"Would I~?"、"Could I~?"など、相手を敬う言葉をさっと言えるようにしておくといいでしょう。 ある程度の会話パターンを覚えてしまえば、外国人のお客様のお相手も慣れたものです。 ぜひこの機会にマスターしてみてください!

ホテルスタッフとして働いていると、外国人のお客様を相手にすることも珍しくはありません。 そんな時にスムーズに英語でコミュニケーションが取れると、お客様の満足度アップにつながるので、習得しておきたいものです。

今回は、ホテルスタッフとして働く上で、どれくらいの英語スキルがあれば接客の役に立つのか?職種ごとに覚えておくと便利なフレーズは何か?についてご紹介します。

ホテル業界で求められる英語力

ホテルスタッフが求められる英語力は、働くホテルによって様々です。

例えば、外資系のホテルであれば「TOEIC600点以上」や「英語以外に中国語韓国語も話せること」など、条件があるケースもあります。また社内連絡が英語で交わされることもあるので、ホテルの中でも高い英語力が比較的求められると言えるでしょう。

次点で英語力が求められるのが、都内のシティホテルや海外旅行者が多い観光地のホテル。 日常会話程度はこなせるようにしておくと、スムーズな接客につながると言えます。

上記にあてはまらないホテルであっても、フロント係であれば、ある程度の英語は話せるようになっておいた方がいいでしょう。
もちろん最初から完璧に英語を話せなくても大丈夫です。最初は先輩スタッフがフォローをしてくれるでしょうし、ある程度会話にもパターンがあるので、それさえ覚えてしまえば安心です。

以下で紹介するフレーズは、ホテル業界において使われることの多いフレーズなので、まずはこちらを覚えてみてください。

フロントでよく使用するフレーズ

フロント係と言えば、宿泊の手続きやお部屋の割り振りだけでなく、お客様の要望にも対応する必要があるお仕事です。 また予約の電話やメールにも対応する仕事なので、いかに自身がわかる単語から、お客様の言いたいことを理解するかが問われる仕事でもあります。 お客様と直接接する機会の多いお仕事なので、日常会話をスムーズにこなせるようになっておくと、お客様から感謝されることでしょう。

ここではフロント係になった時に、知っておくと便利な7つのフレーズをご紹介します。

男性客に対して→Good afternoon sir.
女性客に対して→Good afternoon madam.
(いらっしゃいませ)
Certainly. (かしこまりました)
Are you checking in? (チェックインでございますか?)
Do you have a reservation? (ご予約承っております)
Enjoy your stay! (ごゆっくりお過ごしくださいませ)
Are you ready to check out? (チェックアウトでございますか?)
Have a safe trip to your home. (気を付けてお帰りください)

上記のようなお客様のお出迎え、お見送り、相槌などの言葉は、スムーズに言えるようにしておくとお客様に安心感を与えることができるので、ぜひ覚えておいてください。

この7つのフレーズの中でも、特に理解しておきたい2つについて、触れておきます。

Certainly.(かしこまりました) 「わかりました」ではなく、「かしこまりました」。
これはフロント係であれば、日本語英語問わず尊敬語を使うのがベストです。

「わかりました」を英語表現で表すと、"I get it." "I get it.""All right."などのフレーズがありますが、これだとフランクな表現になってしまうので、ホテルでの接客時には適しません。 ということで、"Certainly."というフォーマルなフレーズを利用するのがベストです。

Have a safe trip to your home.(気を付けてお帰りください) これと同じ意味を持つフレーズとして"Take care on your way back."という表現がありますが、この表現は使わないほうが無難です。
というのも、"take care"という言葉は「物を壊さないように気を付けてね」など、注意を促すときに使う言葉なので、ホテルの接客を行う上では適さない言葉ですよね。

ドアマンがよく使用するフレーズ

そんなドアマンは、ホテル館内外の場所を尋ねられることが多いので、館内施設の単語なども覚えておくと便利でしょう。

ここではドアマンが覚えておきたいフレーズをご紹介します。

Would you like me to park your car in the parking lot? (車を駐車場にお入れしましょうか?)
Is this all your baggage? (お荷物はこれで全部ですか?)
Please take the elevator to the fourth floor. (エレベーターで4階までどうぞ)

いずれのフレーズも「長くて覚えられるかな...」と不安になってしまうかもしれませんが、分解してそれぞれの単語を理解すれば、いつの間にか覚えられるようになってくるので安心してください。

中でも覚えておきたいのが、"park your car"で「駐車場に車を入れる」という表現と、 "Would you like me~?"で「~しましょうか」の尊敬語表現。 特に尊敬語表現は、ドアマンの仕事をする上で覚えておいて損はないので、ぜひ活用してみてください。

ハウスキーパーがよく使用するフレーズ

ハウスキーパーは、お客様が使用した部屋を清掃したり、部屋の備品の管理をするお仕事です。 お客様から「タオルをもう1枚ください」など備品追加の注文を受けたり、「電気がつかない」など部屋の不具合を承ることもあるので、お客様と接する機会も少なくはありません。

ここではハウスキーパーが覚えておきたいフレーズをご紹介します。

May I clean room now? (お部屋の清掃を行ってもよろしいでしょうか?)
Should I come back later? (後ほどお伺いしたほうがよろしいでしょうか?)
I will send someone to your room right away. (すぐに係の者を向かわせます)

お客様のお部屋に入ってもいいかのお伺いを立てるフレーズはやはり覚えておいたほうがベストです。
また、テレビリモコンの故障など、ハウスキーパーでは対応できない件があれば、I will send someone to your room right away.のフレーズを言えるようにしておくと便利です。

ウェイター、ウェイトレスがよく使用するフレーズ

ウェイター、ウェイトレスは、ホテルのレストラン内で接客を行うお仕事です。 料理の提供やお皿の後片付けだけでなく、時には料理の味付けについて質問をされることもあります。 そんなウェイター、ウェイトレスが覚えておきたいフレーズをご紹介します。

May I take your plate? (お皿をお下げしてもよろしいでしょうか?)
I will bring it right away. (すぐにお持ちします)
How is everything? (お料理のお味はいかがですか?)

"take your plate"で「皿を下げる」という意味ですが、フレーズとして覚えてしまうといいでしょう。 中でも便利なフレーズがI will bring it right away.です。 食事を運ぶのが遅れたり、誤ったメニューを提供してしまった時などに役立つフレーズなので覚えておくと便利です。

まとめ

ホテルスタッフは、言葉の丁寧さが特に求められるお仕事です。 日本人を接客する際にも、敬語表現には気を付けていると思いますが、外国人に対しても同様です。 "May I~?"、"Would I~?"、"Could I~?"など、相手を敬う言葉をさっと言えるようにしておくといいでしょう。 ある程度の会話パターンを覚えてしまえば、外国人のお客様のお相手も慣れたものです。 ぜひこの機会にマスターしてみてください!

カテゴリー

学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学