ホテルの総支配人とは?仕事内容を紹介します

2001903_hotel-gm.jpg

ホテルの総支配人とは?

ホテルは「組織」で成り立っています。その頂点に立つのが総支配人(ジェネラル・マネジャー、略してGMとも呼びます)です。ホテルはフロントやベルパーソンが所属する「宿泊部門」、ウェイターやルームサービスが所属する「料飲部門」、宴会やブライダルの予約やサービスを行う「宴会部門」などさまざまな部門に分かれています。その全ての部門を統括するのが総支配人の仕事であり、とても責任ある仕事です。例えるなら、サッカーや野球の監督です。



具体的な仕事内容

総支配人は宿泊部門や料飲部門など、ホテル全ての部門に権限を持っています。そのため業務も多岐にわたり、大きく分けると2つの役割を持っています。



接客のトップ

ホテル内を歩き、掃除や設備の不備はないか、各部門の仕事はしっかりとできているかなどをチェックします。歩きまわることによって、ホテル全体の状況や現場の声、利用者の声を知ることができ、総支配人としての仕事をスムーズに進められます。

ホテルのトップである総支配人であっても、他の従業員(スタッフ)と同様に顧客(お客様)に対して接客を行なうこともあります。また、お得意様や著名人などのVIPが訪れた際は、総支配人は必ずあいさつに行き、場合によってはそのまま接客を担当します。



経営のトップ

利益、顧客満足、従業員(スタッフ)満足の3つを高めることが求められます。利益については、宿泊、レストラン、一般宴会、ブライダルなど、売り上げの数字を上げて結果を出さなければなりません。そのためには顧客満足を高めるためのより良いサービスを追求し、そして何よりホテルで働くスタッフ一人ひとりがやりがいを持って力を発揮できる仕組み作りをしなければなりません。常に多面的に物事を考えて最良な判断が求められます。




総支配人の給料について

総支配人のお給料は、会社の規模や業績によって異なりますが、小規模なホテルで年収600~800万円、外資系であれば年収2000万円を超える場合もあります。




ホテルの総支配人になるには?

ホテルの総支配人になるためには、大学やホテル系の専門学校を卒業したのち、ホテルスタッフとして就職して、実務経験を積む必要があります。取得しなければいけない資格は特にありませんが、「ホテル実務技能認定試験」や「ホテルビジネス実務検定」などを取得していると、ホテル業務に必要な知識を得られるだけでなく、ホテルスタッフとして就職する際に有利になることがあります。

そして総支配人はホテル業務全般に精通していることが望ましいので、まずは宿泊部門や料飲部門など基本的な業務を経験することから始め、だんだんとマネジメントや経営管理など幅を広げていくような流れとなります。




求められるスキルなど

日本のホテルで仕事をしていても、海外からのお客様に接する機会は多いです。スマートな接客につなげるためにも語学力は身に着けておきたいところです。

さらに、総支配人はそのホテルの顔とも言えますので、質の高い接客が求められます。他にも、マネジメント力や経営力など求められるものが多いことから、総支配人にまでのぼりつめるには多くの努力が必要です。




総支配人のやりがい

総支配人という仕事は経営職であり、ホテルの将来、ホテルで働く従業員の将来を一手に担っているため、非常に責任の重い仕事と言えます。ホテルは1年365日動いており、衣食住の全てに関わる大きな組織を自分の采配で動かす面白さがあります。一流ホテルの総支配人ともなれば、収入も破格、名声も得られます。

2001903_hotel-gm.jpg

ホテルの総支配人とは?

ホテルは「組織」で成り立っています。その頂点に立つのが総支配人(ジェネラル・マネジャー、略してGMとも呼びます)です。ホテルはフロントやベルパーソンが所属する「宿泊部門」、ウェイターやルームサービスが所属する「料飲部門」、宴会やブライダルの予約やサービスを行う「宴会部門」などさまざまな部門に分かれています。その全ての部門を統括するのが総支配人の仕事であり、とても責任ある仕事です。例えるなら、サッカーや野球の監督です。



具体的な仕事内容

総支配人は宿泊部門や料飲部門など、ホテル全ての部門に権限を持っています。そのため業務も多岐にわたり、大きく分けると2つの役割を持っています。



接客のトップ

ホテル内を歩き、掃除や設備の不備はないか、各部門の仕事はしっかりとできているかなどをチェックします。歩きまわることによって、ホテル全体の状況や現場の声、利用者の声を知ることができ、総支配人としての仕事をスムーズに進められます。

ホテルのトップである総支配人であっても、他の従業員(スタッフ)と同様に顧客(お客様)に対して接客を行なうこともあります。また、お得意様や著名人などのVIPが訪れた際は、総支配人は必ずあいさつに行き、場合によってはそのまま接客を担当します。



経営のトップ

利益、顧客満足、従業員(スタッフ)満足の3つを高めることが求められます。利益については、宿泊、レストラン、一般宴会、ブライダルなど、売り上げの数字を上げて結果を出さなければなりません。そのためには顧客満足を高めるためのより良いサービスを追求し、そして何よりホテルで働くスタッフ一人ひとりがやりがいを持って力を発揮できる仕組み作りをしなければなりません。常に多面的に物事を考えて最良な判断が求められます。




総支配人の給料について

総支配人のお給料は、会社の規模や業績によって異なりますが、小規模なホテルで年収600~800万円、外資系であれば年収2000万円を超える場合もあります。




ホテルの総支配人になるには?

ホテルの総支配人になるためには、大学やホテル系の専門学校を卒業したのち、ホテルスタッフとして就職して、実務経験を積む必要があります。取得しなければいけない資格は特にありませんが、「ホテル実務技能認定試験」や「ホテルビジネス実務検定」などを取得していると、ホテル業務に必要な知識を得られるだけでなく、ホテルスタッフとして就職する際に有利になることがあります。

そして総支配人はホテル業務全般に精通していることが望ましいので、まずは宿泊部門や料飲部門など基本的な業務を経験することから始め、だんだんとマネジメントや経営管理など幅を広げていくような流れとなります。




求められるスキルなど

日本のホテルで仕事をしていても、海外からのお客様に接する機会は多いです。スマートな接客につなげるためにも語学力は身に着けておきたいところです。

さらに、総支配人はそのホテルの顔とも言えますので、質の高い接客が求められます。他にも、マネジメント力や経営力など求められるものが多いことから、総支配人にまでのぼりつめるには多くの努力が必要です。




総支配人のやりがい

総支配人という仕事は経営職であり、ホテルの将来、ホテルで働く従業員の将来を一手に担っているため、非常に責任の重い仕事と言えます。ホテルは1年365日動いており、衣食住の全てに関わる大きな組織を自分の采配で動かす面白さがあります。一流ホテルの総支配人ともなれば、収入も破格、名声も得られます。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学