バーテンダーってどんな仕事? 仕事内容を紹介します。

ホテル関連の仕事の中でも、とくにユニークな職業と言えるのが、バーテンダーです。素敵なバーラウンジがあることはそれだけでホテルのセールスポイントになりますが、そこに一流のバーテンダーがいれば、多くのお客さまに選ばれる理由になります。

ホテルの格式や売上を左右することさえある、バーテンダー。その仕事内容や、必要とされるスキル、さらに平均給与についてご紹介します。


バーテンダーの仕事内容

ホテルバーテンダーは、普段どのような仕事をしているのでしょうか? 主な内容を見てみましょう。

1.カクテルの提供
バーテンダーの仕事の基本は、お客さまのためにカクテルを作って提供すること。 カクテルの材料となるお酒は数百種類、カクテルのレシピは数千種類も存在すると言われています。これらの中からお客さまひとりひとりの気分や好みに合わせて、ピッタリのお酒を提供するのが、バーテンダーです。

カクテルの世界はとても奥が深く、同じ名前のカクテルであっても作るバーテンダーによりレシピが異なります。また、お酒や果汁をブレンドするテクニックも、おなじみのシェイカーを振る「シェーク」という方法に加え、ミキシンググラスに入れた材料をバー・スプーンでかき混ぜる「ステア」、グラスに直接材料を入れる「ビルド」など、レシピによってさまざまな技術を使い分けています。


2.接客
バーテンダーにとってもうひとつの重要な役割が、お客さまに楽しい気分を提供すること。お酒と一緒に、お客さまが楽しめる話題を提供したり、反対にお話に耳を傾けたり、また「会話したくない」というお客さまにはそっと沈黙を守ることも接客の技術のうちです。 とくにホテルのバーラウンジには、日常生活では接する機会があまりないような肩書きを持つ方もいらっしゃいます。どんな方にも失礼のない接客マナーと、豊富な話題が必要とされます。


3.その他
他にも、店内の掃除、食材の買い出し、開店前の仕込み、といった雑用もバーテンダーの仕事のうちです。バーによってはお酒に合う簡単なつまみを調理することもあります。

バーテンダーと言っても、ただお酒を作って出すだけの仕事ではないのですね。




バーテンダーに求められるスキル

バーテンダーには特別な資格は必要ありません。またホテルの方針にもよりますが、未経験でも採用される確率が比較的高い職業です。 とは言え、実際に業務を行う上で身についているとベターなスキルや、ある程度の向き不向きはあります。

◆お酒に関する知識
カクテルのレシピや、その材料となるお酒に関する知識は、バーテンダーとして働く上で不可欠です。専門学校もしくは独学で学んでおくだけでなく、実際に働き始めてからも日々アップデートしていく努力が必要となります。


◆想像力、オリジナリティ
バーテンダーは、ときに既存のレシピだけでなく、お客さまひとりひとりに合わせてオリジナルカクテルを創ることもあります。無数にあるお酒を組み合わせて新たなレシピを考えたり、「分量を変えたらどうなるかな?」「このレシピにこの材料を加えたら美味しいかも」といった想像を膨らませることが好きな人は、この仕事に向いています。


◆コミュニケーション力
接客は、カクテル作りと同じくらい重要な仕事です。バーテンダーに求める対応は、お客さまひとりひとりによって、またその日のお客さまの気分によっても異なります。目の前のお客さまが、今日は話を聞いてほしいのか、面白い話を仕入れたいのか、それともただ放っておいてほしいのか......そういった心の機微を感じ取る能力は、ホテルバーテンダーの強力な武器となります。


◆体力
バーテンダーは基本的に立ちっぱなしの仕事です。業務は夕方〜深夜に集中するため、生活が昼夜逆転することもほぼ避けられません。お付き合いでお酒を飲むこともあります。スマートで淡々としたイメージの職業ですが、水面下ではかなり体力を使っています。


◆頭の回転の速さ
プロのバーテンダーの頭の中には、少なくとも300種類のカクテルのレシピが入っていると言われます。その中からどんなカクテルが最もお客さまにマッチするのか、もしくはオリジナルカクテルを編み出すべきなのかなど、笑顔で接客しながら、頭の中で瞬時にはじき出す作業を行っています。 一流のバーテンダーは、どのお客さまがどれくらいの量を飲んでいらっしゃるのかまで常に把握しています。臨機応変さや機転の速さが大事です。


◆お酒に強い、お酒が好き
バーテンダーには、お酒が好きな人が向いています。もちろんお酒が苦手でもバーテンダーを目指すことはできますが、どうしても仕事に苦痛が伴うでしょう。バーテンダーには、勉強のためにさまざまなお酒を口にしたり、お付き合いでお客さまと一緒にお酒を飲んだりする機会が多くあります。お酒を飲むのが好きな人、アルコールに強い人であれば、その過程も楽しむことができます。


ホテルのバーテンダーの特徴について

ホテルのバーテンダーは、街にあるバーではなく、ホテルに併設されたバーラウンジで勤務します。街なかにある通常のバーで働く場合と、どのような点が異なるのでしょうか?

1.客層がハイクラス
バーラウンジを持つホテルは、一定の格式を有していることがほとんどです。そんなホテルを利用されるお客さまの中には、普通に生活していたらなかなか接する機会がないような肩書きや職種の方もいらっしゃいます。一流企業の社長や役員、芸能人、著名人、そして海外からのセレブなど。もちろんどのお客さまに対しても公平な姿勢で接することは鉄則ですが、こうした方々との会話はバーテンダー自身にとっても貴重な経験となり得ます。

2.初任給が比較的高め
ホテルのバーテンダーは、ホテルの従業員として雇用されるため、給与体系も属するホテルの社内規定に準じます。どの職場であれ実力次第で収入アップを目指すことはできますが、初任給に関して言えば、通常のバーよりもやや高額な傾向があります。 また、バーラウンジを有しているのは大手・高級ホテルであるケースが多く、休暇制度や社内食堂などの福利厚生も安定しています。

3.求められる対応がハイレベル
ホテルのバーラウンジには、通常のバーよりもハイクラスのお客さまが多く訪れる傾向があります。提供するドリンクの単価も高めであるため、バーテンダーにも相応の技術やマナーが求められます。教養の深さや品のある振る舞いを心がけましょう。




ホテル関連の仕事の中でも、とくにユニークな職業と言えるのが、バーテンダーです。素敵なバーラウンジがあることはそれだけでホテルのセールスポイントになりますが、そこに一流のバーテンダーがいれば、多くのお客さまに選ばれる理由になります。

ホテルの格式や売上を左右することさえある、バーテンダー。その仕事内容や、必要とされるスキル、さらに平均給与についてご紹介します。


バーテンダーの仕事内容

ホテルバーテンダーは、普段どのような仕事をしているのでしょうか? 主な内容を見てみましょう。

1.カクテルの提供
バーテンダーの仕事の基本は、お客さまのためにカクテルを作って提供すること。 カクテルの材料となるお酒は数百種類、カクテルのレシピは数千種類も存在すると言われています。これらの中からお客さまひとりひとりの気分や好みに合わせて、ピッタリのお酒を提供するのが、バーテンダーです。

カクテルの世界はとても奥が深く、同じ名前のカクテルであっても作るバーテンダーによりレシピが異なります。また、お酒や果汁をブレンドするテクニックも、おなじみのシェイカーを振る「シェーク」という方法に加え、ミキシンググラスに入れた材料をバー・スプーンでかき混ぜる「ステア」、グラスに直接材料を入れる「ビルド」など、レシピによってさまざまな技術を使い分けています。


2.接客
バーテンダーにとってもうひとつの重要な役割が、お客さまに楽しい気分を提供すること。お酒と一緒に、お客さまが楽しめる話題を提供したり、反対にお話に耳を傾けたり、また「会話したくない」というお客さまにはそっと沈黙を守ることも接客の技術のうちです。 とくにホテルのバーラウンジには、日常生活では接する機会があまりないような肩書きを持つ方もいらっしゃいます。どんな方にも失礼のない接客マナーと、豊富な話題が必要とされます。


3.その他
他にも、店内の掃除、食材の買い出し、開店前の仕込み、といった雑用もバーテンダーの仕事のうちです。バーによってはお酒に合う簡単なつまみを調理することもあります。

バーテンダーと言っても、ただお酒を作って出すだけの仕事ではないのですね。




バーテンダーに求められるスキル

バーテンダーには特別な資格は必要ありません。またホテルの方針にもよりますが、未経験でも採用される確率が比較的高い職業です。 とは言え、実際に業務を行う上で身についているとベターなスキルや、ある程度の向き不向きはあります。

◆お酒に関する知識
カクテルのレシピや、その材料となるお酒に関する知識は、バーテンダーとして働く上で不可欠です。専門学校もしくは独学で学んでおくだけでなく、実際に働き始めてからも日々アップデートしていく努力が必要となります。


◆想像力、オリジナリティ
バーテンダーは、ときに既存のレシピだけでなく、お客さまひとりひとりに合わせてオリジナルカクテルを創ることもあります。無数にあるお酒を組み合わせて新たなレシピを考えたり、「分量を変えたらどうなるかな?」「このレシピにこの材料を加えたら美味しいかも」といった想像を膨らませることが好きな人は、この仕事に向いています。


◆コミュニケーション力
接客は、カクテル作りと同じくらい重要な仕事です。バーテンダーに求める対応は、お客さまひとりひとりによって、またその日のお客さまの気分によっても異なります。目の前のお客さまが、今日は話を聞いてほしいのか、面白い話を仕入れたいのか、それともただ放っておいてほしいのか......そういった心の機微を感じ取る能力は、ホテルバーテンダーの強力な武器となります。


◆体力
バーテンダーは基本的に立ちっぱなしの仕事です。業務は夕方〜深夜に集中するため、生活が昼夜逆転することもほぼ避けられません。お付き合いでお酒を飲むこともあります。スマートで淡々としたイメージの職業ですが、水面下ではかなり体力を使っています。


◆頭の回転の速さ
プロのバーテンダーの頭の中には、少なくとも300種類のカクテルのレシピが入っていると言われます。その中からどんなカクテルが最もお客さまにマッチするのか、もしくはオリジナルカクテルを編み出すべきなのかなど、笑顔で接客しながら、頭の中で瞬時にはじき出す作業を行っています。 一流のバーテンダーは、どのお客さまがどれくらいの量を飲んでいらっしゃるのかまで常に把握しています。臨機応変さや機転の速さが大事です。


◆お酒に強い、お酒が好き
バーテンダーには、お酒が好きな人が向いています。もちろんお酒が苦手でもバーテンダーを目指すことはできますが、どうしても仕事に苦痛が伴うでしょう。バーテンダーには、勉強のためにさまざまなお酒を口にしたり、お付き合いでお客さまと一緒にお酒を飲んだりする機会が多くあります。お酒を飲むのが好きな人、アルコールに強い人であれば、その過程も楽しむことができます。


ホテルのバーテンダーの特徴について

ホテルのバーテンダーは、街にあるバーではなく、ホテルに併設されたバーラウンジで勤務します。街なかにある通常のバーで働く場合と、どのような点が異なるのでしょうか?

1.客層がハイクラス
バーラウンジを持つホテルは、一定の格式を有していることがほとんどです。そんなホテルを利用されるお客さまの中には、普通に生活していたらなかなか接する機会がないような肩書きや職種の方もいらっしゃいます。一流企業の社長や役員、芸能人、著名人、そして海外からのセレブなど。もちろんどのお客さまに対しても公平な姿勢で接することは鉄則ですが、こうした方々との会話はバーテンダー自身にとっても貴重な経験となり得ます。

2.初任給が比較的高め
ホテルのバーテンダーは、ホテルの従業員として雇用されるため、給与体系も属するホテルの社内規定に準じます。どの職場であれ実力次第で収入アップを目指すことはできますが、初任給に関して言えば、通常のバーよりもやや高額な傾向があります。 また、バーラウンジを有しているのは大手・高級ホテルであるケースが多く、休暇制度や社内食堂などの福利厚生も安定しています。

3.求められる対応がハイレベル
ホテルのバーラウンジには、通常のバーよりもハイクラスのお客さまが多く訪れる傾向があります。提供するドリンクの単価も高めであるため、バーテンダーにも相応の技術やマナーが求められます。教養の深さや品のある振る舞いを心がけましょう。




カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学