ホテルにおけるマーケティングの仕事とは?仕事内容や求められるスキルを紹介

22324327_s.jpg

旅行などで利用するホテル。あなたはどんなふうに選んでいますか? 立地や金額はもちろんですが、そのホテルに対する「印象(イメージ)」も重要なポイントではないでしょうか。


ホテルのイメージを維持し、そのホテルが持つ魅力を世の中の人に伝えるのが、今回ご紹介する「マーケティング」の仕事です。


ホテルのマーケティングとは、いったいどのような仕事なのでしょうか? 仕事内容ややりがい、役立つスキルをご紹介します。




ホテルのマーケティングとは?

一般に、「マーケティング」や「広報」と呼ばれる仕事の目的は、企業やブランドの持つ魅力を世の中に広く伝えることです。


たとえば、新商品の認知度を上げるためにメディアを招いてイベントを開催したり、環境に対する自社の取り組みを紹介するプレスリリースを公開したり。こうした活動を通して、企業やブランドのイメージを高めます。


ホテルにも、マーケティングの仕事を担う部門があります。この部門では、開催されるイベントやそのホテルならではの魅力を広く宣伝するために、さまざまな企画・戦略を実施し、自社ホテルのイメージアップと顧客獲得を目指します。


素晴らしいサービスも、ユニークな企画も、それが誰にも知られないままでは集客に繋げられません。そういった意味では、ホテルのイメージや売上は、マーケティング部門の腕にかかっているのです。




ホテルマーケティングの仕事内容

では、ホテルにおけるマーケティングの具体的な仕事内容を見てみましょう。



情報発信(1)プレスリリース

新たな宿泊プランや、レストランの新メニューなど、サービスの内容を紹介するプレスリリースを配信します。プレスリリースとは、マスコミやメディア向けに発信される企業の新情報やニュースのことです。文書で公開される場合が多いですが、ときには発表会などの形でお披露目することもあります。



情報発信(2)WEBメディアでの発信

インスタグラムやツイッターなどのSNS、自社ホームページ、ブログなど、WEBメディアでも情報発信を行います。新サービスの提供時はもちろんのこと、四季折々で変化するホテルの表情を紹介したり、働く人々の様子をユニークな視点で発信をしたりすることで、ホテルのファンが増えるケースもあります。



イベントや売り込みの企画

ホテルの魅力を打ち出すためのイベントを企画したり、新しいサービス・商品を売り込むための戦略を練ったりします。また、企画したイベントやプレスリリースを新聞・雑誌やWEBメディアなどに取り上げてもらえるよう、企画書を作成して送ったり、情報提供を行ったり、といったさまざまな働きかけも行います。



取材対応

マスコミやメディアから取材に対応するのも、重要な仕事です。各メディアの特性に合った内容を考えつつ、求められている情報を提供しながらも、PRしたい内容が消費者に正しく伝わるよう工夫する必要があり、マーケティングの腕の見せどころです。



危機管理対応

万が一の際の危機管理対応も、大切な仕事の1つです。たとえば、自社ホテルにとって不名誉な事態が生じてしまったときや、事件・事故が起きてしまったときなどには、迅速かつ適切な対応が求められます。


不祥事が起きた際、担当部署の対応が迅速・誠実であれば、顧客からの信頼はかえって深まることもあります。しかし、もしも不誠実だという印象を与えてしまえば、失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。マーケティングの仕事では、良いときも悪いときも「ホテルの顔」としての自覚を持って仕事に取り組むことが求められます。




ホテルマーケティングの仕事のやりがい

ホテルのマーケティングは、責任が大きい分、やりがいも大きな仕事です。どんなやりがいが感じられるのか、主な例を見てみましょう。



自分のアイデアで勝負できる

この仕事では、アイデアや工夫が重要です。別の言い方をすれば、受け身で指示を待つのではなく、自分の力で道を切り拓いていける仕事と言えます。自分の企画力やアイデアで、世の中にある課題を解決したり、ホテルの将来を良い方向へ導いたりできるのは、大きなやりがいです。



成果が数字で見え、手応えを感じやすい

マーケティングは、成果を実感しやすい仕事でもあります。消費者の動向やトレンドを分析して、戦略を立て、その成果をまた分析して次に活かす、というのが大きな仕事の流れです。自分の立てた企画が売上や顧客数の増加につながり、その成果が数字として見える「手応え」は、この仕事ならではでしょう。




ホテルのマーケティングに役立つスキル

では、「ホテル業界で、マーケティングの仕事で活躍したい」という場合、どんなスキルを磨いていけば良いのでしょうか? 役立つスキルをご紹介します。



発想力と分析力

市場やトレンドを分析し、アイデアを駆使して企画を立て、実践後にまた結果を分析する......マーケティングの仕事は、この作業の繰り返しと言えます。企画立案、メディア選び、発信の方法やタイミングなど、さまざまな判断を下すために、発想力と分析力の両方が求められます。



語学力

海外からのお客さまも多く訪れるため、ホテルではどんな仕事においても語学力が重宝されます。中でもとくにマーケティングには、語学力が必須です。海外のマスコミに情報を発信したり、取材等のやりとりをしたり、そうした仕事ができる程度の語学力を磨いておくと良いでしょう。英語はもちろん、中国語や韓国語も需要が高まっています。



コミュニケーション能力

企画を成功させるためには、マスコミなど社外の人たちはもちろん、社内の各部署との連携も大切になります。マーケティングの仕事では、さまざまな立場の人々と良好な関係をキープできるコミュニケーション能力が求められます。



文章力

プレスリリースやSNS、メールマガジンなど、文章を書くことも多い仕事です。イベントや企画に「面白そうだな」と興味を持ってもらえるような文章や、ホテルの魅力がリアルに伝わる文章を書くためには、文章力も必要となります。



冷静で粘り強い精神

マーケティングの仕事では、一度の施策で成果を得られることは少なく、「分析→企画立案・実行→また分析」という作業を繰り返しながら、課題を解決いていくことになります。思うように成果が出ないときも冷静に結果を受け止め、くじけずに次のチャレンジをしていく粘り強さが必要です。


また、不祥事の際のメディア対応では、ホテルの顔として矢面に立つケースもあるでしょう。そんなときこそ落ち着いて対処し、しなやかに乗り越えることができる強靭なメンタルが求められます。

22324327_s.jpg

旅行などで利用するホテル。あなたはどんなふうに選んでいますか? 立地や金額はもちろんですが、そのホテルに対する「印象(イメージ)」も重要なポイントではないでしょうか。


ホテルのイメージを維持し、そのホテルが持つ魅力を世の中の人に伝えるのが、今回ご紹介する「マーケティング」の仕事です。


ホテルのマーケティングとは、いったいどのような仕事なのでしょうか? 仕事内容ややりがい、役立つスキルをご紹介します。




ホテルのマーケティングとは?

一般に、「マーケティング」や「広報」と呼ばれる仕事の目的は、企業やブランドの持つ魅力を世の中に広く伝えることです。


たとえば、新商品の認知度を上げるためにメディアを招いてイベントを開催したり、環境に対する自社の取り組みを紹介するプレスリリースを公開したり。こうした活動を通して、企業やブランドのイメージを高めます。


ホテルにも、マーケティングの仕事を担う部門があります。この部門では、開催されるイベントやそのホテルならではの魅力を広く宣伝するために、さまざまな企画・戦略を実施し、自社ホテルのイメージアップと顧客獲得を目指します。


素晴らしいサービスも、ユニークな企画も、それが誰にも知られないままでは集客に繋げられません。そういった意味では、ホテルのイメージや売上は、マーケティング部門の腕にかかっているのです。




ホテルマーケティングの仕事内容

では、ホテルにおけるマーケティングの具体的な仕事内容を見てみましょう。



情報発信(1)プレスリリース

新たな宿泊プランや、レストランの新メニューなど、サービスの内容を紹介するプレスリリースを配信します。プレスリリースとは、マスコミやメディア向けに発信される企業の新情報やニュースのことです。文書で公開される場合が多いですが、ときには発表会などの形でお披露目することもあります。



情報発信(2)WEBメディアでの発信

インスタグラムやツイッターなどのSNS、自社ホームページ、ブログなど、WEBメディアでも情報発信を行います。新サービスの提供時はもちろんのこと、四季折々で変化するホテルの表情を紹介したり、働く人々の様子をユニークな視点で発信をしたりすることで、ホテルのファンが増えるケースもあります。



イベントや売り込みの企画

ホテルの魅力を打ち出すためのイベントを企画したり、新しいサービス・商品を売り込むための戦略を練ったりします。また、企画したイベントやプレスリリースを新聞・雑誌やWEBメディアなどに取り上げてもらえるよう、企画書を作成して送ったり、情報提供を行ったり、といったさまざまな働きかけも行います。



取材対応

マスコミやメディアから取材に対応するのも、重要な仕事です。各メディアの特性に合った内容を考えつつ、求められている情報を提供しながらも、PRしたい内容が消費者に正しく伝わるよう工夫する必要があり、マーケティングの腕の見せどころです。



危機管理対応

万が一の際の危機管理対応も、大切な仕事の1つです。たとえば、自社ホテルにとって不名誉な事態が生じてしまったときや、事件・事故が起きてしまったときなどには、迅速かつ適切な対応が求められます。


不祥事が起きた際、担当部署の対応が迅速・誠実であれば、顧客からの信頼はかえって深まることもあります。しかし、もしも不誠実だという印象を与えてしまえば、失った信頼を取り戻すことは容易ではありません。マーケティングの仕事では、良いときも悪いときも「ホテルの顔」としての自覚を持って仕事に取り組むことが求められます。




ホテルマーケティングの仕事のやりがい

ホテルのマーケティングは、責任が大きい分、やりがいも大きな仕事です。どんなやりがいが感じられるのか、主な例を見てみましょう。



自分のアイデアで勝負できる

この仕事では、アイデアや工夫が重要です。別の言い方をすれば、受け身で指示を待つのではなく、自分の力で道を切り拓いていける仕事と言えます。自分の企画力やアイデアで、世の中にある課題を解決したり、ホテルの将来を良い方向へ導いたりできるのは、大きなやりがいです。



成果が数字で見え、手応えを感じやすい

マーケティングは、成果を実感しやすい仕事でもあります。消費者の動向やトレンドを分析して、戦略を立て、その成果をまた分析して次に活かす、というのが大きな仕事の流れです。自分の立てた企画が売上や顧客数の増加につながり、その成果が数字として見える「手応え」は、この仕事ならではでしょう。




ホテルのマーケティングに役立つスキル

では、「ホテル業界で、マーケティングの仕事で活躍したい」という場合、どんなスキルを磨いていけば良いのでしょうか? 役立つスキルをご紹介します。



発想力と分析力

市場やトレンドを分析し、アイデアを駆使して企画を立て、実践後にまた結果を分析する......マーケティングの仕事は、この作業の繰り返しと言えます。企画立案、メディア選び、発信の方法やタイミングなど、さまざまな判断を下すために、発想力と分析力の両方が求められます。



語学力

海外からのお客さまも多く訪れるため、ホテルではどんな仕事においても語学力が重宝されます。中でもとくにマーケティングには、語学力が必須です。海外のマスコミに情報を発信したり、取材等のやりとりをしたり、そうした仕事ができる程度の語学力を磨いておくと良いでしょう。英語はもちろん、中国語や韓国語も需要が高まっています。



コミュニケーション能力

企画を成功させるためには、マスコミなど社外の人たちはもちろん、社内の各部署との連携も大切になります。マーケティングの仕事では、さまざまな立場の人々と良好な関係をキープできるコミュニケーション能力が求められます。



文章力

プレスリリースやSNS、メールマガジンなど、文章を書くことも多い仕事です。イベントや企画に「面白そうだな」と興味を持ってもらえるような文章や、ホテルの魅力がリアルに伝わる文章を書くためには、文章力も必要となります。



冷静で粘り強い精神

マーケティングの仕事では、一度の施策で成果を得られることは少なく、「分析→企画立案・実行→また分析」という作業を繰り返しながら、課題を解決いていくことになります。思うように成果が出ないときも冷静に結果を受け止め、くじけずに次のチャレンジをしていく粘り強さが必要です。


また、不祥事の際のメディア対応では、ホテルの顔として矢面に立つケースもあるでしょう。そんなときこそ落ち着いて対処し、しなやかに乗り越えることができる強靭なメンタルが求められます。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学