拡大する「おひとりさま市場」攻略の鍵は?ホテルマンが意識すべき3つのこと

22030066_s.jpg

昨今、新たなビジネスチャンスの1つとして「おひとりさま」や「ソロ活」という言葉が注目されています。


「おひとりさま」とは、お店やレジャー施設を一人で利用するお客様のこと。ライフスタイルや価値観の変化を受け、「一人の時間を楽しみたい」というおひとりさま顧客の需要は加速度的に増えています。


ホテル業界で働く人にとって、「おひとりさま」のニーズを正しくキャッチすることは、もはや必須のスキルと言える状況です。


この記事では、「将来ホテル業界で働きたい」と考えている方に向けて、おひとりさま顧客について意識したいことや、おひとりさま顧客を獲得するためにホテル側が意識しておきたいポイントなどをご紹介します。




拡大する「おひとりさま需要」とは?

ホテルや旅館を利用する「女性の一人客」と言えば、かつては「寂しそう」や「変わり者」といったネガティブなイメージを抱かれがちでした。しかし、今やその印象は真逆のものとなっています。


女性や若者の間では、「おひとりさま」はすでに珍しくない行動スタイルです。むしろ「自立している」「自分なりの楽しみ方を知っている」といったポジティブなイメージが当たり前になっています。


食事やレジャーに同伴者をあえて伴わず、自分一人の時間を楽しむ「おひとりさま」。おひとりさま需要は、あらゆる業界で拡大中です。


ホテルや旅館をはじめとする旅行・観光業界はもちろん、レストランやカフェなどの飲食店、コンビニなどの小売店、電化製品、生活用品など、さまざまな分野でおひとりさま向けの商品・サービスが開発されています。


おひとりさまニーズが急増している理由としては、ライフスタイルの変化やIT技術の進歩、さらには昨今のコロナ禍の影響などが考えられるでしょう。


結婚感や恋愛観の変化により単身世帯が増加し、従来の常識に縛られない、自分らしいライフスタイルを求める人が増えています。また、一人でも不便なく行動するためのアプリやデバイスの登場など、IT技術の進歩も見られます。


こうした変化や進歩に加え、コロナ禍の流れも影響を与えていると考えられます。感染拡大防止のために始めた一人行動から、おひとりさまの楽しさに気づいた人もいるのではないでしょうか。




「おひとりさま」を迎える上で、最も大切なこと

ホテルや旅館をはじめとする旅行・観光業界にとって、とくに注目すべきなのが、女性のおひとりさま需要です。かつては敬遠されがちだった女性の一人客ですが、今やなくてはならない重要な顧客層となっています。


まず意識したいのは、おひとりさま顧客は決して「仕方なく一人で過ごしている」のではなく、自分のやりたいことをするために「あえて一人行動を選んでいる」ということです。


「自分だけの時間を過ごしたい」「日常から離れてリフレッシュしたい」「一人になって仕事に集中したい」など、宿泊の目的は人それぞれ。でも共通しているのは、一人の時間をあえて作るためにホテルや旅館を利用している、ということ。


たとえば、サービスを提供する側が「一人では退屈だろう」という思い込みから必要以上にアレコレ話しかけてしまっては、一人の時間を静かに過ごしたいお客様にとっては邪魔なサービスになってしまいます。


「おひとりさま」という行動スタイルは、現代ではあくまでもポジティブに楽しむのが主流です。一人旅を選択したお客様にとって、どんな接客が心地よいのか......それを考えることで、満足度の高いサービスが生まれるでしょう。




「おひとりさま市場」攻略を目指す3つのポイント

おひとりさま顧客に満足していただくために、ホテル側は次のようなポイントを意識する必要があります。



1.おひとりさまを歓迎する姿勢を見せる

おひとりさまの存在は、一昔前に比べると、世の中でもポジティブに捉えられるようになっています。とは言え、実際に一人旅をする側から見れば、「一人客は迷惑だと思われないだろうか。ホテルから嫌がられないだろうか」という不安もまだまだ残っています。


この不安を払拭するためには、ホテル側から「おひとりさまを歓迎します」という姿勢を積極的に提示することが大切です。


レストランであれば、一人用の座席を増やしたり、大人数のテーブルと席を離したりすることで、一人でも入店しやすい雰囲気を作ることができます。


同様に、ホテルでは一人客が楽しめるプランやお得なプランを充実させ、ホテルの公式サイトや予約サイトで「おひとりさま歓迎」であることを示すなど、お客様が「歓迎されている」と感じられる雰囲気を作ることが第一のポイントになります。



2.個性的なプランで潜在ニーズを掘り起こす

一人で過ごす時間には、お客様の好みやその人らしさがより顕著に現れます。誰にも気兼ねせず、気ままに過ごせる時間だからこそ、「自分が本当に求めることをしたい」と望む人は多いでしょう。


おひとりさま向けプランとして喜ばれやすい企画としては、コンパクトでも非日常に浸れる空間をリーズナブルに提供するプラン、スパやマッサージなどの自分磨きが体験できるプラン、ラグジュアリーな食事をゆっくり楽しめるプラン、などが挙げられます。


こうした定番の企画に加え、最近では、個人の「好きなこと」や「本当はやりたいけれど普段はなかなかできないこと」に着目した、個性的なプランも話題です。


・忙しくてなかなか本を読めずにいる読書好きに向けた「積ん読(つんどく)解消プラン」。

・文豪気分で趣味の執筆やテレワークを楽しめる「原稿執筆プラン」。

・一人では利用をためらいがちなビュフェやテーマパークを満喫できる「おひとりさま貸し切りデイ」。

・大好きなキャラクターに囲まれて過ごせる「キャラクターコラボルーム」......など。


こうしたユニークなプランを打ち出すことで、他のホテルとの差別化を図れるだけでなく、お客様本人すら意識していなかった「本当はこれがやりたかった」という潜在ニーズを引き出すことも可能です。


ホテル側が「一人で過ごす時間ができたら、人は何をしたいのか」と柔軟な発想でアイデアを出し、それを実現するために提供できるプランを考えることで、新しいニーズを生み出すことができるのです。



3.おひとりさまならではの不安を解消する

お客様のニーズを考えるとともに、不安に感じることがあるならば、できるだけ解消していく必要があります。


おひとりさま顧客には、一人だからこその不安がたくさんあります。


◆おひとりさま顧客の不安の例

  • 食事中の周りの視線
  • 中途半端に空いた時間の過ごし方
  • ホテル周辺の治安
  • トラブルがあった際の相談先 など

これらの不安を解消できる要素をホテル側が提示することで、おひとりさま顧客から安心して選ばれやすくなります。


たとえば、レストランでの個室利用が可能であったり、ルームサービスが充実していたりすれば、食事中の周りの視線は気になりません。


また、気軽に立ち寄れる読書スポットや何度でも利用できるスパなど、一人でも時間を潰せる工夫があれば、一人行動に慣れていない「おひとりさま初心者」であっても安心して宿泊できます。


高まり続ける、おひとりさま需要。ビジネスチャンスの大きな波に乗るためには、「おひとりさま」が本当に求めることを深く理解していく姿勢が、1つのカギとなりそうです。

22030066_s.jpg

昨今、新たなビジネスチャンスの1つとして「おひとりさま」や「ソロ活」という言葉が注目されています。


「おひとりさま」とは、お店やレジャー施設を一人で利用するお客様のこと。ライフスタイルや価値観の変化を受け、「一人の時間を楽しみたい」というおひとりさま顧客の需要は加速度的に増えています。


ホテル業界で働く人にとって、「おひとりさま」のニーズを正しくキャッチすることは、もはや必須のスキルと言える状況です。


この記事では、「将来ホテル業界で働きたい」と考えている方に向けて、おひとりさま顧客について意識したいことや、おひとりさま顧客を獲得するためにホテル側が意識しておきたいポイントなどをご紹介します。




拡大する「おひとりさま需要」とは?

ホテルや旅館を利用する「女性の一人客」と言えば、かつては「寂しそう」や「変わり者」といったネガティブなイメージを抱かれがちでした。しかし、今やその印象は真逆のものとなっています。


女性や若者の間では、「おひとりさま」はすでに珍しくない行動スタイルです。むしろ「自立している」「自分なりの楽しみ方を知っている」といったポジティブなイメージが当たり前になっています。


食事やレジャーに同伴者をあえて伴わず、自分一人の時間を楽しむ「おひとりさま」。おひとりさま需要は、あらゆる業界で拡大中です。


ホテルや旅館をはじめとする旅行・観光業界はもちろん、レストランやカフェなどの飲食店、コンビニなどの小売店、電化製品、生活用品など、さまざまな分野でおひとりさま向けの商品・サービスが開発されています。


おひとりさまニーズが急増している理由としては、ライフスタイルの変化やIT技術の進歩、さらには昨今のコロナ禍の影響などが考えられるでしょう。


結婚感や恋愛観の変化により単身世帯が増加し、従来の常識に縛られない、自分らしいライフスタイルを求める人が増えています。また、一人でも不便なく行動するためのアプリやデバイスの登場など、IT技術の進歩も見られます。


こうした変化や進歩に加え、コロナ禍の流れも影響を与えていると考えられます。感染拡大防止のために始めた一人行動から、おひとりさまの楽しさに気づいた人もいるのではないでしょうか。




「おひとりさま」を迎える上で、最も大切なこと

ホテルや旅館をはじめとする旅行・観光業界にとって、とくに注目すべきなのが、女性のおひとりさま需要です。かつては敬遠されがちだった女性の一人客ですが、今やなくてはならない重要な顧客層となっています。


まず意識したいのは、おひとりさま顧客は決して「仕方なく一人で過ごしている」のではなく、自分のやりたいことをするために「あえて一人行動を選んでいる」ということです。


「自分だけの時間を過ごしたい」「日常から離れてリフレッシュしたい」「一人になって仕事に集中したい」など、宿泊の目的は人それぞれ。でも共通しているのは、一人の時間をあえて作るためにホテルや旅館を利用している、ということ。


たとえば、サービスを提供する側が「一人では退屈だろう」という思い込みから必要以上にアレコレ話しかけてしまっては、一人の時間を静かに過ごしたいお客様にとっては邪魔なサービスになってしまいます。


「おひとりさま」という行動スタイルは、現代ではあくまでもポジティブに楽しむのが主流です。一人旅を選択したお客様にとって、どんな接客が心地よいのか......それを考えることで、満足度の高いサービスが生まれるでしょう。




「おひとりさま市場」攻略を目指す3つのポイント

おひとりさま顧客に満足していただくために、ホテル側は次のようなポイントを意識する必要があります。



1.おひとりさまを歓迎する姿勢を見せる

おひとりさまの存在は、一昔前に比べると、世の中でもポジティブに捉えられるようになっています。とは言え、実際に一人旅をする側から見れば、「一人客は迷惑だと思われないだろうか。ホテルから嫌がられないだろうか」という不安もまだまだ残っています。


この不安を払拭するためには、ホテル側から「おひとりさまを歓迎します」という姿勢を積極的に提示することが大切です。


レストランであれば、一人用の座席を増やしたり、大人数のテーブルと席を離したりすることで、一人でも入店しやすい雰囲気を作ることができます。


同様に、ホテルでは一人客が楽しめるプランやお得なプランを充実させ、ホテルの公式サイトや予約サイトで「おひとりさま歓迎」であることを示すなど、お客様が「歓迎されている」と感じられる雰囲気を作ることが第一のポイントになります。



2.個性的なプランで潜在ニーズを掘り起こす

一人で過ごす時間には、お客様の好みやその人らしさがより顕著に現れます。誰にも気兼ねせず、気ままに過ごせる時間だからこそ、「自分が本当に求めることをしたい」と望む人は多いでしょう。


おひとりさま向けプランとして喜ばれやすい企画としては、コンパクトでも非日常に浸れる空間をリーズナブルに提供するプラン、スパやマッサージなどの自分磨きが体験できるプラン、ラグジュアリーな食事をゆっくり楽しめるプラン、などが挙げられます。


こうした定番の企画に加え、最近では、個人の「好きなこと」や「本当はやりたいけれど普段はなかなかできないこと」に着目した、個性的なプランも話題です。


・忙しくてなかなか本を読めずにいる読書好きに向けた「積ん読(つんどく)解消プラン」。

・文豪気分で趣味の執筆やテレワークを楽しめる「原稿執筆プラン」。

・一人では利用をためらいがちなビュフェやテーマパークを満喫できる「おひとりさま貸し切りデイ」。

・大好きなキャラクターに囲まれて過ごせる「キャラクターコラボルーム」......など。


こうしたユニークなプランを打ち出すことで、他のホテルとの差別化を図れるだけでなく、お客様本人すら意識していなかった「本当はこれがやりたかった」という潜在ニーズを引き出すことも可能です。


ホテル側が「一人で過ごす時間ができたら、人は何をしたいのか」と柔軟な発想でアイデアを出し、それを実現するために提供できるプランを考えることで、新しいニーズを生み出すことができるのです。



3.おひとりさまならではの不安を解消する

お客様のニーズを考えるとともに、不安に感じることがあるならば、できるだけ解消していく必要があります。


おひとりさま顧客には、一人だからこその不安がたくさんあります。


◆おひとりさま顧客の不安の例

  • 食事中の周りの視線
  • 中途半端に空いた時間の過ごし方
  • ホテル周辺の治安
  • トラブルがあった際の相談先 など

これらの不安を解消できる要素をホテル側が提示することで、おひとりさま顧客から安心して選ばれやすくなります。


たとえば、レストランでの個室利用が可能であったり、ルームサービスが充実していたりすれば、食事中の周りの視線は気になりません。


また、気軽に立ち寄れる読書スポットや何度でも利用できるスパなど、一人でも時間を潰せる工夫があれば、一人行動に慣れていない「おひとりさま初心者」であっても安心して宿泊できます。


高まり続ける、おひとりさま需要。ビジネスチャンスの大きな波に乗るためには、「おひとりさま」が本当に求めることを深く理解していく姿勢が、1つのカギとなりそうです。

カテゴリー

東京YMCA国際ホテル専門学校 学校説明会
学校説明会|体験入学
instagram
instagram
学校説明会|体験入学