ホテル科 卒業生・在校生の声

卒業生の声
voiceimg01

権田 優花

YUUKA GONDA

東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート

宿泊部 ベル

2017年 ホテル科卒業

埼玉県立滑川総合高等学校出身

権田 優花 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
宿泊部 ベル
YUUKA GONDA 2017年 ホテル科卒業
埼玉県立滑川総合高等学校出身
夢の続きに寄り添う街の住人として

 ディズニーリゾートを訪れるお客様に、ホテルでも夢の続きを感じていただくのが私たちの役目です。このホテルは「街」をモチーフにしているので、舞浜エリアへ来た旅人を迎える街の住人のような気持ちでお客様に接しています。
一人ひとりのお客様に向き合い、その方に合った接客ができるのが、理想のホテルマンだと思います。お荷物1つとっても、お客様にとって今日が人生の中で特別な1コマかもしれないと思うと、気持ちを込めたくなります。先日、お預りしたバッグにお手紙を添えてお部屋に置いたところ、お母様から、「母娘の旅行で嬉しい思い出が増えました」、と丁寧なお返事をいただきました。そのお手紙は宝物です。
お客様に喜んでいただける瞬間が、私たちにとって最大の幸せ。お客様に寄り添うことに集中するためには、その他の業務を円滑にすすめて余裕を持つことが必要です。最近はパソコンを使った管理業務も担当しますが、授業で基本を学んでいたので、すぐに覚えることができました。YMCAでの日々に感謝ですね。

voiceimg02

サトウクロス 昂

KO SATOKROSS

パレスホテル東京

料飲部 グランド キッチン

2017年 ホテル科卒業

千葉県立松戸馬橋高等学校出身

サトウクロス 昂 パレスホテル東京
料飲部 グランド キッチン
KO SATOKROSS 2017年 ホテル科卒業
千葉県立松戸馬橋高等学校出身
「あなたに会いに来る」といわれるサービスを

 YMCAは一学年の人数が他の専門学校と比べて少ないので、学習面でもきめ細かく指導してもらえるし、学生同士も、先生と学生も、深い絆がある学校だと思います。教務の先生方はまるで家族や部活の顧問。本音で相談し、信頼できる間柄です。学びやすいし、居心地のいい校風は自慢できるところですね。
 現在はホテル1階のレストラン「グランド キッチン」で、料理を運ぶランナーを担当しています。様々なお客様とコミュニケーションがとれるこの役目は、とてもやりがいがある仕事。先日は年配のご夫婦に、名前を聞かれ、「次にここに来る時は、あなたに会いに来るわね」と声をかけてもらいました。それだけ楽しい時間をお過ごしいただけたのだと思い、達成感でいっぱいになりました。パレスホテル東京は、東京駅という日本の玄関口近くに位置するホテル。これからさらに海外のお客様が増えていくと思うので、語学力も磨きをかけ、「あなたに会いに日本にくるよ」と言われるようなホテルマンを目指していきたいと思います。

voiceimg03

鈴木 光輝

KOKI SUZUKI

ロイヤルパークホテル ザ 汐留※

宿泊課 ゲストサービス ベル

2017年 ホテル科卒業

埼玉県立川口東高等学校出身

鈴木 光輝 ロイヤルパークホテル ザ 汐留※
宿泊課 ゲストサービス ベル
※2018年4月1日「ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」に名称変更
KOKI SUZUKI 2017年 ホテル科卒業
埼玉県立川口東高等学校出身
一日も同じ日がない充実した毎日

 入社して改めて感じたのは、YMCAの縦のつながりの強さ。現在所属している部署にはYMCAの教務と同期だった卒業生がいらっしゃいますし、先日はYMCAの校友会の会合がこのホテルで行われ、大先輩の方々にお会いできました。系列のロイヤルパークホテルの総支配人もYMCAの卒業生。偉大な先輩たちに気さくに声をかけて もらえるのも、YMCAの絆があってこそです。
 このホテルは、海外のゲストが多いのが特徴。実習やアルバイト時代に語学の必要性を痛感し、入社までに英語以外の言語も使えるようになるぞ!と思っていましたが、実現できなかったのが心残り。これから入学するみんなには、学生の間に語学を頑張れ!とアドバイスしたいです(笑)。
 ホテルの仕事は、一日として同じ日はなく、毎日が新鮮です。就職した高校時代の友人の中には、仕事がつらいという人もいるのですが、僕は今、ホテルの仕事が楽しくて仕方ありません。これからどんどん活気づく業界なので、ホテル業界を目指すなら、良い会社や人との縁を結んでくれるYMCAをぜひ選んで欲しいと思います。
※2018年4月1日「 ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留」に名称変更

voiceimg03

髙波 夏澄

KASUMI TAKANAMI

ホテルニューオータニ

F&Bディビジョン レストラン&バー SATSUKI

2017年 ホテル科卒業

埼玉県立草加東高等学校出身

髙波 夏澄 ホテルニューオータニ
F&Bディビジョン レストラン&バー SATSUKI
KASUMI TAKANAMI 2017年 ホテル科卒業
埼玉県立草加東高等学校出身
「感動」と「満足」を提供できるホテリエに

 ホテリエを志すきっかけになったのが、ホテルニューオータニでした。サービスしてくださった方の手さばきや仕草の美しさ、心遣いに感動し、「私もこんなホテリエになりたい!」と思ったのです。YMCA在学中は、憧れのホテルニューオータニで実習をすることができ、その後アルバイトも経験しました。職場で色々なことを教わる中で、「あっ、授業で習ったことだ!」と思う事が度々ありました。YMCAが実践的なプロの技術を教えてくれる学校だということを、改めて実感しました。
 入社後、「SATSUKI」に配属されてすぐに、朝食ビュッフェのコンシェルジュを任されることになりました。180種類近いお料理の素材の産地や栄養素などを覚えるのは大変でしたが、お料理をご紹介することでお客様が喜んでくださると、嬉しくてもっと知識を豊富にしたい!とやる気がでます。先日は初めてご利用になったお客様が後日リピートしてご来店くださり、声をかけてくださったので感激しました。これからも、自分が経験したように、お客様に「感動」と「満足」を提供できるよう成長していきたいです。

在校生の声
voiceimg04

大谷 絢音

AYANE OTANI

内定先:横浜ベイホテル東急

東京都立松が谷高等学校出身

大谷 絢音 内定先:横浜ベイホテル東急
AYANE OTANI 東京都立松が谷高等学校出身
誇りと愛情を持てる場所

 ホテルマンを志したきっかけは、家族旅行で訪れた旅館の女将さんの接客です。チェックインの時に母がヒザにサポーターをしているのを見つけ、さりげなく部屋に椅子を用意してくださり、プロのサービスってすごいな!と感動しました。
 ホテル業界を目指すことを決め、YMCA を選んだのは「校風」「学費」「実習」の3つが決め手でした。YMCA に通う高校の先輩に様子を聞き、学生と先生方の関係性が良く、行事も盛んで、楽しい学校生活を送れそうだと思いました。また、学費も安いので、親への負担を軽くすることができます。実習が同じホテルで計6ヶ月という点も、より深く現場のことを学べると魅力に感じました。
 授業も、各分野で一流の講師の方々が実践的な経験に基づいて教えてくれるため、現場ですぐに活かせる濃い内容になっています。色々なキャリアや価値観を持つ先生方と触れ合い、物事を捉える視野が広がったのも成長できたことの1つです。
 就職活動を支えてくれる教務や就職指導の先生もホテル業界の経験者なので頼もしい存在です。印象深いのは就職活動の授業で行った自己分析。様々な質問に答えることで自分では気付いていなかった強みや個性を認識することができて、自信を持って就職活動に臨むことができました。
 2 年間の学生生活で、同級生、先輩、教務、講師、卒業生など、様々な人に出会いましたが、その全ての人から"YMCA 愛"が伝わってきました。私も自信を持って、YMCA は良い学校だと勧められます。信頼できる仲間や先生たちに囲まれ、毎日が楽しく、自分らしくいられる学校でした。ここで過ごし学んだ自分を誇りに思える、そんな場所に巡り会えたことを幸せに感じます。

学校説明会|体験入学