ホテルコンシェルジュの給料はどのくらい?

ホテルコンシェルジュの仕事は、国内・海外からさまざまな背景でホテルを利用されるお客さまのリクエストに、個別に対応することです。 たとえば、「付近の美味しいお店を知りたい」「明日の飛行機を手配してほしい」「具合が悪いので薬が欲しい」......といった多種多様なご要望を臨機応変に叶えます。お客さまにとって執事かつ秘書のような役割になることが仕事です。

高級ホテルの顔とも言われるホテルコンシェルジュ。今回は、その収入面での魅力を探っていきましょう。

ホテルコンシェルジュの平均給与について

ホテルの内外問わずさまざまな事情に精通し、臨機応変に対応することが求められる、ホテルコンシェルジュの仕事。この職業に就くのは多くの場合、経験豊富なホテルスタッフです。ホテルの仕事のうちでは花形と呼べる役割にあたり、収入もやや高額になる傾向があります。

ホテルコンシェルジュの平均給与は、月収30万円〜40万円。ボーナスや手当も含めると、年収400万円〜600万円程度が相場です。 雇用形態は基本的にホテルの正社員ですので、給与や福利厚生は勤務するホテル(企業)の会社規定によります。収入に関しては、中小規模ホテルよりも大手ホテルの方がより高額に、また日本企業よりも外資系ホテルの方がより高額になる、という傾向が見られます。

ホテルコンシェルジュの求人を調べてみましょう。年収の金額別分布を見ると、割合が最も多いのは年収400万円台の求人で約30%となっています。次いで年収300万円台(約29%)、500万円台(約15%)、200万円台(約14%)です。(※2018年7月現在)

経歴によってはより高額で雇用されるケースも少なくありません。さまざまな経験を積み信用を築き上げることで、別のホテルからより良い条件で引き抜きを受ける例もあります。 一つのホテルに勤め上げてそのホテルならではのサービスを極めるのも良いですし、経験を積んでさらに条件の良い職場へステップアップするのも一つの道と言えるでしょう。

ホテルコンシェルジュの年代別給与について

給料BANK調べによると、ホテルコンシェルジュの年代別給与は次のとおりです。

20代......月収20万円〜30万円
30代......月収25万円前後
40代......月収30万円〜45万円
(※2018年7月現在)

ホテルには、フロントやベルボーイ/ベルガール、ウェイター/ウェイトレスなどたくさんの職業があります。アルバイトを含むホテルスタッフ全体の年代別月収平均は、20代で約20万円、30代で約25万円、40代で約28万円となっています。
ホテルコンシェルジュの仕事は、ホテル内の他職種よりも昇給の幅が大きいことが分かります。

ホテルコンシェルジュの昇給について

昇給の制度は所属する企業の規定により異なります。年1回〜数回の査定時期に一定額の昇給があるケース、勤務年数により昇給していくケースなどが一般的です。 もちろん役職がついたり、他のスタッフのマネジメントをできるようになれば、相応の手当が支給されます。また、仕事に役立つ資格を取得した際には、資格手当が支給されるケースもあります。

ホテルコンシェルジュは経験を積むにつれ、ボーナスも含めた年収がぐんと上昇していく職業です。良い仕事をして信頼を得ることができれば、その分収入アップのチャンスも開けます。経験したことが全て将来の伸びしろに繋がると考えれば、日々の仕事の励みにもなると言えそうです。

ホテルコンシェルジュの仕事は、国内・海外からさまざまな背景でホテルを利用されるお客さまのリクエストに、個別に対応することです。 たとえば、「付近の美味しいお店を知りたい」「明日の飛行機を手配してほしい」「具合が悪いので薬が欲しい」......といった多種多様なご要望を臨機応変に叶えます。お客さまにとって執事かつ秘書のような役割になることが仕事です。

高級ホテルの顔とも言われるホテルコンシェルジュ。今回は、その収入面での魅力を探っていきましょう。

ホテルコンシェルジュの平均給与について

ホテルの内外問わずさまざまな事情に精通し、臨機応変に対応することが求められる、ホテルコンシェルジュの仕事。この職業に就くのは多くの場合、経験豊富なホテルスタッフです。ホテルの仕事のうちでは花形と呼べる役割にあたり、収入もやや高額になる傾向があります。

ホテルコンシェルジュの平均給与は、月収30万円〜40万円。ボーナスや手当も含めると、年収400万円〜600万円程度が相場です。 雇用形態は基本的にホテルの正社員ですので、給与や福利厚生は勤務するホテル(企業)の会社規定によります。収入に関しては、中小規模ホテルよりも大手ホテルの方がより高額に、また日本企業よりも外資系ホテルの方がより高額になる、という傾向が見られます。

ホテルコンシェルジュの求人を調べてみましょう。年収の金額別分布を見ると、割合が最も多いのは年収400万円台の求人で約30%となっています。次いで年収300万円台(約29%)、500万円台(約15%)、200万円台(約14%)です。(※2018年7月現在)

経歴によってはより高額で雇用されるケースも少なくありません。さまざまな経験を積み信用を築き上げることで、別のホテルからより良い条件で引き抜きを受ける例もあります。 一つのホテルに勤め上げてそのホテルならではのサービスを極めるのも良いですし、経験を積んでさらに条件の良い職場へステップアップするのも一つの道と言えるでしょう。

ホテルコンシェルジュの年代別給与について

給料BANK調べによると、ホテルコンシェルジュの年代別給与は次のとおりです。

20代......月収20万円〜30万円
30代......月収25万円前後
40代......月収30万円〜45万円
(※2018年7月現在)

ホテルには、フロントやベルボーイ/ベルガール、ウェイター/ウェイトレスなどたくさんの職業があります。アルバイトを含むホテルスタッフ全体の年代別月収平均は、20代で約20万円、30代で約25万円、40代で約28万円となっています。
ホテルコンシェルジュの仕事は、ホテル内の他職種よりも昇給の幅が大きいことが分かります。

ホテルコンシェルジュの昇給について

昇給の制度は所属する企業の規定により異なります。年1回〜数回の査定時期に一定額の昇給があるケース、勤務年数により昇給していくケースなどが一般的です。 もちろん役職がついたり、他のスタッフのマネジメントをできるようになれば、相応の手当が支給されます。また、仕事に役立つ資格を取得した際には、資格手当が支給されるケースもあります。

ホテルコンシェルジュは経験を積むにつれ、ボーナスも含めた年収がぐんと上昇していく職業です。良い仕事をして信頼を得ることができれば、その分収入アップのチャンスも開けます。経験したことが全て将来の伸びしろに繋がると考えれば、日々の仕事の励みにもなると言えそうです。

カテゴリー

学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学