結婚式には欠かせない介添人(ブライダルアテンダー)の仕事内容

介添人(ブライダルアテンダー)は、結婚式になくてはならない存在です。一般的にあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、数あるブライダル業種の中でも最も重要な仕事のうちの一つと言えます。
介添人(ブライダルアテンダー)の仕事内容や、求められるスキル、さらにこの仕事を目指す上で有利になる資格をご紹介していきましょう。

介添人(ブライダルアテンダー)とは

介添人(ブライダルアテンダー)は、結婚式当日に新郎新婦のそばにつき、挙式・披露宴がスムーズに運ぶようサポートする人のことです。

新郎新婦は慣れない式に緊張しがち。事前にしっかり段取りを打合せしていても、頭が真っ白になってしまうことも少なくありません。そんな二人がスムーズに、笑顔で当日を過ごせるように、精神的・物理的なサポートを行います。花嫁のドレスの裾に気を配ったり、新郎新婦におじぎのタイミングを合図したりといった、いわば「黒子」のような役割です。

花嫁が和装の披露宴には介添人も和装で、ウエディングドレスを着るならば介添人はスーツで付き添うのが一般的です。以前は花嫁の横にぴったり寄り添っている姿が主流でしたが、昨今では会場の隅で待機しつつ必要なときにだけサポートをするケースも増えています。

介添人(ブライダルアテンダー)の仕事内容

介添人の仕事は、新郎新婦のサポートです。主役である二人がホテルに到着し、挙式・披露宴を無事に行い、ホテルを後にするまでの間、常に「目立たないように」「優しく」見守り、付き添います。

主な仕事は、次のようなものです。


  • 新婦が歩くときにドレスの裾を持つなど、動きづらい衣装のサポートをする
  • 移動の際、新婦が転ばないように手をとってエスコートする
  • 新婦の衣装やメイクの崩れを手直しする
  • 新郎新婦におじぎや起立・着席のタイミングを教える
  • 新郎新婦を記念撮影の場所まで案内する
  • その他、挙式・披露宴の進行がスムーズに進むようサポートする

また新郎新婦だけでなく、その親族のお世話をするのも介添人の仕事です。

    <両家の親族のサポート>

  • 受付から控室まで案内する
  • 桜湯でおもてなしする
  • 挙式・披露宴の会場まで案内する
  • 記念撮影の場所まで案内する

これらの仕事を確実にこなしつつ、ハプニングにも臨機応変に対応します。介添人は、結婚式を支える陰の立役者なのです。

介添人(ブライダルアテンダー)に求められるスキル

分刻みのスケジュールが求められる結婚式でこれだけの仕事をこなすには、さまざまなスキルが必要とされます。

細やかな気配り、観察力
当日の新郎新婦は緊張している上、結婚式の衣装にはさまざまな悩みが付き物です。ドレスの裾が長い、靴のサイズが合わない、アクセサリーが外れやすい、など。また新郎新婦の当日の体調が万全とも限りません。さまざまな事情を視野に入れつつ、主役の二人が「今してほしいこと」に気づくためには、細やかな気配りと鋭い観察力が必要です。

臨機応変な対応力
結婚式では予期せぬハプニングが起こりがちです。新郎新婦が段取りを忘れてしまったり、慣れない衣装にグラスを引っ掛けて倒してしまったり。中には、事前には思いつかないようなハプニングもあるでしょう。介添人はそんなときにも慌てず動じず、その場で最善と思われる対処を臨機応変に行う必要があります。

責任感
結婚式は失敗が許されないイベントでもあります。うっかりミス、ケアレスミスは御法度です。一日緊張感を持って仕事に臨み、自分の役割をきちんとやりとげる強い責任感が必要とされます。

ブライダル関連の他職種での経験
介添人には結婚式に関するあらゆる知識が求められます。このため、新人よりも経験豊富なベテランが採用されやすい職種でもあります。「ブライダルアテンダーの仕事がしたい」と思ったら、まずはウェディングプランナーやバンケットサービスなどの他職種で経験を積み、ブライダル関連の知識を深めるのも近道の一つです。

介添人(ブライダルアテンダー)に活かせる資格

介添人(ブライダルアテンダー)として、就職の際に有利に働く資格や、実際の仕事で役立つ資格をご紹介します。

◆ABC検定(公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会)
アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定の略。ブライダル全般の基礎的な知識、プロに必要な実務知識を身につけられます。

◆マナー・プロトコール検定(NPO法人 日本マナー・プロトコール協会)
社会人としてのマナーやプロトコール(国際儀礼)に関する知識・技能を認定する資格。ホスピタル産業の中でもとくに制約の多いブライダル職種において、必要なマナーや知識を身につけられます。

◆サービス接遇検定(公益財団法人 実務技能検定協会)
接客・サービスにおける基礎的な知識・技能を認定する資格。言葉遣いや応対の仕方など、お客さまと接する際の専門知識、サービスマインド、ホスピタリティなどを総括的に身につけられます。

◆レストランサービス技能検定(一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会)
ホテルのレストランなど「料飲」に関わる仕事の知識・技能を認定する資格。テーブルサービスやお客さま対応など、料飲の現場における専門知識・スキルを向上させることができます。

介添人(ブライダルアテンダー)は、結婚式になくてはならない存在です。一般的にあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、数あるブライダル業種の中でも最も重要な仕事のうちの一つと言えます。
介添人(ブライダルアテンダー)の仕事内容や、求められるスキル、さらにこの仕事を目指す上で有利になる資格をご紹介していきましょう。

介添人(ブライダルアテンダー)とは

介添人(ブライダルアテンダー)は、結婚式当日に新郎新婦のそばにつき、挙式・披露宴がスムーズに運ぶようサポートする人のことです。

新郎新婦は慣れない式に緊張しがち。事前にしっかり段取りを打合せしていても、頭が真っ白になってしまうことも少なくありません。そんな二人がスムーズに、笑顔で当日を過ごせるように、精神的・物理的なサポートを行います。花嫁のドレスの裾に気を配ったり、新郎新婦におじぎのタイミングを合図したりといった、いわば「黒子」のような役割です。

花嫁が和装の披露宴には介添人も和装で、ウエディングドレスを着るならば介添人はスーツで付き添うのが一般的です。以前は花嫁の横にぴったり寄り添っている姿が主流でしたが、昨今では会場の隅で待機しつつ必要なときにだけサポートをするケースも増えています。

介添人(ブライダルアテンダー)の仕事内容

介添人の仕事は、新郎新婦のサポートです。主役である二人がホテルに到着し、挙式・披露宴を無事に行い、ホテルを後にするまでの間、常に「目立たないように」「優しく」見守り、付き添います。

主な仕事は、次のようなものです。


  • 新婦が歩くときにドレスの裾を持つなど、動きづらい衣装のサポートをする
  • 移動の際、新婦が転ばないように手をとってエスコートする
  • 新婦の衣装やメイクの崩れを手直しする
  • 新郎新婦におじぎや起立・着席のタイミングを教える
  • 新郎新婦を記念撮影の場所まで案内する
  • その他、挙式・披露宴の進行がスムーズに進むようサポートする

また新郎新婦だけでなく、その親族のお世話をするのも介添人の仕事です。

    <両家の親族のサポート>

  • 受付から控室まで案内する
  • 桜湯でおもてなしする
  • 挙式・披露宴の会場まで案内する
  • 記念撮影の場所まで案内する

これらの仕事を確実にこなしつつ、ハプニングにも臨機応変に対応します。介添人は、結婚式を支える陰の立役者なのです。

介添人(ブライダルアテンダー)に求められるスキル

分刻みのスケジュールが求められる結婚式でこれだけの仕事をこなすには、さまざまなスキルが必要とされます。

細やかな気配り、観察力
当日の新郎新婦は緊張している上、結婚式の衣装にはさまざまな悩みが付き物です。ドレスの裾が長い、靴のサイズが合わない、アクセサリーが外れやすい、など。また新郎新婦の当日の体調が万全とも限りません。さまざまな事情を視野に入れつつ、主役の二人が「今してほしいこと」に気づくためには、細やかな気配りと鋭い観察力が必要です。

臨機応変な対応力
結婚式では予期せぬハプニングが起こりがちです。新郎新婦が段取りを忘れてしまったり、慣れない衣装にグラスを引っ掛けて倒してしまったり。中には、事前には思いつかないようなハプニングもあるでしょう。介添人はそんなときにも慌てず動じず、その場で最善と思われる対処を臨機応変に行う必要があります。

責任感
結婚式は失敗が許されないイベントでもあります。うっかりミス、ケアレスミスは御法度です。一日緊張感を持って仕事に臨み、自分の役割をきちんとやりとげる強い責任感が必要とされます。

ブライダル関連の他職種での経験
介添人には結婚式に関するあらゆる知識が求められます。このため、新人よりも経験豊富なベテランが採用されやすい職種でもあります。「ブライダルアテンダーの仕事がしたい」と思ったら、まずはウェディングプランナーやバンケットサービスなどの他職種で経験を積み、ブライダル関連の知識を深めるのも近道の一つです。

介添人(ブライダルアテンダー)に活かせる資格

介添人(ブライダルアテンダー)として、就職の際に有利に働く資格や、実際の仕事で役立つ資格をご紹介します。

◆ABC検定(公益社団法人 日本ブライダル文化振興協会)
アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定の略。ブライダル全般の基礎的な知識、プロに必要な実務知識を身につけられます。

◆マナー・プロトコール検定(NPO法人 日本マナー・プロトコール協会)
社会人としてのマナーやプロトコール(国際儀礼)に関する知識・技能を認定する資格。ホスピタル産業の中でもとくに制約の多いブライダル職種において、必要なマナーや知識を身につけられます。

◆サービス接遇検定(公益財団法人 実務技能検定協会)
接客・サービスにおける基礎的な知識・技能を認定する資格。言葉遣いや応対の仕方など、お客さまと接する際の専門知識、サービスマインド、ホスピタリティなどを総括的に身につけられます。

◆レストランサービス技能検定(一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会)
ホテルのレストランなど「料飲」に関わる仕事の知識・技能を認定する資格。テーブルサービスやお客さま対応など、料飲の現場における専門知識・スキルを向上させることができます。

カテゴリー

学校説明会|体験入学
ページトップに戻る
学校説明会|体験入学